現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS アンケートで探る“学ぶ側の認識” #INDEX

<<   作成日時 : 2019/02/07 07:07   >>

トラックバック 7 / コメント 0

学習評価は、個々の生徒の現状を正しく捉えゴールに導く方策を考えるにも、これまでの指導の成果を検証し、改善に向けた課題を形成するにも欠かせないものです。学習評価は多面的に行う必要があり、などを上手に組みあわせて活用しなければなりません。

どの評価/調査方法も万能ではなく、それぞれがカバーする範囲が異なります。ひとつのツールだけ整えてみたところで、多面的で総合的な学習評価はできません。各々の役割や長所・短所を理解した上で、3つを適切に組み合わせるのが「最適解」です。



2015/02/25 公開の記事をアップデートしました。


#01 学習評価は多様なツールを組み合わせて多面的・総合的に
テストが測るのは解内在型の課題に対する解決力
パフォーマンス評価、ポートフォリオ評価
生徒の認識は面談法や調査紙法で確かめる
きちんとしたアンケートの実施と活用の重要性
インタビューとアンケートは場面や用途で使い分け

#02 授業評価アンケートにおける目的変数は学力向上感
実際の成績以上に影響が大きい学力向上感
伸びている実感が、挑む意欲を支える
展望の描けないところに、頑張る理由は見つけにくい
教える側との認識の違い〜訊いてみなければ把握不能
訊いて確かめておくべきことは、他にもある

#03 アンケートの結果に照らしながら、指導の改善を図る
反応を探りながら様々な方法を試し、最適解を見つける
小テストの余白を使ったミニアンケートの導入例
新しい方法を試しているときこそ、こまめに調査
様々な方法を試しつつ、アンケートの結果を突き合わせる
好ましい資質や姿勢の獲得に関する自己認識を質す


■関連記事
  1. 授業評価アンケートを行うときの最小要件
  2. 授業評価アンケート〜正しい活用と質問設計
  3. 授業のこと以外にも尋ねておくべき“生徒の意識”

  4. また、進路希望を作る指導において生徒が選択のプロセスを正しく辿っているかを確かめたり、学校改革に取り組む中で第一のステークホルダーたる生徒の理解と共感を正しく得られているかを確かめるためにも、アンケートは上手に活用したいものです。

  5. 進路希望を調べるときは、前段階の確認も併せて
  6. 学校評価アンケートをどう活用するか



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


授業評価&生徒意識アンケート

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
授業評価アンケート〜質問設計再考
目標までの差分を明らかにすることで、はじめて次に何をすべきかが特定できます。改善に向けてどんな一歩を出せば良いかの判断の土台です。また以前の状態と比べて見ることで、これまでの改善行動がどのような成果を収めたのかを把握することも可能になります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/05/07 07:19
学習のほかにも尋ねておくべき生徒の意識
授業評価アンケートについて、座学・講義系 と 実習・実技系 とに分けてそれぞれの評価項目と質問文を考えてきました。繰り返しになりますが、質問文は学習指導を実践するうえで実現を目指すべき状態をイメージして文章にしたもの(=評価規準)です。その集計結果は、目標までの距離を以って授業改善の課題形成に、また前回までとの比較から改善行動の効果測定に活用することができます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/06/04 05:09
学級経営、生徒意識の把握
1 授業評価アンケートと同時に行う調査1.1 学級経営を定量的にとらえて知見の共有を 1.2 授業のこと以外にも尋ねておくべき“生徒の意識” 2 アンケートで探る“学ぶ側の認識” 2.0 アンケートで探る“学ぶ側の認識” (序) 2.1 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その1) 2.2 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その2) 2.3 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その3) 2.4 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その4) 3 学級経営に関する評価項目3.1 生徒意... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/20 07:09
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その2)
模擬試験の成績などでも観測できる結果学力(知識・技能、思考力・判断力・表現力)の伸びと、授業評価アンケートなどの集計に現れる学習者側での伸びの実感(学力向上感)とは別物で、両者が一致しないこともしばしばですが、進路希望の実現を目指す意欲と行動を継続できるかどうかは、前者より後者にかかっているようです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/05 07:51
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その3)
生徒が学習活動の中で経験してきたことは一人ひとり違います。学習履歴の違いは説明や指示に対する受け止め方の違いを生み出すため、個人レベルでも集団レベルでも、同じ指導に対しても異なる反応が返ってくる/異なる結果が生じるのは当然です。学ぶ側の認識が教える側の想定は往々にして一致しないことを念頭に、学ぶ側の認識を丁寧に探り、両者の認識の乖離を最小限に止めるようにすることが大切です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/06 08:00
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その1)
学習指導が所期の成果を上げているかどうか正しく評価するには、学習の成果として形成された知識・技能、思考力・判断力・表現力を測定する「テスト」や、活動そのものをルーブリックなどの基準に当てはめて行う「パフォーマンス評価」に加えて、学習者の認識そのものを把握するための「アンケート調査」や「面談調査」なども欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/07 07:09
生徒による授業評価
1 授業評価アンケート〜正しい活用と質問設計1.0 授業評価アンケート〜正しい活用と質問設計 1.1 講義・座学系の授業評価項目・質問文 1.2 実習・実技系の授業評価項目・質問文 1.3 授業以外について尋ねておくべき生徒の意識 1.4 授業評価アンケートの質問設計〜まとめと追記 1.5 授業評価アンケートを行うときの最小要件 2 アンケートで探る“学ぶ側の認識”2.0 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(序) NEW! 2.1 学習評価は多様なツールを組み合わせて多面的・総... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/08 07:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アンケートで探る“学ぶ側の認識” #INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる