知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得

科学の進歩や社会の変化で、現在の知識は絶え間なく更新されていきます。その中で、学習者は与えられた知識を覚えるだけではなく。情報を整理し理解する方策を学ばなければなりません。

うっかりすると、知識付与の効率を高めるばかりに、生徒が自ら行うべきことを、教える側が肩代わりしてしまっていることもありそうです。

マーカーで大事なところを拾い上げ、サブノート式のプリントで穴を埋めていくだけでは事足りない部分。それを埋めるための方策を考えてみたいと思います。

問い掛けで生徒の気づきを促し、確認したことを描きだしていく板書には「情報整理の過程を生徒自身に経験させる」という機能があります。

教科書に記載されている事柄を、一つひとつ問いながら、重要な情報を拾い上げ、それを全体の流れに組み込んでいくプロセスを、生徒の眼前で展開して見せることが大切です。


先日の記事「単元で学んだことの体系化に挑ませる」に関連して、本シリーズ"知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得"を全面リライトしました。


  1. 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その1)
    参考書や教科書にマーカーで色を塗らせるだけでは…
    お手軽&省エネが、記銘の効果を弱くする
    マークアップは、重要度より情報のカテゴリーを基準に
    最初のうちは、板書でしっかりモデルを示す
    情報を分類する視点とスキルの涵養は指導目標の一つ

  2. 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その2)
    空所を残したサブノート式に仕立ててみると?
    できるかぎり生徒に埋めさせることで空所は活きる
    埋めるべき箇所が多く、問題意識をフォーカスしにくい
    仕組みを理解する「つなぎ」の部分を軽視させない
    空所補充の弱点を補う、記述・論述タイプの課題

  3. 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その3)
    板書しながら、情報整理のプロセスを学ばせる
    対話をしながら、ポイントをピックアップ
    分解と再構成のプロセスも対話を行う中で
    理解のフレームが完成したら、パーツは生徒で埋めさせる
    教科学習指導で図るべき、情報整理のスキル獲得

  4. 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その4)
    知識の拡充範囲をやみくもに広げない
    ICT機器を使って伝達の効率化
    効率化に走って学びを薄くしないことが肝心
    プリント・スライドの共有で図る、授業準備の効率化
    あれこれ考える前に、まずは実際に使ってみる


■関連記事

 強調の正しい方法
 ノートにメモを取らせる指導
 板書の技術、教具の使い方(記事まとめ)


リニューアルに伴う追記:

知識を体系化するには、その前提として知識を獲得・拡充する必要があります。パーツがなければ整理も何もありません。

また、体系化の前には情報を分類・整理する必要がありますが、生徒はその方法をきちんと身につけつつあるでしょうか。

知識の拡充を図り、整理をつけて体系に編む工程を、授業の中で経験させ、学ばせていくことも大切な指導目標の一つです。

言語情報を分解し、体系化されたフレームの中に再配置してみたり(分解と再構成)、すべての情報を上手に配置できるフレームを考案したりする方法を学ばせていきましょう。


生徒に体験させるべきところをうっかり先生が肩代わりしては、生徒はせっかくのチャンスを失ってしまいます。

教科書や参考書を読み上げながらマークアップの箇所を指定するのも、サブノート式のプリントを編集することも、情報の評価(重要度の判定)や体系化・関連付けという“情報整理の過程”そのものです。

先生が授業準備に多くの時間とエネルギーをかけた分、却って、生徒から貴重な学びを奪っている可能性もあるのではないでしょうか。

結果だけ与えて、「さあ、あとは覚えてね」 というのでは、生徒は大事なところを学んでいないことになりそうです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 道具が変わっても必要であり続けること

    Excerpt: デジタル機器がますます進歩するのに伴い、思考法や行動様式も変わっていきますが、道具の違いを超えて必要とされるもの、今後も求められるものがあります。与えられた情報を分解して、必要な形に組み直す(分解と再.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-16 06:16
  • 道具の変化と書くことの意味(記事まとめ)

    Excerpt: デジタル機器の急速な進歩と普及で、書くことに大きな変化が生じています。方法や使う道具が変わるだけでなく、目的も変わってきているのかもしれません。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-17 07:31
  • 板書の技術、教具の使い方

    Excerpt: 1 板書の技術1.0 板書の技術(序) 1.1 板書の技術(その1) 1.2 板書の技術(その2) 1.3 板書の技術(その3) 1.4 板書の技術(その4) 1.5 板書の技術(その5) .. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-15 05:08
  • 黒板を写すと活動が低下?

    Excerpt: 「板書を増やすと、生徒は写することばかりに気を取られ、学びの姿勢が受け身になる」―― 昔からよく言われることであり、納得できる部分もなくはありませんが、板書が多いこと自体が思考を妨げる、というのは短絡.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-06-09 05:57
  • 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その1)

    Excerpt: 知識の整理と拡充を図る場面でよく用いられている方法に、蛍光ペンでマークアップさせたり、サブノート式のプリントを用意したりといったものがあります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-27 07:56
  • 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その2)

    Excerpt: 昨日の記事で考察した"教科書・参考書にマークアップさせる方法"に加えて、重要語句などを埋めさせる空所を設けた"サブノート式のプリント"を用いている授業も多いと思います。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-28 07:35
  • 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その3)

    Excerpt: 蛍光ペンでマークアップやサブノート式のプリントに頼る手法が抱える問題点とその悪影響を抑えるための工夫について考えた前稿、前々稿に引き続き、今回は「問い掛けで気づきを促しつつ、黒板上で情報を構造化してい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-29 07:39
  • 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その4)

    Excerpt: 前稿では、問い掛けを重ねつつ黒板上に情報を構造づけていくことで情報整理のプロセスを学ばせることをご提案いたしました。これにより、知識の断片化や丸暗記に偏るリスクはかなりのところまで解消できるはずです。.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-30 06:57
  • TIPS! 空所を残した板書

    Excerpt: 空所を残したまま板書を行うことで、生徒の問題意識を刺激するという手法があります。授業の導入時や、新たな内容に進むときに用いれば、学習を通じて目標とするところを示す優れた機能を発揮してくれます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-04-03 05:07