習熟度別クラスと考査共通問題 INDEX

一昨日、昨日と、代々木ゼミナール教育総研主催の教員研修セミナー「授業法研究ワンデイ特別セミナー」 で概説講義を担当いたしました。年度末のご多用の中、多くの先生方にご参加をいただきましたこと改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。



さて、概説講義のテーマに取り上げたのは、「学力差を活かした指導授業~積極的な学習参加を促すために~」 です。

その中で講義内容の一部と関連して、習熟度別クラスでの定期考査のあり方についても触れました。

習熟度別にクラスを編成した場合も、進度差を設けずに、全クラス共通問題で考査を実施した方が、評定の公平性だけでなく、様々なメリットが得られます。

考査問題の大問構成においては、「知識・技能」 を中心としたAパート、「思考・表現」 を中心としたBパートの2階建ての形式を採ることをご提案させていただきました。

基礎や標準のクラスでは、Aパートでの〇割の得点を必達目標とし、発展クラスではAパートでの高得点は当然として、Bパートでどれだけ得点を重ねられるかに挑ませる、という発想です。

併せて、関連記事である、「クラス内で生じた学力・学欲差への対処法」 もお時間のある時にご高覧いただければ幸いです。


先週後半に公開したシリーズ、「習熟度別クラスと考査共通問題」 の章立て一覧です。目次代わりにご利用ください。

#01
 進度差は設けるべきか
 進め方ではなく、深め方で差をつける
 習熟度の不足を補うのは「集団知」
#02
 共通問題にする理由
 相互の目で、考査の妥当性を高める
 共通したモノサシで「優良実践」を見つける
 内部の優良差分にこそ学ぶべきものがある
#03
 考査問題を2部構成に
 パートを分けることで、指導上の改善課題を発見しやすく
 目標管理に「平均点」はNG


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 教育課程・カリキュラム

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-03-30 06:46
  • 考査問題の改善が授業も変える#INDEX

    Excerpt: 教える側の頭の中には、学力観というものがあります。普段は意識することがなかったとしても、授業の進め方、テスト問題の作り方には、それがはっきりと現れます。見方を変えれば、 学力観が背景要因となって、「.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-11-19 07:15
  • アクセス数上位のブログ記事

    Excerpt: 新年、あけましておめでとうございます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-01-04 07:29
  • 学力差、苦手意識、負荷調整

    Excerpt: 1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法1.0 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(序) 1.1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その1) 1.2 クラス内で生じた学力・学欲差への対.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-26 04:47