アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
現場で頑張る先生方を応援します!
ブログ紹介
教育実践研究オフィスFの代表、鍋島史一のブログです。



当オフィスでは、授業力向上や学校改革、学習環境の改善などをお手伝いしています。
各種サービスの内容などは【当オフィスのホームページ】でご紹介しております。是非ともお立ち寄りください。
教える技術
#01 プレゼンテーション技術
#02 目標提示とアウトプット
#03 生徒主体の学習活動
組織で取り組む
授業改善に向けた教員協働
指導計画&進路指導
教育課程・カリキュラム
その他のテーマ
現場レポート(各地の実践)
授業評価&学校評価
記事アラカルト
キーワード別インデックス:
アウトプット問い/発問予・復習、宿題活発な参加評価・考査 New!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
次期学習指導要領改訂スケジュール
次期学習指導要領改訂スケジュール 次期学習指導要領は、平成32年に小学校で、平成33年に中学校で全面導入され、高校では平成34年度から年次進行で実施予定とされています。平成32年度からはセンター試験に代わる新テストが実施されるなど、今後数年間は様々な変革への対応に迫られることになりそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/29 04:41
授業を観てもらう「チャンス」を活かす
授業改善に向けて、他の先生にご自身の授業を観てもらうのは、とても有用な機会です。改善に向けた直接的で効果的なアドバイスをもらえる期待もありますが、それ以上に「異なる見方に触れて自分の実践を相対化する」 ことに大きな意味があるのではないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/26 06:45
実技実習の授業に「振り返り」がもたらす効果
実技実習の授業に「振り返り」がもたらす効果 実技自習系のどの教科にも当てはまりますが、授業を終えた段階で、本時の取り組みやパフォーマンスを振り返らせて、新たにできるようになったこと(=昨日の自分を起点とした進歩)を実感させるようにすることが大切です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/25 05:52
理解の確認を怠ると…
理解の確認を怠ると… 「先生は、生徒の理解や状態を確かめながら授業を進めてくれていますか」 に生徒がYESと答えてくれるか ── とても大切なことでありながら、容易ならざるのもまた事実。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/24 04:41
記事インデックスの更新!(進路指導、カリキュラム)
テーマ別記事インデックスのうち、「教育課程・カリキュラム」 と「指導計画&進路指導」 を更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/23 05:12
「評価、考査、成果検証」 の記事インデックスを更新
「評価、考査、成果検証」 をキーワードとする記事インデックスを更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/22 04:30
質問を引き出す〜学びを深め、広げるために
ひと通りの学習を終えた場面で生徒に質問させれば、そこまでの学びを振り返らせることができますよね。でも、「質問ありませんか」 という聞き方はあまり効果的とは言えません。もともと積極的な生徒が手を挙げたとしても、他の生徒は押し黙ったままでその時間が過ぎるのを待っています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/19 08:03
夏休みの過ごさせ方を振り返って、来期の指導設計を
昨日のブログでは、「自由研究/課題研究は狙い通りの成果を得たか?」 と題して、夏休み中の宿題の代表格(?)である自由研究、課題研究について考えてみました。夏休みと言えばもう一つ、講習会や補習授業もありますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/18 06:23
自由研究/課題研究は狙い通りの成果を得たか?
お盆休みも終わり、2学期もまもなくです。小中学生のときの夏を振り返ってみると思い出されることの一つに自由研究があります。試しにネットで「自由研究」を検索してみたら、表示された件数は24,300,000 件。ものすごい数に様々な立場からの関心の高さを改めて実感します。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/17 07:41
残暑お見舞い〜年度のあたまからを振り返って
残暑お見舞い申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 07:09
教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場
教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 生徒が主体的に意欲をもって学習に取り組むのは、「学ぶことへの自分の理由」 を持ったとき。将来の夢があってその実現を図りたいという気持ちも理由の一つでしょうが、そうした外にあるものとは別に、「興味という形で内から生まれる学びへの欲求」 こそが大切にすべきものではないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/08/09 07:57
アラカルト(その他の記事) 【更新のお知らせ】
早いもので暦の上では秋です。暫くは厳しい暑さが続きそうです。皆様におかれてはくれぐれもご自愛のほどを。さて、テーマ別記事インデックスの【アラカルト(その他の記事) 】にアイテムを追加し、リストを更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/08 06:48
“目標提示とアウトプット (授業デザイン) ”記事のインデックスを更新しました
効果的な授業は、情報を的確に且つ効率的に伝え、生徒の理解を形成する伝達技術などの「授業スキル」 と、どのように目標を設定して生徒と共有するか、知識や理解をどのように獲得させ、どんな場面で活用させるかといった「授業デザイン」 の2つの要素で構成されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/05 07:24
目標理解と活用機会を整える授業デザイン
目標理解と活用機会を整える授業デザイン 生徒が学習目標を正しく認識し、且つ習ったことを課題解決に用いる機会があれば、学習成果がほぼ確実なものとなるというのは、以前の記事でお伝えした通りです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2016/08/04 10:15
記事更新のお知らせ〜尋ねておくべき“生徒の意識”
7月下旬から進めて参りました、「アンケートで尋ねるべき生徒の意識」 と個別項目に関する記事の更新がようやく完了いたしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/02 07:52
アンケートで尋ねるべき生徒の意識(8/2完了)
「近日更新!」 とアナウンスしておきながら、中々手を付けられずお待たせしてしまった「生徒意識アンケートの質問文」 につき、このほどようやく更新が完了いたしました。リンク先でお読みいただける記事も全面的にリニューアル、大幅に加筆・修正しております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/19 06:23
振り返りを経てこそ次への課題形成
振り返りを経てこそ次への課題形成 実技・実習を中心とする教科・科目では、「授業を振り返って、自分の進歩を確認し反省する機会が整えられている」 かどうかによって、生徒の側での得意/苦手に関する自己認識の分布が変わります。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2016/07/15 05:43
課題解決を伴わない知識獲得は… #INDEX
教科固有の知識・技能について、学ぶことは減らさず、思考力や表現力をこれまで以上に高めることを目指すという次期学習指導要領の改訂方針にどのように対応していくか…。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2016/07/14 04:20
課題解決を伴わない知識獲得は… (その2)
教える内容は減らさず、思考力・判断力・表現力はこれまで以上に鍛えていくという、次期学習指導要領の改訂方針(教育の強靭化)が出されています。知識を与えて体系化を図るのにただでさえ時間がかかる地歴公民などでは、知識の活用場面を作る時間まで捻出できないという問題が深刻さを増しそうです、 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/07/13 07:27
課題解決を伴わない知識獲得は…(その1)
課題解決を伴わない知識獲得は…(その1) 過日、文部科学大臣から発信された「教育の強靭化」 と題したメッセージでは、学ぶことがら(知識や技能)は減らさず、思考力・判断力・表現力をこれまで以上に鍛えるという方針が示されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/12 06:25

続きを見る

トップへ

月別リンク

現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる