現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 面談指導を成功させる#1〜事前準備と面談前指導

<<   作成日時 : 2018/09/19 05:35   >>

トラックバック 8 / コメント 0

個人面談は、生徒一人ひとりの進路、学習、生活の悩みや課題を把握・共有し、その解決に向けた支援を行う貴重な指導機会です。面接を指導の要(かなめ)と位置づけ、年間5回にも及ぶ全員面談をあらかじめ計画に組み込んで実施している学校も見られます。

2014/11/13 に公開した記事をアップデートしました。


❏ 対話を通じて図る、相互理解と課題形成

生徒と膝を突き合わせて話をすることで知り得ることもたくさんあり、教員にとっても貴重な気づきの場ですが、生徒にとっても面談は次のステージの入り口をくぐるための、他に代えがたい貴重な機会です。

所定の項目を聴き取って用紙に書き込むだけでは、書面で提出させる「調査」と大差ありません。

それまでの見落としに気づき、視野を押し広げる機会を「対話」が提供してくれます。自分の考えを言葉にし、異なる考えに触れることで自分の考えを相対化し、正しい判断・選択に向かうことができます。

曖昧なままになっている箇所を先生との対話の中で見つけ出し、ひとつひとつ明らかにしていく(=相対化を図る)ことは、面談以外にはなかなかその機会がないはずです。

その日以降生徒本人が取るべき行動に、具体的な課題が設定できたら、面談は一定の成果を得たと評価できるのではないでしょうか。


❏ 面談を通じてどんな状態を目指すのか〜目標の確認

面談指導に限りませんが、すべての指導には時期に応じた目的や課題があります。その時点での目的と課題をはっきりさせておくことが、面談に臨むときに最小限満たすべき要件です。

進路指導のグランドデザインの中に位置づけられる学年全体での指導目標に加え、個々の生徒についての課題があるはずです。

進路・生活・教務などの分掌と学年団との間で、共通認識が欠かせません。面談シーズンを前に、学年の指導に携わる先生方が情報を共有する場を持ちたいものです。

それぞれの立場が持つデータや情報を出し合って面談に臨むための校内研修を実施しているケースでは、総じて、貴重な時間を投じただけの成果は上がっているように見受けられます。


❏ 生活・学習・進路の3観点で記述する段階的到達目標

学校には、入学から卒業までの期間を通して達成を目指す、生活、学習、進路の3つの観点での段階的な到達目標があるはずです。

個々の先生が頭の中に浮かべるだけではなく、それらを一つひとつ言語化して下図のように明示的に配列しておきましょう。

時期や段階に応じた指導の設計も戦略的に行えるようになりますし、到達状態に照らした評価を行えば、個々の生徒の状況や課題のより正確な把握が可能になります。

画像

別稿 「年間行事予定の書き出し方」 でも申し上げた通り、書き出しに際しては、「生徒を主語にしたセンテンスの形」を厳守することが大切です。「進路希望の明確化」など、フレーズの形で表現されていても、眼前の生徒が所期の状態に到達しているかどうか判断ができません。「進路希望先について、そこで学びたいこととその大学を選んだ理由を言葉で伝えることができる」 センテンスの形で書き出されていれば、その生徒に今、足りないものを把握するのが容易です。


❏ 個々の課題は様々な立場での観察を集約して把握

集団として時期ごとに到達を目指す目標状態に加え、一人ひとりの生徒に固有な課題というものがあります。

先生方は、クラス担任、教科担当、部活顧問など様々な立場で生徒を観察していますが、見る側の立場が違えば違った側面を見ています。

その生徒を指導しているすべての先生方が観察して捉えたことを集約しないと、生徒個人の姿を多面的・総合的に理解することはできません。

また、その生徒が抱える事情を知っていれば、そこに焦点を当てた観察ができますが、事情を知らなければ観察での見落としも生じます。

教科担当や部活顧問に「何か気になる点はないか」と尋ねる場合も、担任が認識している当該生徒の事情を伝えた場合と何の情報も出さない場合とでは、尋ねられた側の記憶の呼び覚まし方に違いが生じます。

e-ポートフォリオなどの導入も進むことと思われます。様々な学習機会を経るごとの生徒自身の振り返りに加え、指導機会ごとに先生方が捉えたことをレコードに残していくようにしたいものです。


❏ 面談前の指導で、生徒の内省を深めさせておく

時期ごとに目指すべき到達状態まで確実に導くには、面談指導に臨ませるまでに整えておくべき「生徒側のレディネス」が重要です。

選択に向かう場面なら、しっかり情報を集め、じっくり考え、自分の未来にどう向き合うかを考えてこさせることで、面談での対話が活きたものになります。

準備なしで面談に臨ませても、目標状態に到達/接近は困難です。

面談指導に限りませんが、学習の機会、選択の機会をどのくらい前から生徒に意識させておくかは、指導の立案に際してしっかりと考えておきたいことの一つです。

期間が短すぎては十分なレディネスは備わりませんし、長すぎても意識が希薄になるだけです。

進路通信やホールムールを通じて、面談までに何を調べ、何を考えておくべきかを、適切な時期に予告しておくことが肝要です。


❏生徒は 数か月先まで見渡して日々を送れているか

毎年多くの東大合格者を出しているトップ校の一つでは、月一以上のペースで発行される「進路通信」に向こう3ヵ月の行事が掲載され、生徒も教員も自ずと先の予定を意識できる仕組みが整えられています。

この実践は、先に控える選択の機会をいつ認識させるかという問題への一つの模範解答のように思えます。

また、別の学校では、進路の手引きを「これを見ればすべてわかる」という内容・構成に仕立て、行事には必ず持参させているそうです。

事あるごとにページを開きますので、進路への意識の高い生徒たちは、そのたびに次のステップへの認識を新たに生活を送れているようです。

冊子形式を取り止め、逐次ページを追加するファイリング形式の「進路の手引き」に変更した別の学校でも、3ヵ年の見通しを持たせるために年度冒頭には進路指導カレンダーを配布しています。


その2に続く
このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
進路指導で育む「選択の力」 (その2)
生徒にとって他人事にできない重大事である進路選択。これに向き合わせる中で、“正しく選ぶ力”を身につけさせるきっかけを作りましょうというのが、前稿の主旨でした。選択に向き合わせる指導を通じてもたらされるものなど、もう少し考えてみたいと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2014/12/30 07:35
年間行事予定の書きだし方
1月も半ばを迎え、新年度の準備も本格化し始める時期かと存じます。新入生を迎え入れるまでに整えておきたいのが、3年間あるいは6年間を見渡せる年間行事予定。どの時期に何が待っているかある程度でもわかっているのと、目先のイベントをただ経験していくのでは、主体的な関わり方にだいぶ大きな違いも生まれます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/01/16 06:27
指導計画&進路指導
【テーマ別記事インデックス】 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/02/11 06:04
推薦入試を利用させる条件
多くの学校では文化祭も終わり、3年生は本格的な受験体制に入ったことかと存じます。夏休みにしっかりと力をつけて第一志望の実現に走り出した生徒ばかりなら良いのですが、中には、成績の伸びが感じられずに、推薦入試に狙いを変えようとしている生徒もいるかもしれません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/09/17 06:00
面談指導を成功させる#INDEX
早いもので10月を迎えました。3年時の履修科目選択を控えた2年生、受験に向けて走り出す準備ができているかを確かめたい3年生。様々ま目的で面談が盛んにおこなわれる時期かと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/10/02 05:34
選択機会に臨ませるときに(関連記事更新状況)9/16現在
昨日の記事で予告した、大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 の関連記事の更新状況です。 進路を決定するまでのプロセスの中で、生徒は大小様々な選択を経ていきます。最も大きなものは文系か理系の選択、あるいは3年生でどの科目を履修するかの選択。暦は9月中旬。文化祭などの学校行事が一段落したら、こうした選択は目の前です。意識をスパッと切り替えないと、準備を整えられないまま選択に臨ませてしまうことになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/19 08:20
進路希望の具体化と実現へ
選択の機会に備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 早すぎる選択は視野と可能性を狭める2.0 進路を意識させるタイミング(序) 2.1 進路を意識させるタイミング(その1) 2.2 進路を意識させるタイミング(その2) 3 面談指導を成功させる3.1 面談指導を成功させる(その1) 3.2 面談指導を成功させる(その2) 3.3 面談指導を成功させる(その3) 3.4 面談指導を成功させる(その4)... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/13 05:58
面談指導を成功させる(その2)
面談指導は、生徒がそこまで積み上げてきた思考を対話を通じて相対化させ、これから先の行動に課題を設定させる場です。年間指導計画の中で「機会ごとの目標」を明確にしておくこと面談を前に指導に当たる先生方がも情報を担任に集約しておくこと面談に臨ませる前に生徒側でのレディネスを整えさせておくことといった前稿に挙げたポイントに加えて、面談の目標や狙いがどこまで達成できたか評価した上で、次の機会までの課題を明確にし、やり残しをいつまでも残さないことなどもしっかり意識しておきたいところです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/20 07:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
面談指導を成功させる#1〜事前準備と面談前指導 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる