学習目標の示し方(その1)~目標を共有することの効能

教科学習指導に限ったことではありませんが、生徒に何かを学ばせようとするとき、事前に学習目標を正しく認識させておくことには、
  • 目標に照らした生徒側での情報補完が容易になる(≒理解力の向上)
  • 目標に達したことを実感しやすく、モチベーションの向上が図れる
  • 修正に何をすれば良いか見つけやすく、苦手意識を抑制できる
といった多岐にわたる好ましい効果が期待されます。

教科学習指導における「目標」には、教科や科目に通底した大きなものもあれば、単元や項目ごとのものもありますし、学びの局面ひとつひとつにも到達を目指すべきものがあるはずです。

それらを生徒にも理解できる表現でしっかりと示し、生徒と共有できているかどうかは学びの成果を大きく左右しますので、授業をデザインするときにはいつも教えるが側が意識しておくべき事柄です。

2014/12/24 公開の記事をアップデートしました。

❏ 目標を伝えているかどうかで学習効果が大きく変わる

下図は、活用機会(習ったことを使った課題解決体験)を横軸に、学習効果(授業を通じた進歩・向上の実感)を縦軸において作成した散布図です。両者の間には強固な相関があるのは一目瞭然だと思いますが、ガイダンス(学習目標等の周知)の成否での色分けにもご注目ください。

画像

ガイダンス成功群と同失敗群それぞれに描いた2本の近似線は、互いに一定の距離を保ち、どこまでも交わることがありません。この近似線間の距離こそが「目標をはっきりと示しておくこと」の効果です。

学びを通じて、自分の進歩や成長を実感できることは、その科目を学び続ける意欲の原資であるとともに、できるようになったことの中には、新たな興味も生まれます。学習目標をきちんと示すかどうかは学びの成否とその行方を左右する、ということですね。


❏ 生徒自身が達成を検証できることが目標提示の要件

何かを学ばせようとしたら、まずは「ゴールをきちんと示す」 ことが必要であるのは上のデータが示す通りですが、肝心なそのゴール(学習目標)は、「生徒自身が達成を検証(=成否を判断)できる表現」で提示されているでしょうか?

学習指導要領で用いられているような定性的な記述は、各教科の専門家である先生にしか理解できないと考えたほうが良さそうです。

また、単元名や学習項目(例えば「二項定理」とか…)を導入フェイズで板書して見せたところで、まだ学んでいないことだけに「何を学ぶのか」もピンときませんし、項目名に照らして考えたところで「何ができるようになればOKなのか」は生徒には想像すらつかないはずです。

cf. 学習目標は解くべき課題で示す論点(イシュー)を使った単元導入

達成検証ができなければ、モチベーションの原資である達成感も曖昧なままです。目標と自分の現状の差分をきちんと認識できなければ、それを埋めるためにどうすれば良いかを考えることもできません。

生徒に自ら考え、主体的に学びに取り組ませたいなら、目標を生徒自身が達成を検証できる表現で示しておくことが大前提です。

生徒が学習目標を正しく認識しているかどうかは、テストの結果や行動観察では測定できませんから、何らかの方法で本人に尋ねてみる必要があります。クラス全体の様子を捉えようとするなら、アンケートを行ったり、リフレクションシートへの記載を解析して定量化してみたりといった手続きが欠かせないはずです。


❏ 学びの本題に入る前に学習目標を正しく認識させる

授業ごとの目標提示は当然ながら、導入フェイズで行います。後出しにしては、前述の「目標に照らして生徒側での情報補完」も働きません。

何を目指している場面かをきちんと把握できてこそ、生徒は目的意識をもって授業に参加できますし、先生の説明を聞くときも、自分で調べるときも、情報の不足を補おうとすることができます。

道案内に喩えてみるとご理解いただけると思います。「今日の目的地は〇〇公園です。駅から北に向かって10分程のところ、〇〇川の河川敷にあります」という情報を事前に得ている場合と、どこにいくかも知らされていない場合とを想像してみてください。

どこに行くかも告げられないまま、「駅の改札を出たら右に向かって1分程歩いたところにある、最初の信号を右に折れて、道なりに進んで、3番目の交差点を・・・」といった具合に指示を受けても、正しい道順を辿るのはとても難しそうです。そもそも覚えきれないかも…。

実際に歩き出してみて、聞いていたのと違う風景が目の前に広がったときの戸惑いは容易に想像できます。ゴールがどこにあるか想像できていれば、「たぶんこっちだろう」と見当もつきますが、その前提を欠いていては「あれ、先生は何て言っていたかな?」「信号なんてどこにもないぞ」となるのがオチです。

これと同じことが、学習活動/授業の中でも日々起きているのではないでしょうか。手順を事細かに伝え覚えさせるよりも、手順を思い出せなくなったときに、目標に照らして「復元」したり、新たに考え出したりできるようにしてあげる方が、よほど実効のあるアプローチです。

ちなみにですが、授業冒頭では目的を敢えて示さないという選択肢もないわけではありません。うまくいけば、自分で見つけたという喜びが達成感をより大きくしてくれます。ただし、教える側の勝算とは裏腹に、実際にやってみたら大半の生徒が狙った気づきに至らなかったというリスクも。試してみるには勝算の冷静な見極めが必要です。

その2に続く

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 学習目標が伝わらない?

    Excerpt: 授業に臨むに当たり毎時間の目標をちゃんと伝えているつもりなのに、あるいはシラバスを通じて示しているつもりなのに、生徒や学生にアンケート調査をしてみると、目標提示の項目で思いもよらぬ低評価…(哀)。こん.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-02-23 06:32
  • 学習目標の示し方

    Excerpt: 学習活動において、生徒が学習目標を正しく認識していることは、生徒の側での情報補完を容易にしたり、達成感をより強固なものにしたり、あるいは苦手意識を抑制したり、と実に様々な効果をもたらします。複数の授業.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-06 08:22
  • 目標の示し方、導入の工夫

    Excerpt: 1 学習目標の示し方1.0 学習目標の示し方(序) 1.1 学習目標の示し方(その1) 1.2 学習目標の示し方(その2) 1.3 学習目標の示し方(その3) 2 解くべき課題を通した目標理解.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-19 06:07