現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 予習・復習で何をさせるか〜目的とタスクのデザイン

<<   作成日時 : 2018/10/23 05:52   >>

トラックバック 10 / コメント 0

予習は、授業準備を通じて前回までの授業で学ばせたことを実地に練習させる機会です。せっかく学び方や取り組み方を学ばせたのに生徒自身に行わせず、先生が肩代わりしてしまっては、生徒はその方法に習熟する機会を得られません。

復習にも様々な目的がありますが、当然ながら、「忘れないように習ったことを繰り返す」 ことだけがその目的ではありません。
  • 習ったことを俯瞰して、理解を統合する
  • 習ったことを別の形で使ってみて意味の拡張を図る
  • 授業中に疑問/興味を感じたところを、自ら調べてみる
といったことにも目を向けて、適切な指示と指導ができていたか改めて振り返る必要があります。

また、予習・復習ともに「指導を通じてレディネスを整えて(=出来る状態にして)からタスクを生徒に与える」という鉄則も常に意識しておきたいものです。

辞書の引き方を知らない生徒に「知らない語句を調べてくること」を求めては、きちんと調べられる状態にある生徒との授業準備に差が開き、教室に持ち込む学力差を実際以上に拡大するだけです。

授業での理解を前提に取り組む課題にしても、必要な知識・理解、手順への習熟、参照手段の活用法などを教室の中できちんと学ばせ、教室を出る前に確認しておく必要があります。

課題にきちんと取り組めて達成感を得た生徒は次の学びへのモチベーションを高め、歯が立たなかった生徒は「できなかった」というネガティブな経験を積み重ねて、学びから遠ざかる姿勢を強めます。

予習にはどんな課題をどんな手順の中で課していくべきか、復習では何にどう取り組ませるか、考えるところをまとめてみました。何かのご参考になればこの上ない喜びです。

2015/04/20 に公開したシリーズを更新しました。


#01 予習の目的と課すべきタスクの考え方 10/24 更新
  • 新しい学力観にそった学ばせ方・予復習の方法へ
  • 予習は、授業で学んだ方法を試して身につける場
  • 予習に課すことができる様々なタスクと事前指導
  • 教えた方法を正しく適用できたか、きちんと点検
  • 指定した方法は学力や学欲の向上に寄与しているか

#02 復習の目的と課すべきタスクの考え方 10/25 更新
  • 習ったことを忘れないようにするには反復+活用
  • 授業を終えるときの振り返りが復習/再記銘の1回目
  • まとめ直しの作業を通じた知識の整理と理解の統合
  • んだことを用いて解決する課題を与え、仕上げさせる
  • 興味を起点に知の水平を広げ、探究で深めさせる

#03 予復習のデザインに加えて、履行率を高める工夫を 10/26 更新
  • 小テストだのみで予復習の履行率を上げようとしても…
  • 出来ないからやってこない、という生徒側の事情
  • やりがいのあるタスク、頑張りを評価してもらえる機会
  • やらないと困る状況〜チームへの貢献という要素
  • タスク管理のスキルを学ばせ、時間を有効に使わせる


■関連記事
  1. その宿題、本当に必要ですか?(全3編)
  2. 荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない
  3. 学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められる
  4. 宿題をやってこない生徒への対応(全3編)
  5. 小テストをもっと効果的に(前・後編)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクティビティと学習効果
授業内の活動(アクティビティ)を通じて参加意識や充足感を得られることと、学習を通じて学力向上や自分の進歩を実感できることとは、単純にイコールではないようです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/07/17 05:57
教える技術が学ぶ活動を支える
授業内活動を充実させること、学力向上感を高めたり、苦手意識の発生を抑制したりする効果があることは、以前の記事でもご照会した通りです。しかしながら、伝えるべきことをしっかり伝える“教える技術”の重要性には何ら変わりはないようです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/08/21 07:13
家庭学習の習慣形成に向けて
もうじき新学期です。「授業開き」やオリエンテーションでは、予習・復習の方法や、家庭学習の時間についてもお話しされるのではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/03/24 08:25
新入生を迎えるに当って
いよいよ3月も今日で終わり。数日もすれば新入生を迎える時期になりました。学習オリエンテーションやHR合宿、学習法ガイダンスといった、新入生が「高校での学び」に早く慣れさせるための支援指導が準備されていることと存じます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/03/28 05:32
わからないでいる生徒を指名しても…
今学期もあちらこちらの学校をお邪魔して授業を拝見させていただきました。様々な工夫が凝らされた実践を拝見して、刺激を受けながら貴重な時間を過ごせました。この場をお借りして御礼を申し上げます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/07 06:50
予習・復習、課題のあり方
1 予習・復習で何をさせるか1.0 予習・復習で何をさせるか(序) 1.1 予習・復習で何をさせるか 1.2 予習・復習で何をさせるか(その2) 1.3 予習・復習で何をさせるか(その3) 1.4 予習・復習で何をさせるか(その4) 2 与えるべき課題はどんなもの2.0 与えるべき課題はどんなもの(序) 2.1 与えるべき課題はどんなもの?(その1) 2.2 与えるべき課題はどんなもの?(その2) 2.3 与えるべき課題はどんなもの?(その3) 宿題をやってこない生徒... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/22 07:46
予習・復習で何をさせるか(その1)
新学期の授業開きで生徒に求めた予習や復習への取り組み方を、生徒はどのくらい身につけているでしょうか。また、その指示に従った生徒は学力と学習意欲を向上させているでしょうか。ノートチェックや小テストで履行を促したところで、「取り組んだことの成果」を生徒が実感できなければ、教える側の思いを押し付けただけになってしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/24 06:17
予習・復習で何をさせるか(その2)
予習は「授業で学んだ方法を試して身につける場」と捉えて生徒に課すべきタスクを選択する必要がありますが、復習もまた、単に「習ったことを忘れないように反復する」というだけの場面ではないはずです。習ったことを振り返って理解に欠け落ちがないかを確認する順番に教わってきた事柄を整理し直して理解の統合を図る学んだことを様々な課題に適用してみて、その意味の拡張を図る授業中に疑問/興味を感じたところを自ら調べ、理解を広げるといったところにも復習という活動の目的があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/25 06:14
予復習のデザインに加えて、履行率を高める工夫を
前々稿、前稿で予習と復習でどんなタスクに取り組ませるかを考えましたが、もう一つ重要なことは「いかに履行率を高めるか」です。どんなに明確な目的をもって予復習のタスクをデザインしても、履行してくれないことには効果は得られず、却って様々な弊害を招きます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/26 06:19
間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか
年度末を迎えて、そろそろ来年度の授業の進め方を具体的にイメージし始める時期でしょうか。使用教材などは既に決まっていると思いますので、ここから先の検討は「それらをどう使うか」に絞られますが、その中でもちょっと立ち止まって考えてみたいことは、小テストの不合格者や定期考査の成績不振者への事後指導をどう行うかです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/12 07:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
予習・復習で何をさせるか〜目的とタスクのデザイン 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる