年間行事予定の書きだし方(その3)

すべての指導機会は、時期や段階ごとに目指すべき「到達状態」に生徒を導くために設けられるものである以上、年間行事予定に記載されるすべての行事は、学校の教育目標との間で「生活」「学習」「進路」 の三領域のいずれかで関連付けられていなければなりません。

これを着実に実現するには、本稿でご紹介するような前工程をしっかりと踏んでおく必要があると考えます。

2014/07/28 公開の記事をアップデートしました。

❏ まずは、個々の行事が目指しているものを明らかに

もちろん多様な体験の中で広がる/深まるものもありますが、教育リソースには限りがありますのでなんでもかんでも体験の場を設けるという戦略はどこかで破たんします。「目標との結びつきの強さ」を基準に、行事の間に優先順位をつけ、取捨選択する必要があります。

学校全体での教育目標やグランドデザインとの関係性が不明瞭なまま、前例踏襲だけで続けられている行事や指導機会はないでしょうか。

一つひとつの行事/教育機会について、どのような到達状態に生徒を導く(=どのような評価規準を満たす)ためのものなのか、きちんと確認をしておかないと、貴重な教育リソースを無駄遣いしてしまうかも。

無駄と断じることができる行事はそれほどないはずですが、点検を始めてみたら、長期間、意味合いが省みられることなく、いつのまにかその目的があいまいになっているものも意外なほどに出てくるものです。


❏ 年間行事予定を立案するときの土台

時期ごとの目標到達状態というのは、3ヵ年、あるいは6ヶ年を見越して、段階的に生徒を導いていくときの「指標」です。その達成を確かめるためのモノサシとして用いられるのが、観点毎に設けられた評価規準ですよね。

もし、これがきちんと全体像として機能していなければ、一つひとつの指導が、場当たり的、形式的に配置されているということです。

以下のようなフォーマット(マトリクス)を用意し、生活・学習・進路の3観点に分けて、段階的な目標を書き出していきましょう。

画像
校内ですでに共通理解が確立していれば、簡単に埋まっていくでしょうが、実際に作業をしてもらうと、必ずしもそうとも限らないようです。


❏ 到達状態を段階性・整合性をもって配列する

たとえば、「学習」において、1年生の1学期前半は、中学から高校への学習方法のスムーズな切り替えを図る時期だったりしますよね。

中間テストを終えたところで、高校生としての学習方策が身についているかを評価し、不足があれば学期の後半での指導で、補完を図ることになるはずです。

となれば、それぞれの欄には、「各科目で課された予習・復習を正しく履行できる」「規則的・自律的な学習生活のスタイルを確立する」などの文言が入ってくることになります。

そのための指導機会として、入学直後の学習合宿があったり、中間テストの振り返りや学習生活記録の点検、それらの結果に基づく面談指導などが配置されているはずです。

ちなみに、ここで登場した合宿も面談も、その場の優先課題や目標(=目指すべき到達状態)に照らして、時期、内容、方法などが妥当なものであったか常に点検が必要です。

教育資源には限りがありますので、「これまでもやってきたから」という理由だけで存在を正当化できません。目的をはっきりしたうえで、投資に見合った効果が得られているかシビアに検証することが、生徒の成長にも、先生方の働き方にも大切だと思います。

 ■ 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)


❏ 成否判断できるセンテンスで評価規準を書き出す

目指すべき到達状態、すなわち目標を記述するときの原則は、「生徒を主語に」「センテンスの形で」の2つです。

卒業する時までに完成させたい資質や能力、姿勢を、具体的な生徒の行動として書き出しておき、ゴールから逆算してその前の各段階でどんな状態に到達しておくべきか考えていくというのが基本的な進め方です。

ゴールでの到達状態は、学校案内やホームページで表明した教育目標や理念とするところと一致しなければなりませんが、先生方が観察を重ねてきた記憶を持ち寄れば、それらを具現した生徒の好ましい行動が思い出されるはずです。それを一般化してセンテンスに起こしましょう。

先生方が集まってワイワイと、記憶の中にある「好ましい行動や変化」を付箋に書き出して、ホワイトボードに並べていくのも結構楽しいかもしれません。

付箋を並べて構造化してみると、一本の直線状ではなく、途中で分岐したり、合流したりすることもあるでしょう。どこでも交じり合うことなく並行している「流れ」があれば、それは独立した観点として扱うべきものと判断できます。

