アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
現場で頑張る先生方を応援します!
ブログ紹介
教育実践研究オフィスFの代表、鍋島史一のブログです。



当オフィスでは、授業力向上や学校改革、学習環境の改善などをお手伝いしています。
各種サービスの内容などは【当オフィスのホームページ】でご紹介しております。是非ともお立ち寄りください。
教える技術
#01 プレゼンテーション技術
#02 目標提示とアウトプット
#03 生徒主体の学習活動
組織で取り組む
授業改善に向けた教員協働
指導計画&進路指導
教育課程・カリキュラム
その他のテーマ
現場レポート(各地の実践)
授業評価&学校評価
記事アラカルト
キーワード別インデックス:
アウトプット問い/発問予・復習、宿題活発な参加評価・考査 Up!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
実技・実習系教科の授業評価(更新状況) 5/27
生徒による授業評価&生徒意識アンケートでの評価項目(質問文)を扱った記事のうち、実技・実習系に関するものを全面的に更新いたします。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/23 06:14
探究を軸に教科の学びをつなぐ
探究を軸に教科の学びをつなぐ 各教科の学習を重ねる中で、生徒は様々なものを身につけていきます。教科固有の知識や技能、考え方を学習・獲得していくだけでなく、「汎用スキル」 と呼ばれるものや、「学習方策」 などもまた生徒の内に形成されていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/20 05:52
キーワード=“評価・考査・成果検証”の記事一覧
キーワード別 記事インデックス 評価、考査、成果検証 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/19 04:53
学力の三要素とは〜もう一度考えてみました
学力の三要素とは〜もう一度考えてみました 文部科学大臣のメッセージ「教育の強靭化に向けて」 では、従来と変わらない時間枠の中に、思考・判断・表現の各要素を織り込み、主体性・多様性・協働性を身につける場を設けながら、学習内容は減らさないという方針が再確認されました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/05/18 07:22
記憶に格納する知識、外部参照する知識#INDEX
馳浩文部科学大臣からの「教育の強靭(じん)化に向けて」 と題するメッセージを受けて、書き始めた本シリーズです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/05/17 05:01
記憶に格納する知識、外部参照する知識(その2)
記憶に格納する知識、外部参照する知識(その2) 脱ゆとり路線を維持しつつ、主体的な学びの場を増やすことで思考力・判断力・表現力を高め、且つ主体性・多様性・協働性を身につけさせる。これ以上は授業時間を増やす余地がないという状況下で、より大きな要求に応えていかなければなりません。 効率を高める(指導力の向上)そとに持ち出す(家庭学習の延伸)やるべきことに軽重・濃淡をつける(カリキュラムマネジメント)といった対策をうまく組み合わせて行うほか、知識のタイプを区別した対処も求められます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/05/16 05:30
記憶に格納する知識、外部参照する知識(その1)
記憶に格納する知識、外部参照する知識(その1) 平成28年5月10日付けで、教育の強靭(じん)化に向けて と題するメッセージが文部科学大臣から発信されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/13 07:44
記事更新のお知らせ 「授業評価の正しい活用と質問設計」
授業評価アンケートの質問項目について、どんな質問文が好ましいのか、その項目で改善課題を抱えた際に、どんな対策が有効なのかをまとめたシリーズを更新しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/12 05:48
講義・座学系の授業評価項目
講義・座学系の授業評価項目 2016-05-11更新 生徒による授業評価アンケートの目的は、「より良い授業の実践」 にほかなりません。 ...続きを見る

トラックバック 12 / コメント 0

2016/04/21 07:58
思考させる授業(記事まとめ)
思考力の重要性は改めて申し上げるまでもありません。大学入試改革への対応という目先の必要もありますが、獲得した知識を活用した課題解決の力はどんな場合でも欠かすことができないもの。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/20 05:51
思考力をはぐくみ評価する#INDEX
大学入試改革で、「表現力」 と並んで注目されている「思考力」。きちんと定義されることもなく用いられてきたことが多いだけに、それをどう評価し、どのように獲得させていくかは教える方それぞれの経験則や主観で語られがちです。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 0

2016/04/19 06:08
思考力をはぐくみ評価する(その4)
学びの過程で、途中のどこかと仕上げの段階とで答えを作る場を2度おいてみると、最初の答えと最後の答えとの間には当然ながら違いが生じます。両者の違いには、その間に獲得した知識に加えて「積み上げられた生徒の思考」も含まれていますよね。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/18 06:03
思考力をはぐくみ評価する(その3)
思考を評価するには、課題解決行動そのものを観察することが必要です。「考えるための問い」 を示したら、まずは生徒に解かせてみて、その過程でどんな思考がおこなわれているか/どこで躓いているか(どのような思考ができていないのか)を注意深く観察してみましょう。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/15 05:56
思考力をはぐくみ評価する(その2)
思考力をはぐくみ評価する(その2) 思考力の向上を図るにも、測定・評価するにも、「思考させる場」 を与えることが大前提 ── そのために欠かせないのが「考えさせるための問い」 であるというのが昨日の記事の趣旨でした。本日は、その問いを教室でどう使っていくべきかを考えてみます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/14 08:25
思考力をはぐくみ評価する(その1)
思考力をはぐくみ評価する(その1) 知識・技能に加えて、思考力・表現力や協働性・多様性・主体性がより強く求められています。それぞれの学力要素を目標水準に引き上げるには、個々の生徒について評価を通じて「現況と目標との差分」 を明らかにするのが第一歩。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/13 08:08
活動させるのは観察のため
授業の中では、生徒に様々な活動に取り組ませます。話を聞くだけでなく、実地に体験し、考えて行動し、理解したことを言語化することで、生徒は学びを深めていきます。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 0

2016/04/12 06:53
記事インデックス「アラカルト(その他の記事)」 を更新しました。
テーマ別記事インデックスの1つ、「アラカルト(その他の記事)」 を更新いたしました。今回の更新で追加/リニューアルしたアイテムは以下の3つです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/11 04:42
ノートにメモを取らせる指導(記事まとめ)
授業中にメモを取る力は、学びのために欠かせないものです。同じ講義を聞かせてみて、その間に生徒がノートに残した文字数と学習効果との間には正の相関が見られました。板書を写す以外にどれだけメモを残せたかが、学習の密度を示していると考えられます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/08 06:22
学校ホームページでの情報発信#INDEX 更新完了!
新年度が始まり、教育活動が再開されます。分掌や学年、教科がそれぞれの立場で教育目標の達成が図られていきます。各組織が進める取り組みが教育成果を大きくしていくには、各取り組みの相互作用(シナジー)が欠かせません。そのためには、まずは互いを知ることですよね。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2016/04/04 05:39
新年度準備の最終確認
いよいよ4月、新年度のスタートです。お正月とはまた違った、新しい気持ちになれる特別な一日です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/01 07:26

続きを見る

トップへ

月別リンク

現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる