現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 模試受験後の指導〜進路希望を維持させる〜

<<   作成日時 : 2018/09/07 06:20   >>

トラックバック 11 / コメント 0

模擬試験を受験させた後の指導は、進路希望の実現への意欲を維持させる上で最も大切なことのひとつです。それまでの自分の学びをきちんと振り返る中で「次に向けた課題」を明確にできるかどうか、戦略を立て直すことで「志望実現に向けた勝算」を描き続けられるかどうかが、受験生としてのその後を大きく隔てます。

2014/11/28 に公開した記事を全面的にリライトしました。


❏ やりたいことに挑み続けられるように

模試の結果が返ってくるたびに連発するE判定をただ眺めているだけでは、次第に勝算を描けなくなり、志望を下方修正する気持ちが生まれるのも当然のことかもしれません。

しかしながら、同じE判定でも「C判定までの得点差」は縮まってきているかもしれません。

客観的・戦略的な振り返りを通じて、結果の中に「何をすれば良いか」を見出すことができれば、あきらめるという「最後のカード」を切る必要はなくなるのではないでしょうか。

それまでの成果のたな卸しと、次に向けた課題形成が重要であるのは日々の学習と同様です。「やり直しをさぼって、もし、似た問題が本番に出たら」 という次元の問題ではありません。やりたいことをやりたいと思い続けられるかどうかの大問題です。


❏ C判定までの点差が埋められるかどうか

模試のやり直しに際し、正解できなかった問題の一つひとつについて、失点を以下のように区別させてみましょう。

「見落としや考え違いで落とした点数」・・・A
「計画をちゃんと完遂していたら取れていた点数」・・・B


もし、得点Aと得点Bを足したものがC判定までの点差以上であれば、しっかり勉強を重ねていきさえすれば、合否を争えるところまでは到達できる、ということを意味するはずです。

画像


❏ 問題検知センサーと記憶を手繰り寄せる方策

A失点(=見落としや考え違いで落とした点数)については、模擬試験の解説を読んで「あっ、そうか」 と思える部分に相当します。

知っていたからと言って試験本番でそれを思い出せないようでは使えません。なぜ、思い出せなかったのか、記憶をたどる糸口はどこにあったのかを、しっかり考えさせましょう。

正解に至るプロセス(どんな知識を動員するか、設問の要求をどのように把握するかなど)を言語化する習慣を普段から身につけさせないと、A失点が大きくなります。

気づくかどうかはその日の調子次第、というのでは困ります。

気付いたり思い出したりするのにもメカニズムがあり、それを意識上に取り出して自在に操れる「言語化によるメタ認知」 がカギです。

 ■ 理解している≠正解できる


❏ 一度手をつけた教材はきっちり仕上げ切らせる

B失点(=計画をちゃんと完遂していたら取れていた点数)は、これまでに勉強した教科書、授業でとったノート、やりかけの単語集や問題集などに、設問が求めているものが載っているはずです。

やるべきだったことが何であるかを認識できれば、次の模試に向けて具体的な「やり直し計画」の立案に進めます。

新しい教材を買い込んできて頑張るというのではなく、"学習機会としての模試受験(その1)〜仕上げさせる"で書いた通り、やりきらずに放置していたことの仕上げの中に、道が開けることを実感させましょう。

思ったように成績が伸びないと、これまでと違ったものに手を出したくなるのが人情ですが、つまみ食いのやりかけ教材を増やしても良い結果は引き寄せません。


❏ 合否は総合点で争うもの〜広い視野で戦略立案

当然ながら、受験は複数の科目の総合点で合否を争うものです。

私立文型志望なら、英語、国語、歴公の3教科それぞれの「伸びしろ(A得点+B得点)」を計算させ、その上でC判定までの合計得点差を埋めるために何をすれば良いかを考えさせましょう。

仮に、ある科目で点差を大きく詰められなくても、その分を他教科で埋め合わせればよいだけの話です。ただし、大学に入ってからのキャッチアップには相応の覚悟が必要になりますが…。

特に現役生の場合、理科や地歴公民で学習範囲が終わっていないこともあります。積み上げの幅をきちんと見極めて、「届くはずのものが視野の外にこぼれないように」 したいものです。


❏ プラスαの詰め方を誤らせないために

仮に今の学習で埋められる点差(A得点+B得点)ではC判定まで届かないということであれば、プラスαの取り組みとして何が必要かを考えさせなければなりません。

生徒自身が導き出した答え(=対策)が明らかに不合理であったり、あやふやだったりしたら、教科担当の先生に相談に行かせましょう。

伸びている他の生徒のやり方を真似させても、その生徒にもその方法が適合するとは限りません。

普段の学習指導を通じた観察に基づく「診断」と「処方」がポイントです。教科内の先生方と意見を交わし、「カンファレンス」で正しい指導方針を立てるようにしましょう。

教科担当の先生には、「やり方を考え出させること」「仕上げ切らせること」などの基本方針をしっかり伝えておきましょう。個々の戦術が正しくても戦略に不一致を起こしては却ってマイナスが生じるからです。