こうした作業は、次期学習指導要領のもとで導入が求められる「ルーブリック」を作り上げるための準備としても効果的です。

 ■ ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのか
 ■ ルーブリック評価の作成と運用


❏ 学習領域の目標は、結果(可視)学力だけではない

具体的に目標を書き出し始めると、テストで測れる可視学力(知識や理解、それを用いた課題解決力)に意識が向いてしまいがちです。

様々な学力テストやそれを用いた目標管理が広く行われてきた影響が、先生方の意識のなかに強く残っているのかもしれません。

頭の中を、パフォーマンスモデルからコンピテンシーモデルに切り替えると同時に、学習方策や学びの姿勢の獲得といったところまで観点を広げ、多面的に学習を評価する必要があります。

  • 予習や復習の方法、不明点の解消方法、メモの取り方、ノートの作り方などの「学習方策」
  • 議論への参加の仕方、情報収集や整理の技能、論証の組み立て方などの「知の技法」
  • 表現への意欲、学習に対する目的の持ち方、選択した結果に関わる姿勢、といった「学ぶ姿勢」

如上のマトリクスにおける「学習」カラムの中に、結果学力、学習方策、学ぶ姿勢といった複数の観点が組み込まれることになりますので、サブカラムを設けるか、色でカテゴリーを分けるといった表現上の工夫も考えたいところです。


❏ 進路領域の目標における段階性&他領域との関連性

進路への意識についても、高まった/高まらないと漠然とした捉え方では、何をどう評価しているのかわかりませんよね。目標を記述するべき箇所に「学部・学科研究」とタイトルだけ書かれていても、何をするのか/何を目指すのか、さっぱりわかりません。

ここでも生徒を主語にしたセンテンスで書き出した規準に照らして評価をする必要があります。評価結果(A達成、Bもう一歩、C未達、S目標超越)の分布によって定量的に指導の効果も測定できます。

3ヵ年/6ヵ年の指導には、進路意識を形成するフェイズと、そこで出来上がった進路希望の実現を図るフェイズとがありますので、それらを結び付けた段階的到達目標を、整合性をもって設定する必要があるのは言うまでもありません。

前半のフェイズでは、進路希望を作るまでの活動を確かめるための行動評価で使用するチェックリストも整えたいところです。

途中の工程を飛ばしては後になって隣の芝生が青く見え始めてしまい、選んだ道の先が輝いて見えなくなることもあるのではないでしょうか。正しいプロセスを踏んで、選択した結果に向き合えるには、やはり段階的な到達目標を一つ一つクリアしていくしかありません。

また、高大接続改革で志望理由も合否判定材料になるという変化や、新課程で総合的な探究の時間が導入されることに伴い、学習と進路における段階的到達目標を規定しようとするときには、探究型学習プログラムの進行スケジュールとの整合性も意識しなければならなくなります。

■ご参考記事: 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル



繰り返しになりますが、各段階でどんな状態に到達させたいかを規定しないことには、それを実現するためのプロセス(=指導計画)を決定することはできません。

山登りをするときには、目指すべき場所(大抵は山頂でしょうが)とそこに至るまでに通過する地点とその予定時刻を考えますよね。「さあ、キツイ登りになるから頑張ろう!」と気合だけで歩き出したら、どうなるか分かったものではありません。

ちなみに、「生活」の領域でも、家庭学習の習慣確立や協働的な学びでのふるまい方といった「他領域との関連」をしっかり踏まえて、時期ごとの到達目標を描き出す必要があるのではないでしょうか。各領域での指導を独立で考えないことが大切です。

その4に続く
このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 年間行事予定の書きだし方(その2)

    Excerpt: 学年ごとにカラムを分けておけば、他学年の列をエクセル上で「非表示」にすることで当該学年の分だけを表示・印刷できます。管理職用や分掌用には全カラムを表示しておき、それ以外(学年用や生徒・保護者配布用、進.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-07-28 05:07
  • 年間行事予定の書きだし方

    Excerpt: 1月も半ばを迎え、新年度の準備も本格化し始める時期かと存じます。新入生を迎え入れるまでに整えておきたいのが、3年間あるいは6年間を見渡せる年間行事予定。どの時期に何が待っているかある程度でもわかってい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-01-16 06:27
  • 年間行事予定の書きだし方【更新中】 3/9 #03 完了!

    Excerpt: 以前に公開したシリーズ【年間行事予定の書きだし方】の記事の全面更新に着手しました。記事の修正のほか、新たに書き下ろしも加えていきます。お時間の許すときに是非ともご高覧ください。なお、全編の更新終了には.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-09 05:33
  • 年間行事予定の書きだし方(その4)

    Excerpt: シリーズのタイトルは、「年間行事予定の書き出し方」 ですが、単にスケジュールをフォーマットに書き込むだけの作業ではありませんよね。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-10 06:54
  • カリキュラム・年間指導計画

    Excerpt: 1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 シラバスの起草・更新に際して(その1) 1.2 シラバスの起草・更新に際して(その2) 1.3 シラバスの起草.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-11 06:15