現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 学修時間を延ばすには

<<   作成日時 : 2014/11/05 07:18   >>

トラックバック 9 / コメント 0

大学生の学習時間を延ばすための方策について考えてみたいと思います。これまでに、様々な大学での授業評価アンケートのデータを拝見する機会に恵まれましたが。集計結果を合理的に説明するために立てた仮説から、具体的に採るべき“教室での方策”も見えてきました。

データを見る限り、「授業の到達目標がはっきりと示されている」という条件下では、授業1回あたりの平均学習時間が2時間以上という学生の約3分の2が「授業の目標を達成できた」と答えているのに対し、2時間未満の学生はその割合が4分の1に過ぎません。「課題+予習+復習の合計時間の目標は、授業1回あたり2時間以上」とする設定には、統計的に見てもある程度の妥当性はありそうです。

8月に公開したシリーズ「学修時間を延ばすには」、および関連記事へのリンクを整理したインデックスです。目次としてご利用ください。

#01
 具体的な課題を与えることには一定の効果あり
#02
 課題の達成可能性を担保していたか?
 課題の履行率を高めるために
#03
 不明解消の必要性を迫るには
  テストやレポートは決め手にならず
  発表やディスカッションの機会を

#04
 活動評価する基準を明示すること
 テストが担う大切な役割
 レポートを書き上げることで積む、言語化の訓練
 学習時間は、教える側の工夫で伸ばせる


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コラムのタイトル一覧: 2015-01-18更新
センター試験も終わり、いよいよ受験シーズン突入です。生徒の皆さんが、それぞれの進路希望を叶えて次の一歩を踏み出されることをお祈りいたします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/01/18 10:54
教える技術#02 目標提示とアウトプット
■学習目標の示し方 学習活動において、生徒が学習目標を正しく認識していることは、生徒の側での情報補完を容易にしたり、達成感をより強固なものにしたり、あるいは苦手意識を抑制したり、と実に様々な効果をもたらします。複数の授業を跨いで行う単元指導や、学期・学年を通じた指導では、また違った目的と方法があります。ガイダンスの成否は、学習成果+学習意欲を大きく変える/目標提示は、導入フェイズで/敢えて示さずにおく、という挑戦も/生徒が答えを導くべき課題をもって/単元、学期、学年での学習目標/学習方策... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/02/04 07:49
学修時間を延ばすには(その1)
家庭学習時間の延伸は、中学・高校までだけでなく、大学においても優先順位の高い課題になっているようです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/03/15 17:22
学修時間を延ばすには(その2)
結果を大きく分けた第一の条件は、“課題に達成可能性が担保されていたか”どうかであると思われます。課題を解決するのに必要な知識や理解、発想、あるいは参照手段への習熟などを整えるだけの授業がなされていなければ、課題に手を出そうとしても、あるいは指示に応えようとしても、躓くばかりです。そのうちに心が折れて課題を放り出すのも無理からぬことではないでしょうか。「課題ありきでの授業設計」が求められるゆえんです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/03/15 17:25
学修時間を延ばすには(その3)
平均学習時間との間で、ある程度の相関が見られたもう一つの項目は、「わからないことがあったとき、自らのその解消に努めているか」というものです。確かに、わからないことがあって解消しなければならないとすれば、方々を調べてみたり、誰かに聞いてみたりしているうちに、自ずと一定の時間を学習活動に投じることになります。高い相関があるのも当然のことでしょう。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/03/15 17:28
学修時間を延ばすには(その4)
発表やディスカッションの機会を用意し、参加姿勢を評価することが”不明解消”への動機づけになりますが、活動に対する評価の基準を明確に示しておかなければ、どう関わればよいか学生が戸惑うことも予想されます。場合によっては、いたずらに発言数を増やすだけの学生や、相手の発言を受け取らずにあさっての方向に議論を乱してしまう学生も出てきそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/03/15 17:29
キーワード=“予習、復習、宿題/課題”の記事一覧
キーワード別 記事インデックス 予習、復習、宿題/課題 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/09/11 06:29
到達目標は適正な水準にあるか?
大学生があまり勉強しない――批判的な文脈でよく耳にする話題です。欧米に比べて、あるいは小学生と比べても、学習に使う時間が極端に短いとまで言われる始末。小学生と大学生では生活も違うのに一緒くたにするのはどうかと思いますが、それはそれとしてひとまずわきに置いて…。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/10/14 07:01
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 次に進んだときの学習をイメージ 2 生徒に考えさせる学習行動・授業規律2.1 指示を的確にこなす生徒〜それだけで良いのか? 2.2 生徒に考えさせる授業規律 3 興味関心・学ぶことへの自分の理由3.1 学ぶことへの自分の理由 3.2 興味関心と自ら学ぶ姿勢とのギャップ 4 学習成果を実感させるために4.0... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/17 07:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
学修時間を延ばすには 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる