現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 予習の目的と課すべきタスクの考え方

<<   作成日時 : 2018/10/24 06:40   >>

トラックバック 2 / コメント 0

新学期の授業開きで生徒に求めた予習や復習への取り組み方を、生徒はどのくらい身につけているでしょうか。また、その指示に従った生徒は学力と学習意欲を向上させているでしょうか。ノートチェックや小テストで履行を促したところで、「取り組んだことの成果」を生徒が実感できなければ、教える側の思いを押し付けただけになってしまいます。

2015/04/14 に公開した記事をアップデートしました。


❏ 新しい学力観にそった学ばせ方・予復習の方法へ

教室を訪ねて授業を拝見するとき、場の空気が許せばですが、生徒に声をかけて「どんな予習をしてきた?」「前回の復習は何をしたの?」と聞いてみることにしています。

高大接続改革や新学習指導要領への切り替えにあたり、学力観がガラッと更新されていますが、生徒の予習や復習の内容は以前とあまり変わっていないこともしばしばです。

学力観が更新されれば、学ばせ方は違ってきて当然ですし、その変化に伴って予習や復習も変わってくるはずです。

予復習で何を課すのが合理的かは、実際に行われている授業のデザインとのマッチングで決まりますので、昔ながらのやり方で支障がないということは、学ばせ方の更新がなされていないのかもしれません。

先生方が中高生の時にご自身で行っていた方法(大抵の場合、今教えている科目は中高時代に得意だったはずなので、「うまく行った方法」と言い換えても良いかもしれません)で学ばせることが現代の要請に合っているのか、一度は疑ってみても良いのではないでしょうか。


❏ 予習は、授業で学んだ方法を試して身につける場

授業では、各教科の固有の知識・技能を獲得させるのと同時に、学び方そのものも学ばせています。学ばせた学び方は、生徒自身が実地に行ってこそ習熟が図れますし、生徒自身の工夫も生まれます。

授業を通じて教えた学び方は、予復習という場を通して、生徒自身が先生の直接的な指導から離れて行うように仕向けない限り、自分のものにしていけないということです。

特に予習は、それまでに学んできた取り組み方/学び方を適用するには最適な場です。初見の教材を対象に行うものですから、知っている方法をどう適用するか考えるには絶好機。これを逃す手はありません。

例えば、ある授業で、論説文を題材に頻出語句や接続をマークアップして文脈を把握する方法を教えたとしましょう。

せっかく教えたのですから、次からの授業でその方法を適用すべき場面があれば、教え直すのではなく、予習段階で生徒自身にやらせてみて出来るようになっているか確かめるべきです。


❏ 予習に課すことができる様々なタスクと事前指導

昔からよくある予習のタスクに「教科書を読んで知らない語句があったら調べておく」というものがあります。

単純な作業に見えるかもしれませんが、本文を見て構造から品詞を特定したり連語関係を見抜いたりすることも前提として求められますので、そうした知識と方法を授業内で学ばせておく必要があります。

また、「知っているつもり」でも、文脈に合った意味を特定できなければ、調べたことが本文理解には役立ちません。語義を特定する思考の手順にも、授業の中で予め習熟させておく必要があるということです。

一方、生徒には無理だから課さないと仰る先生もおられる「例題の解説を読んで類題と練習問題を解いてくる」といったタスクも本当に無理なのでしょうか。

例題の解説をきちんと読ませ、正しく理解できているか類題を解くことで確認する練習を授業で積ませておけば、無理ではなくなります。

本文を読んでポイントとなる箇所を探して設問に仕立てるといった高度な活動だって、事前の練習しだいでは十分に可能です。

どんな予習/授業準備をできるようにさせたいかをイメージし、授業を通してそのレディネスを整えていくという発想が必要です。


❏ 教えた方法を正しく適用できたか、きちんと点検

予習へのレディネスを整える指導を積み上げながら、生徒がどこまでできるようになったか、実際にやらせてみながら確かめていきましょう。

授業時間を少し割き、課題を与えてその場で予習をさせ、その様子を観察すれば、見極めはそう難しくないはずです。

イケると踏んで、授業内でやらせていたことを予習のタスクに切り替えたら、きちんとできているか観察を怠らないようにしましょう。

ノート点検で予習の様子を確かめるのも結構ですが、「履行管理」の色合いが強く出がちなので、教室での発問などで、予習段階でどのくらい頭を使ってきたかを確かめる方が好適かと存じます。

予習の方法や課題への取り組み方を知識として伝えたとしても、生徒がその方法を理解して自在に使いこなせるようにならなければ、指導者としての責を果たしたことにはなりません。


❏ 指定した方法は学力や学欲の向上に寄与しているか

冒頭にも書きましたが、「指示した方法での予習が習慣として確立した生徒」には、学力や学びの意欲に好ましい変化が現れなければ、求めた方法が好ましくない可能性があります。

授業での学ばせ方と、その授業への準備のさせた方がうまくマッチングすれば、授業での学びも深まり、学び終えての成果(仕上げの課題の出来栄えや、長期的に見れば成績なども)に向上が見られるはずです。

予習をきちんとやっている生徒と、そうでない生徒を分けて、パフォーマンスを比較できるように評価の仕組みを整える必要もありそうです。

しっかり取り組んだことで学びの成果を実感すれば、取り組むことへの意義を生徒は実感しますし、達成感の積み上げの中で予習そのものへのモチベーションも向上するはずです。

また、作業ばかりのタスクより、頭を使って工夫する「知的なタスク」の方が、生徒のやる気を刺激するのは言うまでもありません。

前述の「教科書の問いを立てること」や「自力で理解した方法で問題を解くこと」はそうした要件を満たしてくれるものだと思います。その段階までいかに早く導けるかが問われるのではないでしょうか。

その2に続く

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
予習・復習で何をさせるか #INDEX
生徒に取り組ませる予習は、前回までの授業で教えたことを実地に練習させる機会です。せっかく方法を教えたのに、次の授業でもその次の授業でもまた、先生が肩代わりしてしまっているようでは、生徒がその方法に習熟する機会を奪ってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/04/20 05:52
予習・復習、課題のあり方
1 予習・復習で何をさせるか1.0 予習・復習で何をさせるか(序) 1.1 予習・復習で何をさせるか 1.2 予習・復習で何をさせるか(その2) 1.3 予習・復習で何をさせるか(その3) 1.4 予習・復習で何をさせるか(その4) 2 与えるべき課題はどんなもの2.0 与えるべき課題はどんなもの(序) 2.1 与えるべき課題はどんなもの?(その1) 2.2 与えるべき課題はどんなもの?(その2) 2.3 与えるべき課題はどんなもの?(その3) 宿題をやってこない生徒... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/22 07:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
予習の目的と課すべきタスクの考え方 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる