現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 教科間で行う、課題量の把握と調整

<<   作成日時 : 2015/01/07 05:36   >>

トラックバック 6 / コメント 0

家庭学習時間にきちんと取り組ませるため、各教科が与える課題の量を、学年内で把握・調整している学校があります。生徒が自分で課題を見つけ、予習・復習を含めて自律的・計画的に学習を進められるのが理想ですが、その段階に至る前の生徒には支援が必要です。

もっとも有効な支援策の一つは、教える側がしっかりとコントロールして行う課題の付与(予習・復習の指示を含みます)であろうと思います。

学習機会としての模試受験から再掲
画像

学習方策やタイムマネジメントを身につけさせるには、学習法ガイダンスなどでモデルを示す必要がありますが、これだけでは「守破離」の入り口に立たせただけです。

生徒一人ひとりが自分なりのスタイルを築くには、実践の中での試行錯誤を重ねさせる必要があります。やり方のモデルを示したら、しっかりと課題を与えて実践に向かわせましょう。


❏ 調整は「減らすこと」 に止まらない

調整という言葉から、与える予定だった課題を引っ込めるようなイメージをお持ちになるかもしれませんが、調整は、必ずしも減らすことだけを意味しません。増やすべき局面だってあります。

・課題量を減らす方向で調整する局面

各教科担当が与えた課題は「必要」として判断したものですから、履行率を高く保持しないことには与えた意味が失われます。「与えられた課題を一人ひとりの生徒がきちんとやり切ることができる状態を整える」ことが、学年内で課題量の調整を行うことの第一の目的です。

宿題量が多すぎて、生徒がどう時間をやりくりしても間に合わないというなら、やはり過剰な分を減らす調整が必要です。じっくりと取り組めば大きな効果が期待できる課題も、生徒が間に合わせることを優先して、いい加減に片づけているようなら、その意味は大きく薄れていることになります。

・増やす方向で調整すべき局面

しかしながら、学習生活調査の結果を見る限り、睡眠を削ったり、部活動との両立ができなくなったりするほど勉強に時間を取られているケースば、それほど多くなさそうです。

むしろ余した時間を無為に過ごしていることのほうが多いのではないでしょうか。毎日SNSに何時間も費やしているようなら、きっちり課題を与えて机に向かわせましょう。

人は勉強した部分にしか「認知の網」を張れません。クランボルトが言うところの「偶然の出会い」が明日訪れても、今日やるべき勉強を先延ばしにした生徒は、その偶然の到来に気づくことすらないでしょう。また、自分のキャリアを決めるような偶然に出会ったとしても、その段階でそれを受け止めて自分のものにするだけの力が身に付いていなければ、ただ見送るだけです。



今できることに取り組まず先延ばしにすることが、偶然との出会いを遠ざけてしまいます。また、自己管理やタイムマネジメントを身につけることなく卒業したら、苦労するのは生徒本人ではないでしょうか。生徒が「忙しい」と言っている時こそ、知恵を磨かせるチャンスです。


その2に続く


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コラムのタイトル一覧: 2015-01-18更新
センター試験も終わり、いよいよ受験シーズン突入です。生徒の皆さんが、それぞれの進路希望を叶えて次の一歩を踏み出されることをお祈りいたします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/01/18 10:54
授業改善に向けた教員協働
【テーマ別記事インデックス】 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/02/10 04:44
与えるべき課題はどんなもの #INDEX
3学期制の学校では、それろそろ期末テスト。生徒にとっても自分の頑張りが数字になる場面ですが、先生方にとっても、指導の成果を測る貴重な機会ですね。様々な工夫を凝らして授業を行い、副教材も含めてできる限りの勉強をさせたはず・・・。それでも、答案を採点していると、「あれっ、直近で勉強したことばかりなのに・・・」 ということはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/06/25 04:28
教科間で行う、課題量の把握と調整 #INDEX
家庭学習時間にきちんと取り組ませるため、各教科が与える課題の量を、学年内で把握・調整することも必要です。受験期を迎えて志望がはっきりして来たら、生徒は自分の得意・苦手と照らし合わせて課題を選びますが、それまでは、予習・復習を含めて先生がコントロールする課題に取り組むことによって、授業外学習を進めていきます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/09/10 07:50
予習・復習、課題のあり方
1 予習・復習で何をさせるか1.0 予習・復習で何をさせるか(序) 1.1 予習・復習で何をさせるか 1.2 予習・復習で何をさせるか(その2) 1.3 予習・復習で何をさせるか(その3) 1.4 予習・復習で何をさせるか(その4) 2 与えるべき課題はどんなもの2.0 与えるべき課題はどんなもの(序) 2.1 与えるべき課題はどんなもの?(その1) 2.2 与えるべき課題はどんなもの?(その2) 2.3 与えるべき課題はどんなもの?(その3) 宿題をやってこない生徒... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/22 07:49
学習機会としての模試受験(その2)〜計画させる
模擬試験に向けた「学び直し計画(仕上げさせる)」で大切にしたいことのひとつは「やるべきことを生徒自身の判断で選びださせる」ことです。教員側から課題を指定し履行させるだけでは、効果的で実行可能性を備えた計画を立てるトレーニングになりません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/05 05:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
教科間で行う、課題量の把握と調整 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる