現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 探究型学習を使った進路指導 #INDEX

<<   作成日時 : 2015/03/20 06:24   >>

トラックバック 21 / コメント 0

探究型学習を通して、深めてみたいと思える興味や、自ら関わりを持ちたいと思える社会の課題を見つけ、それを起点にして具体的な進路希望を作っていく生徒がいます。

あるテーマを広く調べ、考察を深めていく中で、上級学校に進んで本格的に学んでみたいと思えることを見つける可能性は低くないはずです。

カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ」に書いた通り、職業をターゲットにして逆算的に作ったルートに乗せる指導には、もはや限界が見えてきているように感じます。

キャリア教育を補完する、あるいはその一部を置き換えるものとして、探究型学習の可能性は大きく広がっているのではないでしょうか。

本シリーズは、公開後3年を経て、2018年2月に全編をリライトいたしました。今一度ご高覧をいただければ幸甚に存じます。

  1. 探究型学習を使った進路指導(その1)
    職業をターゲットにするのはリスクが大きい
    一般入試でも志望理由が問われる時代へ
    進路意識を作る機会としての探究型学習の可能性
    探究型学習と進路指導・キャリア教育の一体化

  2. 探究型学習を使った進路指導(その2)
    なぜこのテーマを選んだのか?
    他人ごとではない「自分の問題」としてのテーマを
    テーマ選びは、過去の学習・経験を振り返ることから
    テーマ探しのきっかけ作りが指導者の役割
    テーマ設定の数か月前には準備に着手させる
    アタマだけでなく手も動かさせる

  3. 探究型学習を使った進路指導(その3)
    気になったことで100のマスを埋めさせる
    簡潔で、役に立つメモの取り方を学ばせる
    常に用紙を持たせて、気づいたことはその場でメモに
    進み具合を確かめながら、情報を集める方法を学ばせる
    分類・整理を通して、潜在的な興味の所在を探る

  4. 探究型学習を使った進路指導(その4)
    インターネット上で論文を検索
    テーマ選びの過程で経験したことが後にも活きる
    社会が取り組む課題、研究者が抱く興味に触れてみて
    論文を通じて、学部・学科の中身を覗く
    企業の活動や地域社会が取り組む課題にも

  5. 探究型学習を使った進路指導(その5)
    指導の負担は大きいが、それに勝る効果がある
    優れた成果を残した生徒の足跡と、そこでの指導を共有
    指導の記憶を共有して、成否の違いを探る
    外から導入する指導法+校内で蓄積された知見
    指導法を考える前に、評価方法の定立を

  6. 社会が取り組む課題を軸にした学部・学科研究
    大学の"商品"ラインアップを延々と紹介されても…
    社会が抱える課題に各学科がどうチャレンジしているか
    学びの先の広がりと、社会との接点を知る機会
    校内での進路指導にも応用できる方法
    行動してみることで偶然との出会いが増える

■関連記事




全編リライト(2018-02-09 UP!)に際しての追記:

科学技術の進歩が加速し、社会の変化がますます激しさを増す中、将来の職業を選んでそこまでの最短ルートを探すという進路選択の戦略は採りにくくなりました。

下手をすると、袋小路に自ら飛び込むリスクを招き寄せます。

そもそも、高校生にとって自分の将来をひとつ選び出すのは容易ではありません。目標が決められないからこそ多くが悩んでいるわけです。

しばしば採られる「頑張らせるために目標を決めさせる」という戦法には、目標が決まるまで頑張れないというジレンマもあります。

鶏と卵にならないよう、ゴールを決めるところから始めるという発想を離れ、別の入り口を考える必要があるのではないでしょうか。

高大接続改革では、推薦・AO入試だけではなく一般入試でも志望理由が合否判定の材料となり、総合的な学習の時間などにおける生徒の探究的な学習の成果に関する資料の提出も求められることになりそうです。

これらについて考えるところは、以下の記事にまとめてあります。もしお時間が許すようなら、併せてご高覧いただければ光栄です。

進路指導/キャリア教育と探究型学習を、一体のものとして設計・運用していくことに期待される大きな効果とその必要性を感じたことから3年前に"探究型学習を使った進路指導"という記事を起こしました。

いよいよ、高大接続改革入試に最初に挑む生徒が入学してくるときを迎えます。この機に改めて真剣に考えてみなければならない課題です。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学ぶことへの自分の理由
教員側での「教える理由」と、生徒の側での「学ぶ理由」は必ずしも一致しません。授業評価アンケートで以下の2つの質問への回答は、ある程度の関連があるものの、数値化して算出した相関係数は0.48にとどまりました。 【目標提示】この授業の目的や取り組み方について、先生から事前に具体的な説明があった。【目的意識】 あなたは、自分なりの課題や目的意識をもってこの授業に取り組んでいる。 生徒には、生徒なりの興味や関心があり、各教科担当の先生が思い描く学びの意義を、生徒そのまま伝えきるのは容易ではなさ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/09/14 07:32
中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」
中高一貫校では、6年間という長い指導期間を活かして探求型学習プログラムの整備が比較的進んでいます。これに対して指導期間が3年(実質的には2年半)しかない高校では、本格的なプログラムを組み込むには時間的な制約が大きいようです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/02/23 06:16
カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ
「キャリア教育の充実」 という言葉があちらこちらで聞かれますが、職業調べ、職場体験などを起点に行うことが多く、そのやり方に少々疑問を感じています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/06/10 06:25
興味が生まれる瞬間を体験させる
生徒が主体的に意欲をもって学習に取り組むのは、「学ぶことへの自分の理由」 を持ったとき。将来の夢があってその実現を図りたいという気持ちも理由の一つでしょうが、そうした外にあるものとは別に、「興味という形で内から生まれる学びへの欲求」 こそが大切にすべきものではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/09 07:57
教育課程・カリキュラム
【テーマ別記事インデックス】 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/23 05:08
探究活動や課題研究と成果発表会(まとめと追記)
課題研究や探究活動が、学校の教育活動の中に根付き、確固たる地位を得て、先輩から後輩に引き継がれていくものが生まれたら、それば学校の文化のひとつだと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/11 05:49
学びの重なりを上手に利用する
昨日の記事で申し上げた通り、教科固有の知識や技能を学ぶことはそれ自体が「目的」ではなく、学び方・考え方を身につけるための「手段」 であるという捉え方が必要と考えます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/13 07:50
PPDACサイクルを用いた課題研究#INDEX
高校生にとって課題研究などの探究活動は、新たな知を生成する方法を学ぶ場でもあり、また大学に進んで学んでみたいことを見つけ、さらにはその先に社会との接点を見出す進路意識形成にも繋がります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/11/10 07:03
探究活動、課題研究
1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 PPDACサイクルを用いた課題研究(その1) 1.3 PPDACサイクルを用いた課題研究(その2) 1.4 『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで 1.5 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」 2 探究型学習がつなぐ各教科の学び(合教科・科目型学力)2.1 探究を軸に教科の学びをつなぐ 2.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 2.3 総合的な探究の時間 2.4 学習指導・... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/29 05:01
進路意識形成を支える指導
1 興味を追いかけ、しなやかに選択を重ねる1.1 キャリアは選ぶものではなく重ねるもの 1.2 カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ 2 進路指導で育む“選択の力”2.1 進路指導で育む“選択の力”(その1) 2.2 進路指導で育む“選択の力” (その2) ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/12 07:31
起業家教育について考えるところ
起業家教育という言葉を耳にするようになってだいぶ経ちました。試しに、「起業家教育&高校」 で検索してみたら55万件もヒットしました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/17 10:18
卒業後に燃え尽きさせないために
進路希望の実現に向けて頑張ってきた生徒には、進学先でも大いに頑張って充実した日々を過ごしてほしいところですが、様々な統計を見ると、学業不振や学校生活不適応で苦しんでいる学生も少なくないようです。原因を切り分けることで、どんな予防策があり得るのか考えてみたいと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/30 07:41
学部・学科調べに学問探究という入り口を
昨日の記事で、進路希望を調べるときは、前段階の確認も併せて行うことが大事だと書きましたが、大学を選ぶのが先か、学部・学科を選ぶのが先かと言えば、当然ながら、後者が正解ですよね。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/11 05:24
進路希望を作るまでの活動を確かめる#INDEX
生徒一人ひとりの進路希望を把握することは大切ですが、それ以上に着目すべきは、進路意識を形成し、進路希望を具体化するまでに生徒一人ひとりが踏むべきプロセスをきちんと踏んでいるかどうかを確かめることではないでしょうか。自らの選択の結果に向き合える状態に生徒を導く上で欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/13 06:13
高大接続改革で注目される「探究活動」と「行動評価」
先週16日に検討・準備体制などが発表された「大学入学共通テスト(仮称)」 では、英語の外部検定利用や国語と数学の記述式問題などが話題になっていますが、「第1回、第2回モニター調査実施結果の概要について」 や文科省HPで公開された「高大接続改革の進捗状況について」 なども注目箇所があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/23 06:21
探究型学習を使った進路指導(その1)
探究型学習を通して、興味を持てる学問・研究や社会の取り組みを見つけ、そこから具体的な進路希望を作っていく生徒がいます。テーマに沿って広く調べ、考察を深めていく中で、学んでみたいこと研究してみたいことを見つける可能性は低くないはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 21:35
探究型学習を使った進路指導(その2)
探究型学習が、キャリア教育の一部をなし得ること、進路指導との一体化を進める必要があることを前稿で申し上げました。しかし、探究型学習にも現場レベルでは様々な課題を抱えているようです。意欲的な取り組みが多々見られる一方、その方法には最適解が確立/共有されていないことがその一つです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 21:35
探究型学習を使った進路指導(その3)
課題研究などのテーマを決めさせる前段階の指導が大切であるというのが、前稿の主旨です。その生徒が過去に行った研究や学習が、次のテーマに直結したり、きっかけにできたりすれば、対象への関わりを深めていけますが、それに拘るだけでは広がりはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 21:36
探究型学習を使った進路指導(その4)
探究型学習が、進路意識を形成する指導に大きな役割を果たし得る可能性があります。その手順として、探究型学習のテーマ選びの向かわせる指導について考えたのが前稿です。テーマ選択を念頭に、一定期間を掛けて気になったことをメモに残し、その整理・分類を通して潜在的な興味の所在を探らせ、それを起点に論文検索を通じて、発想を広げていくという手順をご提案しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 21:37
探究型学習を使った進路指導(その5)
別稿「評価方法の再整備〜高大接続答申から」 でも述べた通り、生徒を導き、成長させるためには評価が欠かせません。学力の3要素のうち、探究型学習プログラムで養うのが効果的な力についても同様です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/29 21:38
教科学習指導と探究活動の重ね合わせ
探究活動にしっかり取り組ませるには様々な土台が必要です。探究の方策を学ばせる機会も作らなければなりませんし、「読んで理解したことを元に考える力」や「質問を立てる力」も育まなければなりません。これらを探究活動にあてた僅かな指導時間で完結させるのは困難です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/14 07:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
探究型学習を使った進路指導 #INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる