現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 小中高合同研究授業をお訪ねして

<<   作成日時 : 2014/10/06 06:59   >>

トラックバック 4 / コメント 0

10月2日、東京都立両国高校等学校(大井俊博校長)をお訪ねして、授業公開&小中高合同研究協議会を見学させていただきました。近隣のみならず広い地域から、小学校、中学校、高校の先生方がお集まりになり、のべ50以上の公開授業を熱心に参観され、研究協議では密度の高い議論を交わしておられました。

この小中高合同授業研究は、同校が平成24年度からの3ヵ年で段階的に進めている学校改善計画“両国スカイツリープラン”の一部に位置付けられています。見学の機会をいただけたことに感謝を申し上げるとともに、公開授業と合同研究協議を拝見しながら感じたところをご報告させて頂きます。

2014-11-16追記: 
日経新聞電子版に両国高校の授業実践を紹介する記事が掲載されました。
記事へのリンク先はこちらから。

*   *   *   *   *    *    *


❏ 生徒の活動を止めない授業

多くの授業に共通して見られた特徴は、「生徒の学習活動を止めない授業」が行われていることです。ここでいう活動は、発言や発表などの身体的行動を伴うものだけではありません。多くの授業が協働学習の要素を積極的に採り入れており、グループ討議やペアワークなどで活気があふれている教室が沢山ありましたが、それだけでありません。

スクール形式の座席配置のまま教員主導で進められている、一見すると普通の授業でも、生徒の活動が止まる瞬間はほとんど見られません。非常に積極的に授業に参加している生徒の姿が印象的でした。教員からの問い掛けに応じて発言を引き出し、その発言を板書することによって教室全体で共有し、その共有されたものを起点に次の発問に繋がるというサイクルがきちんと確立されています。

自分の発言が取り上げられ、それに乗っかってクラス全体の学びが進行していくことを、日常的に経験していれば、生徒の側でも自ずと、授業に参加する一員としての当事者意識が高まります。積極的に参加する中で、自分の発言や導いた解が認められ、拾い上げられることで自己有能感も高まっているはずです。


❏ 生徒にスイッチを切らせない

これに対し、様々な学校をお訪ねして拝見した授業では、残念ながら、「教員が説明している間、生徒は何もせずにじっと座っており、教員が板書すると途端にノートを採り始める」という光景を目にすることが少なくありません。やるべきことが与えられていない、あるいは、自ら解を導く必要に迫られていないのでは、生徒がスイッチを切ってしまうのも無理はないと思います。

また、先生の説明を聞きながら、生徒の側では自分なりの答えを作れたり思い浮かべていたりするのに、それを表現する機会が与えられないのでは、参画意識も自己有能感も高まる道理はなさそうです。

今回、参観の機会をいただいた授業では、「生徒にできることは教員が手を出さない」という考え方がきちんと確立しているからこそ、主体的な学習参加が促され、活動のスイッチを切らせることがないのだと改めて感じました。

どんな形で授業を行うにしても、生徒が既に理解できたらそれ以上に説明を重ねず、理解したことを使って何らかの問いに解を導くことに頭を使わせることをしっかりと意識したいものです。

■関連記事:
 授業クリニックの現場から


その2に続く

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コラムのタイトル一覧: 2014-10-07更新
昨日の台風で被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い平穏な日常を取り戻されることをお祈りいたします。 さて、現場で頑張る先生たち向けのコラム一覧を更新いたしました。目次や索引の代わりにお使いいただければ幸甚です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2014/10/07 09:05
教えない授業(両国高校)〜記事のご紹介
以前に本ブログで、両国高校での小中高連携合同研究授業の様子をご紹介いたしました。50分間、生徒の活動を止めない授業の大切さを改めて実感する機会でした。過日、日経電子版で同校の授業が紹介されていました。すでに記事を読まれていた方も少なくないと存じますが、ご照会させていただきます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2014/11/24 10:46
現場レポート
■「授業クリニック」の現場から 「授業クリニック」は授業を参観した後、授業をされた先生方とミーティングを持って、フィードバックを行うというものです。参観した授業に見出された「優れた工夫」や「意欲的な取り組み」を校内で共有を図るとともに、各々の取り組みの優れた点を、言語化を通じて客体化/理論化していきます。言語化を通じた、要素の切り分けにも役立ちます。「わける」ことは「わかる」ことにほかなりません。更なる工夫に向けた着眼点がはっきりするだけでなく、わけたものが別の組み合わせを得て、よいより... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/02/06 05:46
異校種間での指導を繋ぐ
1 校種間連携で行う授業改善1.0 校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義) 1.1 校種間連携でできること(その1) 1.2 校種間連携でできること(その2) 1.3 校種間連携でできること(その3) 1.4 校種間連携でできること(その4) 1.5 校種間連携でできること(その5) 2 異校種連携で行う授業研究の必要性2.0 異校種連携で行う授業研究の必要性 2.1 小中高合同研究授業をお訪ねして(その1) 2.2 小中高合同研究授業をお訪ねして(その2) 2.... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/10 05:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
小中高合同研究授業をお訪ねして 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる