面談指導を成功させる#3~事前アンケートで状況把握

進路面談の前に、生徒に記入させておく面談票に加えて、学年全体でアンケート調査を行うと生徒の現状をより良く知ることができます。全体の集計値と個々の生徒の回答を照らし合わせて生徒一人ひとりの現状を相対的に捉えることで個人が抱えている課題が見つけやすくなります。

指導方針に迷ったときには、進路指導担当者に相談したり、先輩に助言を求めたりすることもできますが、個々の生徒の状況が正確に掴めていなければ相談のしようもありません。

また、アンケートに答えると生徒は質問文に照らして内省を深めます。進路選択への意識を高めたり、自分の現状が抱える課題を見つけ、その解決に面談を利用する気持ちを強めたりする効果も期待できます。

2014/11/17 に公開した記事をアップデートしました。


❏ 進路意識は段階を踏んで形成されてきているか

"進路希望を作る指導(進路意識形成)" でも書いた通り、進路意識は、
  1. 日々の学びの中で抱いた興味を起点に
  2. 調べ学習や探究活動を通して掘り下げる中で
  3. 学問研究や学部・学科調べに繋いで「学びたいこと」を見つけ、
  4. 大学訪問などを通じて、そこまでに考えてきたことを確かめ
  5. 学んだことを通して社会とどう関わるのかを見出す
というプロセスを踏んで作られていくものだと思います。

小中学校での横断的・体験的な総合的な学習を経た後に、高校で「総合的な探究の時間」が設定されるのも、大学入試で「学修計画書」や「志望理由書」が重要な選考材料に位置づけられるようになるのも、如上の"進路選択のプロセス"への転換を求めているのだと思います。

入学から卒業までの進路指導/キャリア教育のグランドデザインは、各フェイズの繋がりを反映したものとしなければなりませんし、本シリーズのテーマである面談指導もそれに沿って行われるべきです。


❏ 各フェイズの重点目標の達成度を自省させる質問文

面談指導に先駆けて実施するアンケートは、各学年・学期の指導がどのフェイズに相当するかを明確に意識した上で、それぞれの到達目標の達成度を測れるものに調える必要があります。

例えば、指導計画がフェイズ3に差し掛かるところであれば、
  • 探究活動を通して自分の興味をさらに深めることができた。
  • 探究テーマについて先端研究の様子を論文検索などで調べてみた。
  • その中で興味や関心を刺激されるものが見つかった。
  • 大学に進んで学んでみたいことが具体的にイメージできてきた。
といった質問になろうかと思います。

それぞれに到達状態を段階的に記述した「規準」を書き出して、ルーブリック形式に整えれば、進路意識形成の状況を集団/個人のそれぞれについて定量的に捉えることができるはずです。

前後の学年で、質問の一部を重複させておけば、個々の生徒の回答や学年・クラスでの回答分布の変化を追跡して把握できますので、前回調査以降の変化量(=指導成果)も推定する材料が得られます。


❏ アンケートの質問設計はグランドデザインに添って

言うまでもありませんが、如上のアンケートで進路意識形成の状況を把握しようとする場合、進路指導計画のグランドデザインもそれに応じたものに切り替えておかなければなりません。

測定している事柄を達成できるだけの活動(体験や学習の機会)が用意されていなければ、測っているだけで資質獲得や成長の機会を提供していないことになってしまいます。

別の言い方をするならば、教育活動のグランドデザインや進路指導計画を新しい時代の要請に応えるものに更新した上で、それに応じた調査項目や質問文を設定するという手順が求められているということです。


❏ 母集団の回答分布に照らして個人の課題を特定

観点毎に回答分布を学年単位で把握しておくと、平均値や標準偏差に照らして、進路意識の形成状況を個々の生徒について定量的に推定することもできます。

一人の生徒の回答だけを眺めていても、良い状態なのか問題を抱えているのか判断がつきませんが、学年平均との比較をするだけでも
  • 興味の発現は十分だが、それを深掘りする体験が足りない
  • 学部・学科研究には熱心だが、学問探究への意識が希薄
  • 考えたことを確かめてみる機会を持とうとしていない
といった問題を抱えているのではないかという推測が立てられます。

過年度生で進路希望作りとその実現の工程をうまく踏めた生徒のデータも利用すれば、「この時期なら、この領域はこれくらい、この領域はここまで」という目安も立てることができますよね。

観点毎に幾つかの段階的評価規準(=アンケートの質問文)を設けて小計での比較を行えば、より総合的・多角的な評価も可能になります。


❏ 様々な資料を併用して総合的に状況を把握する

アンケートの結果だけを頼りにするのではなく、生徒がそれまでに書いた小論文や進路行事でのリフレクションなどにも目を通しましょう。

様々な場面での内省を文字にしたものですから、社会やそれに関わる自分(=進路)について、どんなことをどこまで深めて考えてきたか端的に示してくれる大切な資料です。

総合的学習の時間での成果品や、インターンシップのレポートなども、生徒が抱える課題の推定に大いに参考になるはずです。

併せて、アンケートと同じ質問文に照らして行った「指導者側での観察・評価」の結果との突合せもしっかり行いたいものです。

こちらの見立てと大きく違う答えを選ぶ生徒も少なくありません。

質問文に照らした自己評価が不確かな生徒には面談の対話の中で内省をやり直させる必要もあるでしょうし、日頃の観察の不備から、教える側が生徒の成長・変化に気づいていなかったことを知ることもあります。

その4に続く
このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 面談指導を成功させる(その2)

    Excerpt: 面談指導を成果のあるものにするためには、年間行事予定とリンクした「機会ごとの目標」を明確にしておき、また面談に臨ませる前にしっかりとレディネスを整えさせる「事前指導」も欠かせないことを前稿でお伝えしま.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-11-17 06:04
  • 面談指導を成功させる#INDEX

    Excerpt: 早いもので10月を迎えました。3年時の履修科目選択を控えた2年生、受験に向けて走り出す準備ができているかを確かめたい3年生。様々ま目的で面談が盛んにおこなわれる時期かと思います。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-10-02 05:34
  • 面談指導を成功させる(その4)

    Excerpt: 進路指導は、進路指導部や学年進路といった「機関」が計画するものですが、面談指導を実施するのはクラスを担当されるひとりの先生。発言の引き出し方や反応の探り方などの面談スキルは当然問われ、経験を重ねて磨い.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-26 07:04
  • 進路希望の具体化と実現へ

    Excerpt: 選択の機会に備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 早すぎる選択は視野と可能性を狭める2.0 進路を意識させるタイミング.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-13 05:59