分業で行う出題研究のフィルタリング(その1)

出題研究は、授業設計の土台作りであり、また資材集めでもあります。教科書で教える内容が、どのように問われ、どのように使うことが求められるかを知ることは、教材の解釈に確固たる視点を持つうえでも欠かせませんし、「授業を通じて理解させたことを用いて解決する好適な課題」 を収集する機会です。


❏ 今、教えていることがどう問われるのか

教科書に書かれたことを、丁寧に説明して納得させるだけなら、わざわざ時間と手間をかけて入試問題の研究を行う必要はありません。

しかしながら、教科書を使って与えた知識や理解も、切り口や見る方向によって意外な姿を見せますし、使い方も様々ですよね。

いろいろな問題を解くのに、その知識や理解を用いさせ、「こういう場面でも使えるのか」 「こんな組み合わせで用いるのか」 という具合に、"意味の拡張"を図らせる必要があります。

生徒の進路希望を実現しようとするなら、今、教えていることがどんな問われ方をするのか、どんな場面でどんな使い方をしなければならないかを教える側でも知る必要があります。

大学入試問題も、時代とともに移り変わりますし、高大接続改革を目前に、その変化は急なものになるはずです。昔の感覚に頼るのは危険です。

 ■ご参考記事: 高大接続改革に向けて今できる準備


❏ 好適な出題例は、本時の学習目標を示すのに使える

生徒は、解くべき課題を通じて学習目標を理解します。

専門家どうしなら、単元名や項目の名前を見れば、何を学び、どう扱うかをある程度まで共通認識とすることができますが、これからその単元や項目を学ぼうとする生徒にはこの方法は通用しません。

本時の学習を通じて得た知識や理解を用いて、解を導くべき問い(=ターゲットとなる設問) として示すことで初めて、生徒は何ができるようになれば良いかを知ります。

教科書には、例題や類題、章末問題なども用意されていますが、必ずしも、最新の入試での問われ方を反映したものばかりではありません。

生徒が目標とする大学群の出題例から、本時の学習内容にマッチしたものを選んで教室に持ち込めば、「どんな問われ方をするのか」「何を知り、何ができれば良いのか」 を生徒はよりリアルに感じ取るはずです。


❏ 課題ありきで授業を設計すれば…

授業設計に当たり、ターゲットとなる設問を決めておけば、指導の主眼も明確になります。

授業で押さえるべきは、教科書で扱われた知識だけではありませんよね。

題意を理解するときの着眼点や、テクストや図表・グラフなどで与えられた情報をどのように読み取り、整理するかなど、課題解決の工程をひとつずつ確実に抑える必要があります。

教えたことを課題解決に用いることができるようにするには、教科書に書かれたこと以外に、何を伝え、何に気づかせるべきか ─ この認識を深めないことには、授業の中で何を問い、どんな活動に取り組ませれば良いか判断がつかないということです。


❏ 目標大学の過去問を解けた経験が、自信とやる気に

如上の授業設計を着実に行えば、生徒があこがれる大学の過去問を与えても、授業終了時には正解できる可能性が高まります。

仮に正解にいたらなくても「もう少し頑張ればなんとかなりそうだ」 という展望を持たせるところまでは行けるのではないでしょうか。

「授業をしっかり聞いて、きちんと参加していたらちゃんと解けるんだ」 という感覚を生徒が持てば、授業への取組にも積極性や主体性が出てくるはずです。

成績的にはちょっと距離がある大学に対しても、「このまま頑張れば」 と思えれば、進路希望の実現への努力もあきらめる必要がなくなります。

同時に、先生方への信頼も高まり、指導に込めた思いも、より深いところに届くようになるのではないでしょうか。


❏ 好適な出題例の収集・蓄積は、教科内の協働で

好適な出題例を集めるのは、時間も手間もかかりますが、多くの先生方が協力し合い、見つけたものをシェアしていけば、収集・蓄積のスピードが上がります。

また、過年度からの蓄積も加えていけば、少なくとも主要な単元・項目をカバーし得る「主題データベース」 が整うはずです。

教科書や副教材に載った問題は、正解できるようになることが求められることは頭でわかっていても、頑張って正解できたことが自分の将来に何をもたらすか/どう関わるのかピンとこないようです。

素振りやシュート練習を積み重ねるだけの日々と、試合でヒットが打てた、シュートが決まったシーンとの違いと似ているような気がいたします。

その2に続く

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 強調の正しい方法

    Excerpt: 教室に限らず、何かを伝えようとしているときには、ポイントとなる部分に焦点を当てるための“強調”を、何らかの方法で、意図的にあるいは無意識のうちに行っています。しかしながら、その意味や方法の妥当性を改め.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-10-15 05:55
  • 活用機会としての課題付与と学習生活の把握

    Excerpt: わかりやすいという評価を受けた授業のうち、「できるようになった」という生徒の認識につながるのは4割に過ぎず、「わかるけどできるようになった実感がない」という授業が残りの6割を占めています。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-10-31 06:30
  • 分業で行う出題研究のフィルタリング

    Excerpt: 活用機会としての課題解決体験に生徒が志望する大学の入試出題から引いた問題を用いることで、大きな効果が得られます。自らの進路希望が努力の及ぶ範囲にあるとの認識、頑張れば何とかなりそうだという展望を与える.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-12-19 07:22
  • 授業改善での協働のあり方

    Excerpt: 1 チームで取り組む授業改善1.0 チームで取り組む授業改善(序) 1.1 チームで取り組む授業改善(その1) 1.2 チームで取り組む授業改善(その2) 1.3 チームで取り組む授業改善(その.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-04 07:15
  • 分業で行う出題研究のフィルタリング(その2)

    Excerpt: 生徒が進路希望を抱く先の大学群から引いた出題例を授業内外の課題とすることには、前稿 で書いたように様々な効果が期待できますが、ただ持ち込んでも弊害ばかりが大きくなるリスクもあります。課題として教室に持.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-07-12 08:23
  • "分業で行う出題研究のフィルタリング"更新中 7/19

    Excerpt: 生徒は、解くべき課題を通じて学習目標を認識します。教科書を丁寧に教え、そこに書かれている事柄を一つひとつ理解させていくというだけのアプローチでは、学ぶことへの自分の理由や、自分なりの目的意識をもった授.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-07-19 08:00