❏ 志望の切り下げで、学びの目的を見失わせない

如上のプラスαをイメージしてもなお、第一志望には届かないという判断になれば、合格の見込みが立つセカンド・ベストに志望を切り替えることも検討せざるを得ませんが、ここでも「進路希望を維持させる」という指導方針にこだわりを持ちましょう。

不用意な志望の切り下げを機に、それまでの頑張りを支えた意欲も損ねることがありますが、それは第一志望をあきらめることと「学びたいこと」(=本来の進路希望)をあきらめることを混同しているからです。

志望校を切り下げるときにこそ、志望校を選んだときの思い(何を学びたいのか、学んだことを介して社会とどう関わりたいのか)に立ち返らせて、目指したいものを改めて確認させるべきです。

ゴールは同じでもルートは様々です。別ルートを辿ることで、途中の苦労が増えたり余計な投資が必要になったりすることもあるかもしれませんが、それでもゴールが消えてなくなるわけではありません。

道を切り拓く覚悟を新たにさせ、チャレンジする気持ちを持たせ直すことこそが、この局面での先生方のお仕事ではないでしょうか。

続編「どこまで伸びるか見立てる」に続く

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学習機会としての模試受験(その3)
模擬試験をターゲットに、学び直しの機会を与えることには、様々な効果が期待できます。ひとつは、しっかりと勉強させていくことで模試の成績が上がること。もうひとつは、計画的に学習を進める姿勢と方法を学ばせることです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2014/11/28 08:03
予習・復習で何をさせるか(その4)
考えるところをちょっとまとめておこうと思って書き始めたシリーズですが、思いのほか長くなってしまいました。それだけ複雑な問題を含んでいのだと、改めて感じます。昭和の時代、自分が生徒だったときに日常的に耳にしていたあのフレーズ「ちゃんと復習しておきなさい」が、、まさかこれほど広い意味をもっていたとは・・・。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/04/18 10:01
学習機会としての模試受験 #INDEX
いよいよ2学期が始まりました。受験学年はもとより、高校2年生も3年次の履修科目選択を控え、そろそろ受験を意識して模試に臨むようになる時期です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/09/04 08:17
模試や考査の事後学習〜間違え直しだけでは不十分
模試の結果や考査の答案を返却するとき、間違え直しやとき直しを指示することも少なくないと思います。出来なかったところを復習を通じて埋めていけば、知識や理解、題意把握の方法などの欠落は補えますが、そのテストで問われた範囲に限ってのこと。同じ問題にまた出会うケースはそうそう多くはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/06/27 05:50
大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会
進路を決定するまでのプロセスの中で、生徒は大小様々な選択を経ていきます。最も大きなものは文系か理系の選択、あるいは3年生でどの科目を履修するかの選択。文化祭などの学校行事が一段落したら、こうした選択は目の前です。意識をスパッと切り替えないと、準備を整えられないまま選択に臨むことになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/12 08:08
選択機会に臨ませるときの指導(関連記事更新状況)9/13現在
昨日の記事で予告した、大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 の関連記事の更新状況です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/13 06:56
学習機会としての模試受験(その2)〜計画させる
模擬試験に向けた 「学び直し」 での肝は、大切にしたいのは 「生徒自身になすべきことを選びださせる」 ことです。教員側から課題を指定してしまうだけは、効果的で実行可能性を備えた計画を立てるトレーニングになりません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/29 07:05
どこまで伸びるか見立てる
早いもので1月も残り二日。受験本番に向けてラストスパートをかける生徒のサポートに気が抜けない日々かと存じます。生徒の皆様に吉報が届くことを心よりお祈りいたします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/30 07:53
ノート指導、タスク管理
1 ノートにメモを取らせる指導1.0 ノートにメモを取らせる指導(序) 1.1 ノートにメモを取らせる指導(その1) 1.2 ノートにメモを取らせる指導(その2) 2 生徒のノートは授業改善への優れた教材2.0 生徒のノートは授業改善への優れた教材(序) 2.1 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その1) 2.2 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その2) 2.3 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その3) 2.4 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その4) ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/31 06:49
補習・講習は、一つひとつの設置目的を明確に
五月の連休が終わると、夏休みに設置する補習・講習をまとめて生徒に伝える時期を迎えます。生徒一人ひとりが抱える学習上の課題を解決する場として、内容や対象を明確にして、講座群を整備し、必要な生徒が確実に履修できるようにしたいものです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/26 08:34
進路希望の具体化と実現へ
1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 1.3 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で 1.4 準備が整わないうちに選択を迫っていないか New! 2 進路希望の実現をあきらめさせない2.1 どこまで伸びるか見立てる 2.2 第一志望をあきらめさせない指導 2.3 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り 3 学習機会としての模試受験 New!3.0 学習機会としての... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/12 05:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
模試受験後の指導〜進路希望を維持させる〜 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる