アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
現場で頑張る先生方を応援します!
ブログ紹介
教育実践研究オフィスFは、授業力向上や教育改善・学校改革のお手伝いをしています。>>詳細はこちら


板書の技術、教具の使い方
話し方・伝え方、強調の方法
理解確認/学びの振り返り
目標の示し方、導入の工夫

問答・対話、発言、活動
活動性を高める方法と効果
学ぶ理由/自立した学習者
ノート指導、タスク管理
予習・復習、課題のあり方
知識の活用、学びの仕上げ

思考力と表現力を養うには
探究活動、課題研究

考査問題で何をどう測るか
難易度の調整、適正な負荷
学力差、苦手意識への対応
授業改善での協働のあり方
効果測定、成果検証
カリキュラム・年間指導計画
進路意識形成を支える指導
進路希望の具体化と実現へ

学校評価、学校広報
生徒による授業評価
学級経営と生徒の意識

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
生徒は学び方をどこまで身につけているか
練り上げた指導計画に沿って、生徒に課題を与えてやらせていくとき、その課題をこなすだけのレディネスが生徒に備わっているか、しっかり確認しておくことが大切です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/22 07:22
年度末に行うべき、模試・考査のやり直し
年度末を迎え、特に4月から受験生として新年度をスタートさせることになる現2年生には、是非やっておいてもらいたいことが幾つかあります。その一つはこれまでに受験した模擬試験と定期考査のやり直しです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/21 05:56
新学期を前に、改めて"予習・復習、課題のあり方"
2月も下旬を迎え、大学入試もいよいよ終盤戦。ほっとする間もなく、あと40日あまりで新入生を迎える時期を迎えました。合格通知を受け取った生徒が新入生オリエンテーションに登校してきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/20 05:14
評価スキルの獲得とメタ認知の向上
高校教育でも高大接続でも、当然ながらその先の大学教育や社会生活でも、思考力・判断力・表現力が今後ますます重視されていくことには間違いなさそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/19 06:14
論述問題対策の前段階〜要約の練習(後編)
答えが一つに決まらない問題や、多量の文章や資料を読ませてそこで理解したことを元に思考させ、その結果を論述させる問題が増えてくるとなると、その前段階である要約の力はしっかり養っておきたいところ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/02/16 07:54
論述問題対策の前段階〜要約の練習(前編)
高大接続改革では、「読んで理解したことを元に、思考した結果を表現する力」がこれまで以上に大きく試されます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/02/15 07:23
進歩を止めさせない自己評価の在り方
生徒にスピーチをさせたり、グループでまとめた意見を発表させたりするとき、エバリュエーションシートを用意して生徒自身にあるいは相互に評価をさせていると思います。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2018/02/14 06:00
出題研究の成果を指導計画作りに活かす
2月も中盤を迎えて、大学入試もピークを迎えようとしています。年度末の多忙をものともせず、日々、予備校のホームページで入試解答速報をチェックしておられる先生も少なくありません。出題研究に余念がないそのお姿には頭が下がる思いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/13 06:36
探究型学習を使った進路指導 更新完了 2/9
探究型学習を使った進路指導 更新完了 2/9 科学技術の進歩が加速し、社会の変化がますます激しさを増す中、将来の職業を選んで最短ルートを探すという進路選択の戦略は取りにくく、下手をすると袋小路に自ら飛び込むことにもなりかねません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/01 05:26
新学期の迎え方〜年度末までにやるべきこと
明日から2月、新学期を迎えるまで2か月となりました。年末には"新年度の準備は年明けから始まるという拙稿を起こしました。今年は高大接続改革に最初に挑む学年を迎える特別な年だけに、いつも以上に入念な準備を経て、最初の授業日を迎えたいものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/31 06:10
解くべき課題は明らかなのに学習目標がわからない?
授業で得た理解と知識を用いて解を導くべき課題を導入フェイズで提示すると、生徒が学習目標を明確に認識することは、以前の記事"目標理解と活用機会を整える授業デザイン"でお示しした通りです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/30 06:14
結果を振り返って指導計画を見直すのは今
2月に入ると合格の知らせが次々と届き始めますが、同時に、卒業していく生徒に対して行ってきた3年間/6年間の指導をその成果に照らして振り返りつつ、次の学年の指導の設計にあたる時期でもあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/29 06:53
進路指導計画の体系化とスリム化
進路指導計画に組み込まれた様々な行事は"体験の機会"と"選択の機会"の2つに大別できます。進路講演や大学訪問などが前者の代表、出願指導や履修科目選択が後者の代表です。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2018/01/26 07:52
学ぶことへの自分の理由と負荷への耐性
学ぶことへの自分の理由と負荷への耐性 教材や課題の難易度には、学力の伸びを最大化する"適正範囲"がありますが、生徒自身が"その科目を学ぶことへの自分の理由"を持っているかどうかで、適正範囲そのものが変化します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/25 07:59
解いたことで成長ができる問題こそが"良問"
センター試験を皮切りに、受験シーズンに突入しました。予備校勤めの前半は教材や模試を作るセクションに席を置いておりましたので、この時期は例年、日々届く有名大学の入試問題に答えをつける、いわゆる"解答速報"に明け暮れていたことを思い出します。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/01/24 08:01
進学先の確保と進路希望実現のはざま
国公立大の二次出願が始まりました。センター試験の自己採点の結果を受け、第一志望を貫徹できれば何よりですが、思わぬ結果にセカンド・ベストへの切り替えを検討しなければならないケースもあります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2018/01/23 07:57
教室の環境整備と生徒の人間関係との相関
教室内がつねに学習に適した環境を保っているかどうかと、教室でいじめなどの問題が生じているかどうかとの間に、何らかの因果関係がありそうなことは想像がつきますが、実際のデータに照らしてみても有意な相関が確認できました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/22 08:50
学習時間の目標値と達成管理の方法 #INDEX
高大接続改革を機に、新しい学力観にそった教え方の転換を図る必要があります。どの学校でも、指導計画の見直しや授業デザインの研究が意欲的に進められているものと拝察しますが、その中で、学ばせ方の転換で家庭学習の充実が求められる ことにも十分な意識を向けるべきです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2018/01/19 06:54
学習時間の目標値と達成管理の方法(その2)
家庭学習の習慣形成や授業外学習の延伸を図るのは、学力の向上という目的のための手段です。ここでいう学力は、テストの成績などに現れる結果学力も指しますが、タスクマネジメントなども含んだ広い意味での「学ぶ力」のことです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/01/18 07:27
学習時間の目標値と達成管理の方法(その1)
少なからぬ学校で授業外学習時間の目標値を設定していますが、「平日の平均で2時間以上」といった目標を振り回すだけで学習時間の延伸という実効が得られたケースはあまり見かけないように思います。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/01/17 06:24

続きを見る

トップへ

月別リンク

現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる