アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
現場で頑張る先生方を応援します!
ブログ紹介
教育実践研究オフィスFの代表、鍋島史一のブログです。



当オフィスでは、授業力向上や学校改革、学習環境の改善などをお手伝いしています。
各種サービスの内容などは【当オフィスのホームページ】でご紹介しております。是非ともお立ち寄りください。
教える技術
#01 プレゼンテーション技術
#02 目標提示とアウトプット
#03 生徒主体の学習活動
組織で取り組む
授業改善に向けた教員協働 New!
指導計画&進路指導
教育課程・カリキュラム
その他のテーマ
現場レポート(各地の実践)
授業評価&学校評価
記事アラカルト
キーワード別インデックス:
アウトプット問い/発問予・復習、宿題活発な参加評価・考査

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
アンケートで尋ねるべき生徒の意識(7/28更新中)
2016-07-19 更新開始 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/19 06:23
振り返りを経てこそ次への課題形成
振り返りを経てこそ次への課題形成 実技・実習を中心とする教科・科目では、「授業を振り返って、自分の進歩を確認し反省する機会が整えられている」 かどうかによって、生徒の側での得意/苦手に関する自己認識の分布が変わります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/15 05:43
課題解決を伴わない知識獲得は… #INDEX
教科固有の知識・技能について、学ぶことは減らさず、思考力や表現力をこれまで以上に高めることを目指すという次期学習指導要領の改訂方針にどのように対応していくか…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/14 04:20
課題解決を伴わない知識獲得は… (その2)
教える内容は減らさず、思考力・判断力・表現力はこれまで以上に鍛えていくという、次期学習指導要領の改訂方針(教育の強靭化)が出されています。知識を与えて体系化を図るのにただでさえ時間がかかる地歴公民などでは、知識の活用場面を作る時間まで捻出できないという問題が深刻さを増しそうです、 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/07/13 07:27
課題解決を伴わない知識獲得は…(その1)
課題解決を伴わない知識獲得は…(その1) 過日、文部科学大臣から発信された「教育の強靭化」 と題したメッセージでは、学ぶことがら(知識や技能)は減らさず、思考力・判断力・表現力をこれまで以上に鍛えるという方針が示されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/12 06:25
やりきらずに放置してきたことを仕上げさせる
まもなく1学期も終わりですね。夏休みを迎える前に生徒に投げかけたいことの一つに、「夏休みを利用して、やり残してきたことを仕上げる」 ことがあります。仕上げ切らずに放置したものを積み上げるうちに、仕上げないことを常態化/学習させてしまう危険があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/11 07:36
補習・講習の目的再確認〜どんな変化を期待するのか
いよいよ1学期も終盤です。先生方には、夏休みを前に期末試験の採点などにご多忙の日々をお過ごしかと存じます。終業式を過ぎれば、補習に講習、部活動とお盆前まではスケジュールもびっしりではないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 09:00
わからないでいる生徒を指名しても…
今学期もあちらこちらの学校をお邪魔して授業を拝見させていただきました。様々な工夫が凝らされた実践を拝見して、刺激を受けながら貴重な時間を過ごせました。この場をお借りして御礼を申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/07 06:49
教科学習指導の効果を高める土台
授業を通して各教科固有の知識・技能を学んでいく土台となるのが、様々な場面を通じて生徒が獲得する「学習方策」 であり、学びを後押しするエネルギーが、生徒自身が見つけた「学ぶことへの自分の理由」 です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/06 08:06
ルーブリック評価の作成と運用
ルーブリック評価の作成と運用 次期学習指導要領で導入が検討されている評価手法の一つが「ルーブリック」です。基本形は、観点別評価に段階性を設けて、成否を判断できる規準を設けた「行動評価」 です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/05 09:56
指示を的確にこなす生徒〜それだけで良いのか?
どの生徒のノートを見てもきれいに板書を書き取っており、寸分の違いもない。あるいは、予習も完璧に行われており○をつけていくだけ、生徒を指しても期待した通りの答えがきっちり戻ってくる ── 表面的な現象だけを見れば「指導の成果」のように見えなくもありませんが、どこかに違和感を覚えませんか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/04 06:17
アラカルト(その他の記事) 【更新のお知らせ】
早いもので今日から7月。今年も半分過ぎたかと思うと、…。この夏も頑張ろうと思います。さて、テーマ別記事インデックスの【アラカルト(その他の記事) 】を更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/01 06:15
授業改善に向けた教員協働 【更新のお知らせ】
テーマ別記事インデックスの【授業改善に向けた教員協働】を更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/30 07:38
指導案の優劣を論じるときも
指導案を持ち寄ってその改善協議をするときや、教育実習生にアドバイスをするとき、それぞれの経験や考え方が競合を起こし、議論がかみ合わないことがあります。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2016/06/29 06:15
新たな取り組みを始めるときの鉄則
学校に限ったことではありませんが、新しいことを導入しようとしたときに、きちんと踏みたい手順というものがあるように思えます。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2016/06/28 06:10
模試や考査の事後学習〜間違え直しだけでは不十分
模試や考査の事後学習〜間違え直しだけでは不十分 模試の結果や考査の答案を返却するとき、間違え直しやとき直しを指示することも少なくないと思います。出来なかったところを復習を通じて埋めていけば、知識や理解、題意把握の方法などの欠落は補えますが、そのテストで問われた範囲に限ってのこと。同じ問題にまた出会うケースはそうそう多くはありません。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/06/27 05:50
目標提示とアウトプット【インデックス更新】
【テーマ別記事インデックス】 の教える技術#02 目標提示とアウトプット を更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/24 05:28
教科学習指導における数値目標のあり方#INDEX
大学進学後にも、意欲的に学びを続け、学びをともにするコミュニティに貢献するのに揃えておくべきものが、高大接続改革で盛んに登場している「学力の三要素」 や「学びの意欲」 です。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2016/06/23 06:51
教科学習指導における数値目標のあり方(その2)
教科学習指導における数値目標のあり方(その2) 生徒の希望進路を把握することは、その実現に向けたサポート体制を整える上で欠かせません。成績の下降が見られたり、伸びが弱かったりしたときは、タイミングを逃すことなく適切な対策を講じる必要がありますよね。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2016/06/22 05:35
教科学習指導における数値目標のあり方(その1)
教科学習指導を通じて養うべき能力・資質には大きく分けて2つあります。達成検証にルーブリック評価を用いるべきものと、テストの結果をそのまま用いるものです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/06/21 06:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる