クラス内で生じた学力・学欲差への対処法 #INDEX

どんなクラスでも学力差は存在します。たとえ、習熟度別にクラスを分けて展開授業を行っても学力差は残りますし、時間の経過ともに差が再び拡大していくのは多くの先生方が経験している通りだと思います。

学力差を小さくするのは容易でないとしても、学力差による悪影響を小さく抑えることはできます。ある程度の学力差があった方がクラス全体の学習成果は大きくなる可能性を示唆するデータもあります。

採るべき対策には以下の2つがあります。双方を組み合わせれば、習熟度などでクラスを分けざるを得ないところまで学力差による悪影響を膨らませてしまうケースはかなり減らせるのではないでしょうか。

  • 「学力差による悪影響を抑える技術」を確立して駆使すること
  • 「学力差を利用してしまう場面」を授業に取り込んでしまうこと

学力差が大きくなり過ぎてどうにもならない、クラスを分けざるを得ないという状況も現実にはあるかもしれませんが、その時も分割時点での結果学力の差よりも、目標・目的の違いや学ぶことへの自分の理由の強さの違いを基準にした方が上手く行くことが多いようです。

2015/01/29 公開の記事をアップデートしました。


#01 ある程度の学力差は、学びを活性化する 2020/02/20 更新
分割した後のクラスで起きる、学力・学欲の再拡大
集団を固定しないこと&進度差はつけないこと
成績が振るわない生徒にこそ課題解決型学習
ある程度の学力差は、学習成果の総量を増やす
均質な集団では、交換する発想や知識に乏しい

#02 本時の学びの前提となる知識を事前に整える 2020/02/21 更新
学力差の解消より、学びの土台を揃えること
教室に入る前に持たせる、既習事項を学び直す機会
まとまった学び直しが必要なときは自主学習会
既習内容の理解と定着を確認する様々な機会
導入フェイズでは、発問を重ねて土台を再点検

#03 生徒同士の教え合い、手空きを埋める任意課題 2020/02/25 更新
早く完答できた生徒を先生役に
専門家である先生がベストティーチャーとは限らない
教えることを通した言語化と学びの深化
余力を残す生徒に挑ませる任意課題を用意
挑戦課題に取り組んだ生徒間で働かせたい相互啓発
上位生が自分で進める間に、遅れている生徒のケア

#04 タスクの分割、参照型教材の頻繁な利用 2020/02/26 更新
わからずに止まっている時間が差を広げる
スモールステップで進め、不明の発生を確実に捉える
躓きの大きさによって対処法を変える
タスクの分割で「観察とリカバーの機会」を確保
参照型副教材を頻繁に活用する習慣

#05 不用意に学びを止めると差が拡大&伸びを失う 2020/02/27 更新
個別にケアする間に、他の生徒の活動を止めない
指名した生徒に答えを板書させるときも
昔から馴染んだ方法も、効果と効率を疑ってみる
不用意な“待て”が、伸びるチャンスを奪う
先生が肩代わりしては、できることは増えない



アップデートに際しての追記:

学力差が知識量だけで生じるなら、習ったことをどれだけ覚えているかを測定するテストの結果を使ってクラスを分ければよいのですが、そうではありません。思考力、判断力、表現力も正しく測定し、点数に換算できるものでなければプレースメントテストとしては失格です。

あるテストの成績でクラスを分けたのに、次の定期考査では両クラスの成績やその伸びに有意差が生じていないようなら、クラス分けに用いたテストの妥当性も疑ってみる必要があります。

学力差には、結果学力としての「生きて働く知識・技能」の量と質に加え、その科目を学ぶことへの自分の理由(=学習意欲)の強さの影響もあれば、学び方(=学習方策)を身につけているかどうかの違いも含まれるはずです。

学ぶことへの自分の理由は、その科目が受験に必要という状況が与えるものだけではありません。頭に浮かんだ疑問を解き明かしたい、不明を解消したいという欲求こそが学びの根源的な理由であり、疑問を持たせ、不明に気づかせる働きかけにより、その時々で変わるもの。そうした働きかけをしないまま、ある生徒について「学ぶ意欲が弱い」と決めつけるべきではないと思います。

■関連記事:

  1. 学力向上感、得意・苦手に成績が及ぼす影響は?
  2. 不要な苦手意識を抱かせない
  3. 活動性が苦手意識を抑制する機能とその限界
  4. 解くべき課題で「何のために学んでいるか」を伝える
  5. 苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 教える技術#03 生徒主体の学習活動

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-02-25 05:10
  • 習熟度別クラスと考査共通問題

    Excerpt: 習熟度別にクラスを編成/展開する場合、考査問題を共通にするか、別にするかは悩みどころです。共通問題とした場合、上位で点差がつきにくくなったり、下位で低得点に集中したり何かと問題が生じます。別問題にする.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-25 05:36
  • 習熟度別クラスと考査共通問題 INDEX

    Excerpt: 一昨日、昨日と、代々木ゼミナール教育総研主催の教員研修セミナー「授業法研究ワンデイ特別セミナー」 で概説講義を担当いたしました。年度末のご多用の中、多くの先生方にご参加をいただきましたこと改めて御礼を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-30 06:37
  • 授業評価項目⑧ 負荷の調整は、段階性を踏んで

    Excerpt: 勉強に限らず、適正な負荷をかけることは、能力や資質を伸ばす上で欠かせない要素のひとつです。ある課題に対して正解を導けたとしても、何を乗り越えるでもなく楽々と達成している場合と、知恵と工夫を凝らしてよう.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-05-19 05:34
  • 授業評価項目⑩ 「得意」と答える生徒を増やす

    Excerpt: 同じ教材で同じ指導をしていても、得意・苦手の分布はクラスによって違うものです。得意寄りに分布が偏るクラスでは、より高度な課題を与えて達成感をより強固なものにする一方、苦手意識が優位なクラスでは苦手意識.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-05-21 06:00
  • 教える技術が学ぶ活動を支える

    Excerpt: 授業内活動を充実させること、学力向上感を高めたり、苦手意識の発生を抑制したりする効果があることは、以前の記事でもご照会した通りです。しかしながら、伝えるべきことをしっかり伝える“教える技術”の重要性に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-21 07:13
  • 難易度をどう考え、どのように調整するか #INDEX

    Excerpt: 教材や課題の難易度をどのように設定するかは、生徒の学力分布だけを見て決めるものではありません。同じ負荷をかけていても、生徒が感じている得意/苦手の意識や、授業を通じた学力伸長の手応えを把握しながら調整.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-10 05:23
  • クラス内での学力差にどう対処すべきか(記事更新12/6)

    Excerpt: どんなクラスでも学力差は存在します。たとえ、習熟度別にクラスを分けて展開授業を行っても学力差は残りますし、時間の経過ともに差が再び拡大していくのは多くの先生方が経験している通りだと思います。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-06 07:14
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その1)

    Excerpt: クラス内に生じた学力差を、クラスを分割することで小さく抑えようというのが、習熟度別クラスを導入するときの発想ですが、教える側では生徒の理解度に合わせた指導がしやすい反面、学ぶ側には様々な問題を引き起こ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-07 07:51
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その2)

    Excerpt: クラス内にある程度の学力差があった方がクラス全体での学習成果の総量は大きくなるとは言え、度を過ぎては弊害が大きくなるのもまた事実。日々の授業での成果を着実に積み上げ、新たな差を生み出さないようにしたい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-08 06:19
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その3)

    Excerpt: 授業の成立を難しくさせるのは、その科目の総合的な学力差よりも、新しく学ぶ単元の前提知識における差の大きさであり、事前に打つべき対策があるというのが、前稿でお伝えしたことです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-09 05:27
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その4)

    Excerpt: クラス内に学力差が生じているときは、躓きが起こる箇所の違いが大きくなるということです。学びは前段の理解を土台の上に積み上げるものですから、理解が形成できているか頻繁に把握することと、躓きからのリカバリ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-12 06:56
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その5)

    Excerpt: 学力差からうける悪影響をできるだけ小さくするため工夫には、本時の学びの前提となる知識を事前に整える生徒同士の教え合いの利用、手空き時間を埋める任意課題タスクの分割/スモールステップ化、参照型教材の頻繁.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-13 07:50
  • 学力差、苦手意識、負荷調整

    Excerpt: 1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法1.0 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(序) 1.1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その1) 1.2 クラス内で生じた学力・学欲差への対.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-26 04:46
  • ひとつの課題から複線的なハードルを作る

    Excerpt: クラス内の学力差は、大きくなることはあっても、なかなか縮まることはありません。「どのレベルに合せて授業をすれば良いのか」というお悩みは、多くの先生に共通するものでしょう。授業の進め方以外にも、どんな課.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-06 06:10
  • 参照型教材を徹底して使い倒す#INDEX

    Excerpt: 知識の拡充に先走らず、教科書ベースで理解の軸をじっくり作りつつ、参照型教材を導入期から常に手元に置かせ頻繁に参照させることで必要な知識もがっちり固めて行きましょう。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-12 07:19