年間行事予定の書きだし方#INDEX

向こう3か月、半年、1年、…と先を見渡し、選択の場、越えるべきハードルを意識して過ごす日々と、次々に訪れるイベントを準備を整えるわけでもなくただ経験していくだけの毎日とでは、歩みに大きな差が生じます。卒業までの3ヵ年/6ヵ年で到達できるところ(=教育成果)にも大きな違いが生じるのは想像に難くありません。

生徒が先の予定を見通して日々を過ごすためのツールのひとつが本シリーズで取り上げる「年間行事予定表」ですが、現行版を読んで生徒は、
  • 次に控えている選択の機会は何か
  • それまでにどんな準備を整えて臨むべきか
をどのくらいイメージできるでしょうか。

未経験のことだけに正確な予想は無理としても、登っていく山の姿がおぼろげにでも見えないことには、覚悟も決まりません。

同じことは、指導に当たる先生方にも言えるのではないでしょうか。着任したばかりの先生はいうまでもなく、自校で指導を重ねてきた先生方も、行事の一つひとつに込められた教育意図を差異なくきちんと理解していないと、指導に臨むときの目線も合わないはずです。

年間行事予定の起草には、到達目標を時系列の中に並べて整合性をとる という発想が欠かせません。

生活・学習・進路の3領域のそれぞれで、どんな能力・資質・姿勢を持った生徒を育てたいのか明確にイメージした上で指導を設計し、その準備や仕上げに必要な期間が確保できているかをカレンダーという目盛の上で確かめないと、無駄な時間を過ごさせたり、仕上げ切れない課題を積み上げていくばかりです。

こうした事前準備や検討を省いては、単にカレンダーを埋めるだけになりかねず、「行事にじっくり向き合える、忙しすぎない学校生活」の実現も遠ざかりそうです。

領域ごとの段階的到達目標を考えるにしても、建学の精神や学校の教育目標を現代的にきちんと読み替え、解釈し直しておかないと、時代にマッチした教育活動の設計にはなりません。中学校なら2021年、高校なら2022年を目指して、今こそ、踏むべき工程をきちんと踏んだ指導計画作りを進めていくべき局面だと思います。


#01 2019.12.11 再更新
指導計画立案の前に、到達目標の配列を
到達状態を規準として書き出すところから
教育目標の再解釈、建学の精神の読み直し
年間行事予定表のフォーマット
学年ごとにカラムを分けるのが基本
先を見越せば、準備もできる

#02 2019.12.12 更新完了
余計な情報が混入しない&内容が想像できる
摘要欄付き、学年別カラム様式
各組織の指導計画の摺り合わせをする土台として
行事に臨むレディネスを整える
振り返りを通し、行事での学びの最大化&定着

#03 2019.12.13 更新完了
まずは、個々の行事が目指しているものを明らかに
年間行事予定を立案するときの土台
到達状態を段階性・整合性をもって配列する
成否判断できるセンテンスで評価規準を書き出す
学習領域の目標は、結果(可視)学力だけではない
進路領域の目標における段階性&他領域との関連性

#04 2019.12.16 更新
ひとつの行事は次に控える別の行事の伏線
まずは、既存の年間行事予定を見直してみましょう
既存の行事予定から「目指していたもの」を抽出
書き出してみることで、足りなかったものが見つかる
抽出が終わったら、並べ直してみて構造化
修正点を反映させて、来年度の予定を組み上げる

#05 2019.12.17 更新
ルーブリックに組み直す前に、一定期間の観察を
進路の手引きに書き込み、到達目標の配列を見渡す
更新されずに古い記載が残っていないか
明文化は、妥当性の判断と目線合わせに必須
建学の精神に照らして、リソースの最適配分へ


■関連記事:
  1. 先に控える選択の機会をいつ認識させるか
  2. 面談指導を成功させる
  3. ルーブリック導入に向けて
  4. マトリクス点検で指導主眼を適正配置
  5. 指導方法の効果測定
  6. シラバスの起草・更新に際して


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 学校ホームページの更新計画(その2)

    Excerpt: 学校の内外に理解者と協力者を作るために欠かせないのが、学校ホーム―ページです。伝えるべきこときちんと伝えることができるかどうかは、情報の洗い出し作業の成否に掛かります。校内の各組織(分掌、学年)がそれ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-10 06:31
  • 年間行事予定の書きだし方(その1)

    Excerpt: どの学校でも作られている年間行事予定表。様々な行事が増える中、すべての行事を3年分/6年分のカレンダーに落とし込むだけでも容易ではありません。分掌や学年間で行われる日程の取り合い…、生徒会だって黙って.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-07 05:08
  • 年間行事予定の書きだし方【更新中】

    Excerpt: 以前に公開したシリーズ【年間行事予定の書きだし方】の記事の全面更新に着手しました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-07 05:24
  • 年間行事予定の書きだし方(その2)

    Excerpt: 毎月発行される進路通信に、向こう3か月の予定が掲載されていたり、年間行事予定表をすぐ目に入るところに掲示しておくのは、予定を知らしめるのに有効です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-08 07:52
  • 年間行事予定の書きだし方(その4)

    Excerpt: シリーズのタイトルは、「年間行事予定の書き出し方」 ですが、単にスケジュールをフォーマットに書き込むだけの作業ではありませんよね。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-12 09:46
  • 年間行事予定の書きだし方(その3)

    Excerpt: すべての指導機会は、時期や段階ごとに“目指すべき到達状態”を達成するために設けられるものである以上、年間行事予定に記載されるすべての行事は、学校の教育目標と「生活」「学習」「進路」 の三領域のいずれか.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-12 09:47
  • 年間行事予定の書きだし方(その5)

    Excerpt: 年間行事予定は、その背後に、生活、学習、進路の3観点での段階的到達目標が存在しているはずです。これらを取り出してみることで、最適な構造を与え直すこともできるし、評価規準としての表現を与えれば、近い将来.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-20 15:42
  • 学校ホームページの更新計画(その1)

    Excerpt: 新年度を迎えると、年間行事予定が作られ、分掌・学年などの各組織は、それに沿った活動を開始します。そのときに忘れてならないのが、どのように活動を内外に伝えていくかです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-04-05 06:06
  • 面談指導を成功させる(その3)

    Excerpt: 面談前に行うアンケート調査によって、生徒の側での内省を促しておくのに加え、回答を熟読した上で面談者側で準備を整えておくのは大切です。前稿でも書いた通り、ご自身で判断に迷えば、進路部と相談したり、先輩に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-23 08:17
  • カリキュラム・年間指導計画

    Excerpt: 1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 シラバスの起草・更新に際して(その1) 1.2 シラバスの起草・更新に際して(その2) 1.3 シラバスの起草.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-11 06:15
  • 新学期準備に関する記事を更新中です!

    Excerpt: 先週末に公開した記事「ちょっと早いですが、新学期を迎える準備」 で、年度末を迎えようとしているこの時期に、やるべきことをリストアップし、それぞれの重要度を判断しておきたいと申し上げました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-02-07 07:55
  • ゼロ学期を迎えるに当たり

    Excerpt: 師走も残すところ10日となりました。本日終業式という学校もあるのではないでしょうか。年明けは「ゼロ学期」 です。来年度の指導計画づくりも本格化していくものと拝察いたします。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-22 12:22