アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
現場で頑張る先生方を応援します!
ブログ紹介
教育実践研究オフィスFは、授業力向上や教育改善・学校改革のお手伝いをしています。>>詳細はこちら


板書の技術、教具の使い方
話し方・伝え方、強調の方法
理解確認/学びの振り返り
目標の示し方、導入の工夫

問答・対話、発言、活動
活動性を高める方法と効果
学ぶ理由/自立した学習者
ノート指導、タスク管理
予習・復習、課題のあり方
知識の活用、学びの仕上げ

思考力と表現力を養うには
探究活動、課題研究

考査問題で何をどう測るか
難易度の調整、適正な負荷
学力差、苦手意識への対応
授業改善での協働のあり方
効果測定、成果検証
カリキュラム・年間指導計画
進路意識形成を支える指導
進路希望の具体化と実現へ

学校評価、学校広報
生徒による授業評価
学級経営と生徒の意識

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
散布図と残差から個々の生徒の課題を探る
散布図と残差から個々の生徒の課題を探る 昨日の記事で取り上げた、入学試験と中間考査の成績との相関や散布図を作るときの手順や、学び方の転換に問題を抱えている生徒を抽出するための「残差」を算出する方法をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/22 05:28
入学試験での成績と定期考査のパフォーマンス
入学試験での成績と定期考査のパフォーマンス 5月も下旬となり中間試験を迎えますが、この機に新入生の入学選抜での成績と中間考査での得点を比較してみてはいかがでしょうか。双方の得点から散布図を描き、相関を確かめてみることで、入試問題が、入学後の学びが求める力や適性を正しく測ったか定期考査は、入学と卒業を結んだ線上に正しく位置しているか生徒一人ひとりが、入学後に正しい学び方を身につけてきたかなどを把握・検討してみるためのデータが得られます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/21 05:37
"学校評価、学校広報"の記事一覧を更新しました
2020年入試に最初に挑む学年が高校に入学し、新学習指導要領の下で学ぶ生徒が小6となった今、学校は様々な新しい取り組みを本格化させています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/18 07:20
新課程への取組を伝える学校広報
高大接続改革に最初に挑む学年を迎え入れ、新しい学力観に沿った学ばせ方への転換が図られていますが、その次に控えるのは、本丸である新学習指導要領への移行です。 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 0

2018/05/17 05:01
選ばれなかった理由を探り、次のメッセージを編む
学校広報を通じてステークホルダーとの良好な関係を築くには、発信を充実させるだけでは不十分であり、双方向のコミュニケーションに注力して相互理解を深める必要があります。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/05/16 07:34
シンプルさと重ね塗りで、認知を高め、理解を得る
建学の精神や校是・校訓を現代的に読み直し、新たなグランドデザインを描き出しても、それが受験生や保護者の目と意識に到達しなければ生徒募集の改善にはつながらず、せっかくの教育理念にも賛同・共感してくれる人が増えるわけではありません。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/05/15 08:24
個々の教育活動の位置づけを明確にして構造化
新学習指導要領のもとで学校がどのような教育活動を行うかを考えるときに忘れてはならないことは他にもあります。学校が提供する様々な教育機会がグランドデザインをわかりにくくするノイズになっていないか 入学してくる生徒が中学卒業までにどんな体験をし、何を身につけているかなどはその最たるものだと思います。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/05/14 08:13
教育内容の充実を伝えるにはエビデンスを
新学習指導要領の下で学校が何をしようとしているかはっきり伝え、学校の教育活動に理解と共感を得て、学校を選択してもらうには、様々な教育活動を「建学の精神や校是・校訓を中心に据えたグランドデザイン」の下で統合・構造化しておくこと 取り組んできたこと/採り入れていくことの効果をエビデンスを持って示すことという2つの要件を満たすことが不可欠です。また各要件をクリアしたメッセージを整えても、受験生とその保護者に到達するためのルートが整備されていないことには、生徒募集の改善にはつながりません。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/05/11 07:43
積み上げてきたものを振り返り、その先を描く
2022年に始まる高校の新課程に向けてグランドデザインを描き直すことは、新課程初年度生が中学受験に臨む本年度の重要課題のひとつです。全体構想が決定しなければ、細部の設計に入れません。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/05/10 07:48
学校が目指すものをグランドデザインで提示する
過日の記事"現小6に示すべき、新課程を見据えた学校の戦略"に書いた通り、新学習指導要領への切り替えは現小6生が中3を迎えるときです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/05/09 08:13
機械翻訳がここまで進歩すると…
機械翻訳がここまで進歩すると… 連休中にスマホを新調したついでに、Google翻訳アプリをインストールしてみました。久しぶりに使ってみると、音声認識の性能も各段に改善されていますし、翻訳の精度も初期のバージョンとは雲泥の差です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/08 07:17
"講義・座学系の授業評価項目" 5/7 更新完了
授業評価アンケートの結果は、より良い授業を実現するための課題形成と改善行動の効果検証のためになくてはならない指標です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/18 07:59
授業改善を進める準備が整っているか
新年度を迎えて二週間が経ちました。新学期の行事も一巡し、学校が少し落ち着きを取り戻したところで腰を据えて取り組むべきは「より良い授業の実現」です。学校の教育活動の中心は何といっても日々の授業。これがしっかりしないことには何も始まりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/17 06:59
新年度行事が一巡したところで
新年度が始まって2週間が経過しました。慌ただしさも収まり、学校は授業中心の落ち着いた生活に戻ったところでしょうか。このタイミングで年度末に立てておいた様々な計画について、段取りの再確認をしておきたいところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/16 05:27
現小6に示すべき、新課程を見据えた学校の戦略
中学校では平成33年4月に新学習指導要領への切り替えが全学年で一斉に行われ、平成34年度入学生からは年次進行で高校の学習指導要領も変わります。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/04/13 07:17
新テスト対応にも探究活動は土台となる
大学入学共通テストの導入に向けた試行調査では、その試行結果の報告において、「探究の過程等の設定を通じて、知識の理解の質を問う問題や思考力、判断力、表現力を発揮して解く問題を、各科目における全ての分野で重視した」とのこと。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/12 06:15
"正解を言って欲しい"と言う生徒
生徒や学生にアンケートなどで授業の感想を聞くと、「正解をちゃんと言ってもらいたい」という声がちらほらと聞こえます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/11 04:19
どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか
生徒一人ひとりについて、本人の資質や志向に見合った進路を見つけさせ、それを実現させることは高校の大切な役割ですが、進路先である大学や企業、専門学校にバトンタッチすれば役割を果たしたことになる、というわけではありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/10 05:27
"板書の技術、教具の使い方"の記事を更新 4/9 完了
"単元で学んだことの体系化に挑ませる"ときの重要なツールである板書について、ジャンル別記事インデックス"板書の技術、教具の使い方""にある記事をいくつかリライトいたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/03 05:31
御礼 開業5年目を迎えて
お陰様をもちまして、当オフィスは開業5年度目を迎えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/02 05:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる