学習目標の示し方(その3)~学び方の獲得も重要な目標

学習目標という言葉で最初に思い浮かぶのは「単元の内容を理解すること」かもしれませんが、それだけではありません。わからないことがあったときに調べたり、予習・復習を進めたりするときの「学習方策」を身につけることも、さらには協働で課題解決に臨む場面でのふるまい方や新たな知を作り出す探究の方法と姿勢などを獲得することもまた、学習活動を通じて生徒が達成を目指すものに含まれます。

2014/12/26 公開の記事をアップデートしました。

❏ 学びの方策、資質・スキル・姿勢にも到達目標

単元固有の知識や理解は、既習内容の理解という前提が必要とは言え、その獲得自体はその場の学びで(=授業の中で)完結し得ます。

仮に生徒が教科書などを自力で読んで理解する力や、自ら学び進めようとする意欲(=学ぶことへの自分の理由)を備えていなくても、十分な技術を持つ先生が丁寧に教えて理解させ、生徒がそれをきちんと覚えさえすれば、その単元の学習は当座の目的を達したことになります。

しかしながら、これだけで良しとして立ち止まっていては、生徒はいつまでたっても「教わって覚える」という受動的な学びのスタイルから離脱できず、学習者としての自立には向かえません。

生徒が卒業し先生方の手を離れたあとも自ら学び続けられる生徒を育てるという目的は、その半分しか達成されていないことになります。

自立的に学びを進めるうえで必要な、方策、資質、スキル、姿勢の獲得は、単元内容の理解・習得を図るのと並行して、常にその達成を意識すべき重要な学習目標(先生方にとっては指導目標)ということです。


❏ モデルを示しての効率化+生徒の創意工夫の余地

学びの方策や様々な資質・スキル・姿勢などの獲得は、単元の内容を学びながら、段階的・中長期的に進むものです。

ある単元を学んだときに初めて経験した学びの方策は、その先の単元や別の科目を学ぶのに繰り返し用いている中で、次第に自在に使いこなせる「自分のもの」になっていきます。

好ましい学びの方策は、放っておいても生徒が試行錯誤の中で見つけるかもしれませんが、それでは少々博打の要素が入り込みそうですよね。

正しい学習方策の獲得に時間が掛かり過ぎるのは避けたいところです。卒業までに間に合わず、「あとはそれぞれ頑張ってね」というわけにはいきません。教科書を終えずに学年末を迎えるより問題は大きいかも。

そもそも、学習方策の未獲得に起因して、単元内容の理解すら思うに任せない/上手くいかない状態が続けば、学ぶ意欲を失い、その科目から遠ざかろうとする生徒が出てきても不思議ではありません。

最初のうちは、先生からやり方を示してガイドしていくことは必要でしょうし、「お仕着せ」にならないよう、ファーストトライは生徒の好きにさせ、その中で上首尾に進められた生徒のやり方をクラスでシェアするような場面を設けるのも有効だと思います。

学ぶ内容に応じた好適な方策を自ら考案する力もまた、卒業までに生徒に身につけさせたいことの一つです。


❏ 学習方策を獲得したか、きちんと点検&フォロー

科目の特性にマッチした学び方(予習や復習のやり方など)は、年度初めの授業開きなどでも伝えていると思いますが、「伝えて終わり」にしていないでしょうか。

ある程度の期間が経過したら、モデルとして示した方策を自分のものにできているか(=日々の学びの中できちんと実行できるようになっているか)をしっかり観察してみる必要があります。

最初のうちは「やってみせ、言って聞かせて、させてみて」で始めた学習法の指導も、段階が進むにつれて「やりかたそのものを考えさせる」ところに持っていく必要(cf. 学び方における守破離)がありますが、最初の段階を通過できないでいる生徒を放っておくわけにはいきません。

学習方策の獲得そのものが「目標」である以上、その達成検証は教える側がきちんと行うべき仕事の一つです。

年間授業計画/シラバスや学習の手引きでは、生徒が取るべき学習行動(予習・復習のやり方、授業内での取り組み、副教材の進め方など)を生徒を主語にしたセンテンスで書き出しておき、行動評価を行うときの規準として活用したいものです。

生徒自身にも、その「規準」に照らして自己点検をさせることで、自分の学びのあり方を振り返るきっかけになると思います。

なお、シラバス等をそのまま振り返り使うのでは、点検がやりにくいことも多々ありますので、書いてあることを質問文に起こし直し、生徒が答えるアンケートに仕立てみるのもお奨めです。

こうした点検を通じてできていない生徒を見つけ、その改善を促そうと、授業開きで伝えたことを再び言って聞かせたところで、そう簡単に行動改善には繋がりません。

やらなかった/できるようにならなかったのは、先生が示した方法を実践することへの自分の理由を見出していなかったか、実行するのに必要な前提を備えていなかったからですよね。

他の生徒が見出した別の「好適な方法」を試させるのもありでしょうし、できなかった理由を取り除く支援も考えなければなりません。


❏ 生徒に提示した方法の妥当性も確かめて絶えず改善

授業開きなどで生徒に伝えて求めた学びへの取り組みについて、生徒がどこまで自分のものにしてくれたか確かめたら、もう一つ点検しておくべきことがあります。

それが「生徒に提示した方法が合理的・効果的なものだったか」です。

提示した方法が合理的・効果的なものであったら、それに従った生徒は学力を伸ばし、科目を学ぶことへのより高い意欲を示すはずです。

如上のアンケート(=生徒自身の学び方に関する振り返り)の結果を用いて、「指示をこなした生徒」と「それ以外の生徒」を分け、考査や模試での成績の伸長や、授業評価アンケートで尋ねた科目に対する自己効力感などに有意な差が生じているかを確かめましょう。

意図していなくても、先生方はご自身が中高生だったときに身につけた学び方を前提に、生徒にどんな行動を求めるべきか考えています。

学習指導要領が改訂されるたびに、目指すべき学力像は少しずつ変わってきましたが、今回の改訂ではこれまでにないほど大きな舵が切られていますので、平成で通用した戦略が令和の時代にもそのまま効力を発揮するとは限りません。

新しい学力観に沿った学ばせ方の転換が進むことを前提に、生徒にどんな学び方を求めるか、データで検証しながら冷静に考え続けましょう。

繰り返しになりますが、獲得するべき学習行動や学びへの姿勢は「学習目標」そのものです。もし、目標が間違ったところを狙っていたら、努力すればするほど、正しいゴールとはかけ離れたところに行ってしまいます。くれぐれも、間違った的に矢を射らないようにしたいものです。

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 学習目標の示し方(その2)

    Excerpt: 学習目標は、授業の冒頭でしっかり示すことが大切です。また、終了時にはアウトプットの機会をきちんと整えることによって、「成果と進歩を棚卸する機会」 を整えましょう。理解と知識の着実な積み上げを図り、明確.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2014-12-26 06:53
  • 学習目標の示し方

    Excerpt: 学習活動において、生徒が学習目標を正しく認識していることは、生徒の側での情報補完を容易にしたり、達成感をより強固なものにしたり、あるいは苦手意識を抑制したり、と実に様々な効果をもたらします。複数の授業.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-06 08:22
  • 目標の示し方、導入の工夫

    Excerpt: 1 学習目標の示し方1.0 学習目標の示し方(序) 1.1 学習目標の示し方(その1) 1.2 学習目標の示し方(その2) 1.3 学習目標の示し方(その3) 2 解くべき課題を通した目標理解.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-19 06:07