現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 選択した結果に向き合う

<<   作成日時 : 2015/02/16 07:32   >>

トラックバック 7 / コメント 0

受検シーズンも後半戦。いよいよ旅立ちが近づいていきました。生徒や学生が、自ら選択した進路に新たな一歩を踏み出す季節です。「おめでとう、頑張って」と温かく送り出してあげたいものですが、高校や大学の卒業生アンケートの結果を拝見していると、気になるデータも…。

生徒が自分で選択した結果に向き合うことをテーマに、感じるところをまとめてみたいと思います。


❏ 決定先進路を候補として認識したのはいつか

決定先進路が自分の中の候補リストに加わった時期、つまり志望順位に関わらずその大学や企業を現実的な選択肢として認識した時期がいつであったかによって、決定先進路への満足度に違いが見られます。

卒業前年の夏前をピークに、その時期が遅くなればなるほど、「決定した進路に満足していますか」 という質問にYESと言い切れる生徒/学生が減り、「どちらかと言えば」 という但し書きがついた肯定、あるいは「どちらとも言えない」 を答えに選ぶ割合が増える傾向があります。

早い時期から候補に挙がっていたということは、志望順位そのものが上位であったはずなので、如上の傾向も当たり前と言えば当たり前。

自分の希望をしっかり作り、その実現に一定以上の期間にわたって努力を続けていく中で、決定先進路への帰属意識(「ここが自分の場所」とい気持ち)を高めてきたものと思われます。


❏ そこにいる自分に何ができるか、もう一度考える

逆に候補リストに加える時期が遅くなったのは、別の興味を見出して舵を切り直したというケースもあるでしょうが、志望順位で上位に置いていた希望が実現困難な状況になっての「転進」 だって少なくないはずです。

諦めたものへの憧憬が、手に入ったものの価値を低く見せるのかもしれません。自分が選んだ進路(の候補)に向き合う期間が短く、「そこにいる自分」 を気持ちの中で消化しきれていない可能性もあります。「決定した進路の中で、自分は何ができるのか」 をもう一度しっかりと考える場を作らせましょう。


❏ 早すぎる場合も、満足度は下がる傾向

一方、不思議なことに、早すぎる時期から志望を決めていた生徒/学生に、決定先進路への迷いが見られるケースも少なくありません。進路希望の実現にまい進してきたはずなのに、・・・。

自分の可能性を広く見つめ直すことなく、早々に「現実的な進路」を決め込んでしまったのかもしれません。

迷いながら自分の未来をあれこれ探す努力を重ねる友達の姿を周囲に見る中、「本当にこれで良かったのか」 「もっと考えた方がよかったのでは」 という思いが膨らんできたという趣旨のコメントが、アンケートの中に少なからず見つかります。

ものすごい努力を重ねて最難関を突破した生徒/学生であっても、決定先進路への不満や自分が辿ってきた進路決定までのプロセスへの後悔を、アンケートに残していることがあります。

探っていない可能性を残したことに悔いを感じている様子が、理由記述から窺われます。進路が決まり、心に余裕が生まれて後ろを振り返ってみたら、めくっていないカードがたくさん残っていた、ということかもしれません。


❏ 自らの選択結果に向き合う必要

とは言え、ああすればよかった、こうすればよかったと悔いてばかりいては、これから出会う「キャリアの80%を決める偶然」を存分に楽しむことはできません。

進路先が決定したとはいえ、生涯を通して積み上げていくキャリアの中ではスタートラインに立ったかどうかの段階。今の段階で決定したものは、過去の自分が選んだものですが、これから歩く広々とした世界への入り口に過ぎません。

卒業生を送り出す“おめでとう”に添えて、「現実は、あなたが考える以上の選択肢を提供しているかもしれない」(クランボルツ)と伝えてあげてみてください。

「ぐらぐらしている生徒には、志望理由書を改めて書かせる宿題を卒業式までに提出させる」 という先生もいらっしゃいました。

決定した進路の中には、たくさんの「予期しない偶然との出会い」が待っています。それを活かしきれるかどうかは、今後の自分次第。もし、不満や後悔から「転進」 が頭によぎるようなことがあったら、「めくっていないカードが手元に残っていないか」 をしっかり見渡すことが第一の選択肢であるはずです



関連記事はこちらから:
【テーマ別記事インデックス】 指導計画&進路指導


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
指導計画&進路指導
【テーマ別記事インデックス】 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/02/16 07:42
ゴールを決めて最短距離?(その3)
将来やりたいことが見つからないことを悩みにしている高校生は少なくありません。「あらかじめ正解が用意されているはずであり、それが自分には見つからない」という発想が悪循環の源です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/03/02 17:08
ゴールを決めて最短距離?
クランボルツの「計画的偶発性理論」やデューク大学での「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」という研究を見ると、将来の夢を決め込んでまっしぐらにという進路決定の手法にはリスクが伴うことがわかります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/03/03 05:39
推薦入試を利用させる条件
多くの学校では文化祭も終わり、3年生は本格的な受験体制に入ったことかと存じます。夏休みにしっかりと力をつけて第一志望の実現に走り出した生徒ばかりなら良いのですが、中には、成績の伸びが感じられずに、推薦入試に狙いを変えようとしている生徒もいるかもしれません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/09/17 06:00
目的意識/自分の理由をどう作らせるか(その2)
学ぶことへの自分の理由を持っているというのは、言うは易く実現は中々たいへんです。「こうありたい」 という目標状態を明確に認識していることと、それを他人からのお仕着せでなく自分のものとして向き合っていることの2つを条件として同時に満たさなければなりません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/12/11 07:29
進路希望の具体化と実現へ
選択の機会に備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 早すぎる選択は視野と可能性を狭める2.0 進路を意識させるタイミング(序) 2.1 進路を意識させるタイミング(その1) 2.2 進路を意識させるタイミング(その2) 3 面談指導を成功させる3.1 面談指導を成功させる(その1) 3.2 面談指導を成功させる(その2) 3.3 面談指導を成功させる(その3) 3.4 面談指導を成功させる(その4)... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/13 05:59
受験期は、またとない成長の好機
生徒にとって受験期は、自分の希望を叶えるためとはいえ、大なり小なりの不安を抱えつつ他のことを脇に置いて頑張る時期ですから、確かにつらさやストレスを感じる日々かもしれませんが、背伸びをして、自分を成長させる/自分の可能性を広げること頑張る中で、周囲との関係を感謝の気持ちで捉え直することなど、この期間を通してこそ得られるものは小さくないはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/30 07:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
選択した結果に向き合う 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる