ゼロ学期を迎えるに当たり~指導計画作りへの下準備

今年もあっという間に年末が近づいてきました。年明けに始まる「ゼロ学期」は短いわりにこなすべき校務が多く、どうしても慌ただしくなりがちですから、今のうちに少しずつゼロ学期の課題/タスクのたな卸しを行い、優先順位をしっかり定めた工程表に落とし込んでおきたいものです。まずは、「To Do リスト」を作るところからでしょうか。

4月からの教育活動を振り返って、シラバスや進路の手引きなどに朱を入れる必要もありますし、年間行事予定の見直しや学校広報の年間計画作りなども、期限を決めて着実に進めていかないとアッという間に年度末を迎えて時間切れになってしまいそうです。

今年はコロナ禍で計画は至るところで乱れました。あまり考えたくありませんが、来年も「コロナ前」と同じ前提で物事が進められる保証はなく、リソースが不足した場合にカットしたり実施方式を変更したりといった「調整余地」も組み込んだ指導計画が必要と考えます。

2019/12/10 更新の記事を再アップデートしました。

❏ シラバスや進路の手引きなどへの朱入れ

シラバスや進路の手引きは、ときとして記載されている内容と実際に行われていることが一致しなくなっていることがあります。

生徒への指導を行いながら、様々な工夫を凝らしたり、手順の変更を行ったりするのは当然ですが、目の前の教育活動に集中するあまり、書面が置き去りにされては、生徒が目にするものにも「実際と記載のズレ」はどんどん大きくなっていくばかりです。

生徒や保護者が目にしたり、ホームページに掲載されている情報は特に念入りな点検が必要です。

来年度版の起草作業に取り掛かる前に、現行版への朱入れを先行させましょう。教育活動は、分掌、学年、教科といったそれぞれの組織が独立して進めている部分も大きく、当事者でないと変更がなされたことすら知らない箇所もあるはずです。

現行版への朱入れという第1工程を経て、来年度の教育活動で新たに計画していることを加筆(第2工程)していくと、あちらこちらに矛盾や不整合が生じていることに気づくものです。

第2工程を経た「来年度版(案)」を改めて通読し、グランドデザインに沿ったものになっているかの点検(第3工程)を行い、組織内/組織間での再調整(第4工程)を行うことになりますが、それぞれの工程にはけっこうな手間と時間(工数)がかかるはずです。

  1. シラバスの起草・更新に際して(全4編)
  2. 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で
  3. 新課程に備え、改めて考えるカリキュラム・マネジメント
  4. 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル


❏ 個々の指導の関連付けと目標の確認

様々な工夫を凝らした教育活動も、相互の関連付けが弱く、個々の指導が単独で完結してしまっていると期待した通りの効果は得られません。

それぞれの指導機会で目的とするところ/期待される効果を踏まえて、指導の内容と配列に改めるべき部分がないか点検しておきましょう。

生活、学習、進路の三領域で、指導の経過の中で段階的に到達を目指していく状態をきちんと書き出しておかないと、個々の指導の位置づけが不明確になりがち。当然ながら、先生方の目線合わせもできませんし、分掌、学年、教科の各立場からの指導もちぐはぐなものになります。

足りないものは加えなければなりませんし、カレンダーに落としてみて指導時間という枠からはみ出すようなら、優先順位に基づく思い切った取捨選択が必要になります。走り始めてからでは切り落としが全体のバランスを欠く要因になりますので、計画時点での判断こそが命脈です。

学校の教育目的や指導方針、校是といったものや、さらに建学の精神にまで立ち戻りながら、個々の指導の目標を設定し直してみることもときには必要であり、教育課程が変わる今はその好機だと思います。

また、実際の指導に当たる先生方のレディネスを調えることも、それぞれの指導が所期の成果を得るためには欠かせません。指導機会の前には目線合わせや指導ノウハウの共有を図る場を設ける必要があります。年間計画には、教科会や研修会の日程も組み込んでおきましょう。

  1. 6ヵ年のストーリーを描く、教育活動の配列
  2. 学びの重なりを上手に利用したコンパクトな学校経営
  3. 年間行事予定の書きだし方(全5編)
  4. 教科会に期待される役割~ちゃんと機能していますか?


❏ 校内外に向けた広報/WEBサイトの更新計画

年末を迎えて学校評価アンケートを行う時期にもなりましたが、この結果をどう生かすかも、アンケートの実施前にはしっかり考えておきたいことの一つです。単に実施するだけならコストの無駄遣いです。

集計結果を用いて、これまでの教育活動が所期の成果をどこまで収めたか、校内外の声に学校がどこまで答えられたかを見極めたら、次の行動計画を起こす番です。集計が終わるタイミングから来年度の計画確定までどのような手順で議論を進めていくかは、まさに今考えることです。

並行して、学校ホームページの年間更新計画もこの機会に再点検しておくことをお奨めしたいと思います。

せっかく意欲的な取り組みがあり、十分な成果も得られているのに、学校広報を通じてその姿や実りを伝えられなければ、学校の教育活動に対する理解と共感を得ることはできません。

受験生やその保護者に届かなければ、生徒募集の改善にも役立てられませんし、地域や保護者からの協力も得られないはずです。

また、学校広報は「校内に向けても行うべきもの」です。拝見していると、少なからぬケースで、校内の先生方が他の分掌や学年、プロジェクトチームの取り組みを良く知らず、相互の連携や協力を欠くケースがあり、教育活動をちぐはぐなものにし、相乗効果の発現を妨げています。

  1. 学校評価アンケートをどう活用するか
  2. 学校ホームページでの情報発信(全3編)



ゼロ学期を迎える前に、そこで行うべき校務のたな卸しを今のうちに行いましょうというのが本稿の主旨です。

To Do リストの作成、工程の洗い出しとガントチャートへの落とし込みという具体的なタスクで、着実な実行を目指しましょう。

もう一つ忘れてならないのは、生徒にもこれまでの学びを振り返らせ、新しい年/年度にどのように自分をリビルドしていくかを考えさせることです。2学期の期末試験が終わったときがベストタイミングですが、どのように振り返らせるかを先生方は前もって考えておかなければなりません。手を付けるのはまさに今だと思います。

 ■ 年末に行わせる「4月からの学びの振り返り」
 ■ 模試の結果を正しく振り返る(学習行動の改善)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • コラムのタイトル一覧: 2014-12-22更新

    Excerpt: いよいよ年の瀬です。あわただしい毎日をお過ごしかと存じますが、お風邪など召しませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-12-22 08:24
  • カリキュラム・年間指導計画

    Excerpt: 1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 シラバスの起草・更新に際して(その1) 1.2 シラバスの起草・更新に際して(その2) 1.3 シラバスの起草.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-13 07:38