現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義)

<<   作成日時 : 2014/09/15 14:36   >>

トラックバック 5 / コメント 0

各地で小中高連携の輪が広がっています。都内でもこの秋、小中高合同研究会がいくつも行われます。すべての研究会の成功と盛り上がりを祈念し、夏の講義での該当部分を本稿で再現してみたいと思います。


❏ 上級学校の求めに応じるだけが連携にあらず

校種間連携は、様々な形で整備が進んでいますが、その多くは上級学校で行われていることを下級学校が知るための機会となってしまっています。しかしながら、入学してくるまでに生徒が取り組んだ課題や活動を知らないことには、それまでの学びを活かした指導はできません。下級学校で行われていることを知ることは、自校の教育を設計するうえで欠かせない前提であるはずです。

中学校、あるいは小学校の教科書を最後に通読したのはいつのことでしょうか。入選の自校作成問題に携わる先生は、毎年欠かさず下級学校の教科書を点検しているでしょうが、そうでない場合には、目を通す機会も案外少ないようです。少なくとも学習指導要領が改定されたときは、何冊かの教科書をしっかりと通読してみる必要があります。

また、小中学校における総合的学習などの成果発表を見に行ったことはあるでしょうか。想像している以上に充実した指導と学習がなされていることに気づくことが少なくありません。また、テストや課題についても同様です。テストを見れば、どんな目標のもとでどのような指導がなされているかをある程度まで窺い知ることができます。

教科学習指導以外にも見ておくべきものは少なくありません。進路指導やキャリア教育がどのように行われているか、そこで生徒がどんな活動を経験してきたかは知っておくべきことの一つです。意図的な重複なら「学び直し」という意味もありますが、意図しない重複では、生徒にとって得るものは少ないはずです。

記録に残された文書だけでは伝わってこないものもあります。実際に指導に当たられた先生から、実体験に基づいたお話を伺う機会も持つべきであり、そうした連携・協働の場を、校種の壁を越えて充実させていく必要があるのではないでしょうか。


❏ 出前授業は、気づきの宝庫

こうした必要を満たしてくれる機会の一つは、出前授業です。高校の先生なら中学校に、中学の先生なら小学校に、それぞれ出向いて現地校の生徒を対象に授業を行う機会は、地域内活動として、あるいは生徒募集活動の一環として各地で行われています。

しかしながら、前述の通り、自校で行っていることを下級学校に伝えるという意識が優位にあっては、自校の教育設計に活かすべき知見を十分に得ることはできません。出向いた先の学校に勤務している先生方から、できるだけ多くのことを聞き出し、校内の掲示物などから、そこで行われている教育活動を知るように努めることが肝要です。

また、実際の出前授業に臨めば、現任校で普段行っている授業で「前提」としている知識や用語、理解や経験などを前提にできない状態で、物事を教える難しさを経験するはずです。現任校では当たり前の反応として生徒に期待できることも通じないこともしばしばです。

こうした違いを改めて目の当りにすることは、「高校生だからこそできること」に改めて気づく機会にほかなりません。それまでの学びを活かした指導とはどうあるべきかを考える好機になります。

同時に、普段何気なく使っている用語を噛み砕き、前提としている知識・経験を補いながら理解させていく苦労は、現任校に戻ったときに、既習事項の習熟不足を抱える生徒への指導を考える大きなヒントになります。

出前授業では、当然ながら中学校(あるいは小学校)の先生も教室の後ろで授業をご覧になっています。ひとつ先の学校での勉強を知ってもらう好機です。上級学校に進学するまでに身につけてもらいたいこと、養っておきたい資質などを、生徒に伝えると同時に、参観されている先生方にもしっかりと伝えていきましょう。

生徒募集活動を充実させて、地域に散在している優秀な生徒を集めるという発想から一歩踏み込んで、優秀な生徒を地域の協働で作ると考えていくならば、出前授業は逃してはならない絶好の機会であるはずです。

