年間行事予定の書きだし方(その1)

どの学校でも作られている年間行事予定表。様々な行事が増える中、行事にじっくり向き合える、忙しすぎない学校生活を送らせたいと思っても、そうそう行事の整理・再編は進みません。すべての行事を3年間/6年間のカレンダーに落とし込むだけでも容易ではなく、分掌や学年、生徒会との調整に当たる先生のご苦労ばかりが目に浮かびます。

どうにか行事を配列できても、それでOKという訳ではありません。年間行事予定が本来の機能を発揮し、それを使った指導に役立てられるかを分けるのは、もう少し深いところありそうです。

2014/07/24 公開の記事を再アップデートしました。


❏ 指導計画立案の前に、到達目標の配列を

そもそも、行事の一つひとつはそれ自体が達成すべき目的を持つと同時に次の行事に向けてレディネスを整えるためのプレ指導でもあります。

指導計画をまとめようとするときには、行事をカレンダーに配列することで、生活・学習・進路の三領域において段階的に設けた目標を、時系列の中で整合づけるという意識を常に持つことが大切です。

当然ながら、各領域での目標、育てたい生徒像が、指導に当たられる先生方の間で、明確にされていることが前提条件です。

建学の精神や校訓、学校の教育目標に立ち返って、生徒に求める行動、獲得を目指す姿勢や資質をきちんと定めておかなければ、指導計画は起こせず、当然ながら年間行事予定に落とし込むこともできません。

教育課程の作り直しなど、大きな見直しをするときには「どんな人材を育てようとしているのか」という問いにじっくり向き合い、その答えを校内で共有しておくべきではないでしょうか。


❏ 到達状態を規準として書き出すところから

目標は検証可能性を備える必要があります。個々の目標を達成したときに観察されるであろう生徒の行動や状態が明文化されていなければ、達成検証はできず、目標としての要件を満たしていないことになります。

如上の行動を、生徒を主語にしたセンテンスで書き出しておけば、それを規準に「A到達できた」「Bもう少し」「Cまだまだ」に「S目標以上」の4段階で達成を検証できますし、生徒も自己評価が行えます。

SABCの分布やその変化を数値として把握しておけば、集団としての成長の度合いや指導の効果を測定することもできます。

年間行事予定の起草/指導計画の立案とは、
  1. こうした評価規準をまずはずらっと書き出して、
  2. ベーシックなものからより高次なものへと順番に並べて
  3. 3年間/6年間の成長を描き出し、
  4. それらの実現に必要な指導機会をカレンダーに配置していく
という一連の作業を指すもの、と考えるのはいかがでしょうか。


❏ 教育目標の再解釈、建学の精神の読み直し

個々の指導の目標は、建学の精神や校是、学校の教育目的などのもとで設定されるべきものですが、社会の変化に伴い、学力観も学校への期待も変わってきた以上、建学の精神/教育目的も現代的な読み直しが必要だと思います。

学力の三要素や社会人基礎力などに並べられた資質や能力、学びや社会が抱える課題に向き合う姿勢といったものと照らし合わせながら、建学の精神や教育目標/教育方針に書かれていることに、より具体的・現代的な定義を与えていく作業です。

不易と流行。軸をブラすことなく、しなやかに変化したいものです。

学校生活を通して育む能力・資質・姿勢を、先生方で共有するには、繰り返しになりますが、明確な文言(=成否判断が可能なセンテンス)を備えた目標=評価規準の書き出しが必要です。

ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのかでも書きましたが、方法を考える前に、目指すべき到達状態をきちんと規定しておきましょう。


❏ 年間行事予定表のフォーマット

年間行事予定表の様式や記述法にはいくつかのパターンがあります。

形態面では、12ヵ月間の暦に全学年の予定を書き込んだもの(A)と、学年ごとにカラムを分けたもの(B)との2種類に分けられます。

画像
正確に数えたわけではありませんが、7:3で(A)の形を採っている学校が多数派という感じでしょうか。

内容面では、行事名だけが並んでいるものが大半で、どんな様子なのか未経験の生徒には想像もできません。各々の目的や実施方法などの補足情報が添えられているものは例外的だと思います。

段階的到達目標を時系列の中に配列するという考え方に添えば(B)の方が好適です。整理もしやすく、補足の記述も加えやすいはずです。


❏ 学年ごとにカラムを分けるのが基本

1年間のカレンダーに全学年の行事を書き込むスタイルは、限られた紙面の中に情報を効率よく配置したい、あるいは、校内の行事を月ごとに把握するのに便利という作成側の都合によるものかと思われます。

年間行事予定を見る側・使う側の認識のあり方や、使いやすさという点はあまり考慮されていないように感じます。

入学してくる生徒が、これから過ごす3年間/6年間を見渡すにも、進級した生徒がこれからの1年を考えるにも、全学年の行事が入り組んだカレンダーより、学年でカラムが分けられていたり、1年の次に2年、2年の次に3年と「通し」で配列されていたりする方が良さそうです。

年間行事予定を見て、入学してきた生徒/学校を選ぼうとしてくれている生徒が、「自分がこれから歩むストーリー」を順序を追ってイメージできたら、学校の魅力を伝えるツールにもなり得るのですが…。


❏ 先を見越せば、準備もできる

進路の手引きでも同様ですが、自分がこれから経験していく行事がどんなものか、イメージできることは重要だと思います。

数か月先、半年先に控える選択の機会や乗り越えなければならないハードルを認識させることで、それを念頭に今のうちにやっておくべきこと/身につけておくべきことを考えさせるのも年間行事予定を使った指導の目的のひとつです。

 ■ 先に控える選択の機会をいつ認識させるか
 ■ 大きな分岐を前に整えるべき指導機会

例えば、「夏休みに大学訪問があるから、6月のガイダンスはそのつもりで参加しなければ」という意識を持てば、それに備えた準備もしますし、心構えも作れます。

先を見据えた準備が必要なのは生徒だけではありません。指導に当たる先生方もまた、生徒がこれから臨もうとしている分岐やハードルをきちんと把握しておかないと、それに備えさせるのに必要なこと(指導や観察)を見落としてしまうのではないでしょうか。

日々の多忙に拍車がかかる中、目先のものを一つひとつこなしていくだけという状態になっては、先を読んだ戦略的な思考がお留守になりがちです。年間行事予定は先生方もしっかり読み込み、行事と行事の関連性を把握しておきたいものです。

その2に続く

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その3)

    Excerpt: 中学生や高校生が養うべきと考えられる自己管理能力のうち、2つ目は「予定を立てて、計画的に行動できること」です。これについても、時間軸に沿って配置された紙面を眺めて全体を掴む、という手帳が持つ利点が生か.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-09-19 05:15
  • 先に控える選択の機会をいつ認識させるか

    Excerpt: 進路指導計画を作るときも、それに基づいて実際の指導を行うときも、先に控える「選択の機会」を生徒に認識させるべき時期をしっかり想定しておくことが大切です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-10-03 06:57
  • 学習指導・進路指導を通じた汎用スキルの獲得(その2)

    Excerpt: 汎用スキルの一部をなす 「批判的思考」 は、教科学習指導や進路指導を行う上できちんと整えておきたい土台の一つです。その能力は、それだけを取り出して訓練するより、具体的な場面で教えるやり方(文脈モデル).. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-11-04 06:51
  • 面談指導を成功させる

    Excerpt: 様々な目的を持って行われる面談指導。進路、学習、生活のそれぞれの悩みを共有し、解決に向けた支援を行う貴重な機会です。年間5回もの全員面談を、あらかじめ計画に組み込んで行っている学校も少なくありません。.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-11-13 07:35
  • ゼロ学期を迎えるに当たり

    Excerpt: 師走も残すところ10日となりました。本日終業式という学校も多いようです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-12-22 08:18
  • 年間行事予定の書きだし方

    Excerpt: 1月も半ばを迎え、新年度の準備も本格化し始める時期かと存じます。新入生を迎え入れるまでに整えておきたいのが、3年間あるいは6年間を見渡せる年間行事予定。どの時期に何が待っているかある程度でもわかってい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-01-16 06:27
  • 指導計画&進路指導

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-02-11 06:04
  • 学校ホームページの更新計画(その2)

    Excerpt: 学校の内外に理解者と協力者を作るために欠かせないのが、学校ホーム―ページです。伝えるべきこときちんと伝えることができるかどうかは、情報の洗い出し作業の成否に掛かります。校内の各組織(分掌、学年)がそれ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-10 06:32
  • 年間行事予定の書きだし方【更新中】

    Excerpt: 以前に公開したシリーズ【年間行事予定の書きだし方】の記事の全面更新に着手しました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-07 05:24
  • カリキュラム・年間指導計画

    Excerpt: 1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 シラバスの起草・更新に際して(その1) 1.2 シラバスの起草・更新に際して(その2) 1.3 シラバスの起草.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-11 06:15