出前授業は個人で機会を作れません。やらせてくれと言っても、学校や教育委員会がチャンネルにならない限り、実現は難しいでしょう。そうしたチャンスが巡ってきたら、是非とも積極的に手を挙げていただきたく存じます。


❏ 研究授業を公開して、中学校の先生をご招待

ひとつ先の学びを踏まえた指導を、中学校/小学校の先生方が行いやすい環境を整える機会としても、校内研究授業を公開することは重要な意味を持ちます。小中学校の先生にとって、今教えていることが、先の学び(高校での学習)にどう関わるのかを正しく知ることは、小中学校での授業の一つひとつに、より明確な指導主眼を定めることに通じます。

しかしながら、一般的な授業公開は、たいてい生徒・保護者向けに限定されるので、教員は行きにくいのが実情です。「いつでもお越しください」と言われていてもハードルは決して低くありません。実際に出掛けてみたら「本当に来たの?」と言われそうです。

中学校/小学校の先生に、気軽に来校してもらうには、それなりの大義名分を上級学校側で作る必要があるということです。このために利用すべき機会の一つが、地域内の別校種の教員にも開かれた校内研究授業です。

学校公開日などで、授業を公開するだけでは、そこでの異校種間教員のコミュニケーションは取りにくく、「ご挨拶程度」で終わってしまうのが一般的ではないでしょうか。これに対して、研究授業を開催して研究協議にも参加してもらうことで、テーマに沿った意見交換を通じて互いの考えるところを知ることになります。

研究授業も一つのイベントですから、打ち上げと称するか反省会と称するかは別として、カジュアルな会話を交わす場面を別に設けることは、不自然なことではありません。研究授業を機に、日常的なコミュニケーションのチャンネルができれば、地域の教育力が大きく高まることも期待できるのではないでしょうか。


校種間連携については、本年5月にも5回シリーズで考えるところをそれぞれの切り口で少し掘り下げています。もし、本稿にご興味をお持ちいただけたならば、お時間の許す時にご高覧いただければ幸甚に存じます。

#01
 今教えていることが、どのように次の学習につながるのか
 どんな課題に取り組み、どんな活動を経験してきたのか
 先を見越した学習指導
#02
 高校内で行われる研究授業・授業公開の利用
#03
 小中学校に出向いて行う「出前授業」
#04
 小中学校での学習活動と生徒が取り組んだ課題を知る
#05
 さらに密な連携を実現するために
 ・考査問題の作成(=到達目標の設定)における協働
 ・数年後の状態と照らした分析(コホート研究)



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コラムのタイトル一覧: 2014-09-16更新
九月も中旬を迎え、少しずつ秋の深まりを感じています。夏の疲れも出てくる頃かと存じますので、どうぞご自愛のほどを。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2014/09/16 05:55
小中高合同研究授業をお訪ねして(その3)
授業を拝見していて強く感じたもう一つのことは、生徒同士、生徒と先生の間に見られる良好な人間関係です。ペアを変えながら練習をする場面でも、新しいパートナーともすっと練習を再開できるし、生徒が周囲の目を気にして発言を躊躇するような場面もほとんど見られません。良好な人間関係が授業を支える基盤であることを改めて感じました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2014/10/08 07:10
授業改善に向けた教員協働
【テーマ別記事インデックス】 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/02/10 04:44
授業を観る
ほかの先生の授業を観ることは、そこで行われている優れた手法を学ぶ機会であると同時に、自分の授業を振り返ってみる気づきの機会です。しかしながら、意識的に時間を作らないというほど簡単に実践できないことでもあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/11/13 04:46
異校種間での指導を繋ぐ
1 校種間連携で行う授業改善1.0 校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義) 1.1 校種間連携でできること(その1) 1.2 校種間連携でできること(その2) 1.3 校種間連携でできること(その3) 1.4 校種間連携でできること(その4) 1.5 校種間連携でできること(その5) 2 異校種連携で行う授業研究の必要性2.0 異校種連携で行う授業研究の必要性 2.1 小中高合同研究授業をお訪ねして(その1) 2.2 小中高合同研究授業をお訪ねして(その2) 2.... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/10 05:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義) 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる