問答を通じて論理性を養う #INDEX

教科学習指導の目的は、各科目に固有の知識や理解を形成することに止まらず、その教科・科目の学び方を身につけさせることや、論理的に物事を観察し、思考を積み重ねる方法を学ばせることにもあります。

前者には、「学習方策は課題解決を通して身につく」「自ら学び続けられる生徒を育てる」という姿勢で授業に臨む必要がありますが、後者には、先生からの問い掛けを起点にした問答を重ねることが最も有効な手段の一つであると考えます。

2015/04/27 公開の記事をアップデートしました。

問答を通じて、物事をより注意深く、広く多角的な視点で観察することを促し、目の前の事柄(教科書や資料に書かれていること、与えられたデータ、他の人の考えなど)に対し、どんな問いを立てながら自らの考えを深めていけば良いのか学ばせていきましょう。

問いを立てるのは、物事を考える起点です。

読んだこと/聞いたこととを鵜呑みにせず、「本当にそうなのか」「どうしてそう言えるのか」「もっと合理的な捉え方はないか」と問いをぶつけていく方法と姿勢を身につけてこそ、論理的に考えながら自らの考えを作り上げていけるようになります。

その先に獲得が期待されるのは、「正しく物事を理解し、広く深い視野に立って判断する」という生きていく上で欠かせない力です。そこに向けた第一歩は、「先生が発する問い」に触れて、真似てみることをおいて他にはないように思います。

事前に用意しておいた「正解」や既に整理されている「知識」を携えて教室に臨み、それを生徒に伝えるだけの予定調和型授業では、論理性と思考力を高める効果的な問答は生まれそうもありません。

問い掛けを通じて生徒に考えさせたこと/教科書や資料と対話して見つけたことを言葉にさせ、その発言を受け止めてさらに次の問いに展開する「やり取り」をどれだけ膨らませることができるかが問われます。

生徒が物怖じせずに発言する雰囲気も作らなければなりませんし、生徒の発言からどれだけ効果的な次の問いに繋げるか、先生方が身につけている「即興で問いを立てるスキル」も問答の成否を大きく分けます。

研究授業や相互参観などでほかの先生の授業を観るときには、上手で効率的な伝え方だけでなく、生徒の発言をどのように拾い上げているか、そこからどんな問いに展開させているか、インタラクションの技術にも観察の目を向けたいところですよね。




各記事の中にご紹介いたしました関連記事に加え、以下の拙稿も、お時間の許すときにお目を通していただければ光栄に存じます。

  1. 自力で学ぶ力を育むのに重要な、最初に選ぶ”対話の相手”
  2. 対話と協働による気づきと学びの深まり
  3. 探究活動を通して養う"ファクトフルネス"
  4. 対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開く


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 教える技術#01 プレゼンテーション技術

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-04-27 06:04
  • 活動を配列するときに考えるべきこと(その4)

    Excerpt: できるようになったことがどれだけ増えたかが、コンピテンスモデルにおける学習成果の測定指標であり、日々の学習に「課題解決の工程を生徒自身が経験する場」を整える必要があるというのが前稿の主旨でした。協働学.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-07 05:36
  • プロセスに焦点を当てた問い

    Excerpt: 教室で発している問いのうち、「結果」 を尋ねるときと、「過程(=プロセス)」 を訊ねるときの割合はどのくらいでしょうか。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-20 05:09
  • 教える技術が学ぶ活動を支える

    Excerpt: 授業内活動を充実させること、学力向上感を高めたり、苦手意識の発生を抑制したりする効果があることは、以前の記事でもご照会した通りです。しかしながら、伝えるべきことをしっかり伝える“教える技術”の重要性に.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-21 07:13
  • キーワード=“問い/発問”の記事一覧

    Excerpt: キーワード別 記事インデックス 問い/発問 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-09-03 05:01
  • 目的意識/自分の理由をどう作らせるか(その4)

    Excerpt: 学ぶことへの自分の理由を作るためには、生徒自身による課題設定と、「酸っぱい葡萄」にさせないための達成への展望を持たせることが必要です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-12-18 07:07
  • 板書の技術(その2)

    Excerpt: 体系としての知識を与えることは、考えるための道具を揃えること。それらを元に行う「思考や判断」、「課題の形成と解決」 を進める上での土台を作ることにほかなりません。知識がなければ考えることはできませんよ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-01-14 11:13
  • 記事インデックスを更新しました

    Excerpt: 教える技術#01 プレゼンテーション技術 【テーマ別記事インデックス】 を更新いたしました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-16 07:55
  • 高大連携や進路関連のイベント(その3)

    Excerpt: 外部講師を招いての講演、課題研究等の成果発表会での指導講評に続き、本稿では「ワークショップでのファシリテーション」 について考えてみます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-19 06:19
  • 思考させる授業(記事まとめ)

    Excerpt: 思考力の重要性は改めて申し上げるまでもありません。大学入試改革への対応という目先の必要もありますが、獲得した知識を活用した課題解決の力はどんな場合でも欠かすことができないもの。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-04-20 05:51
  • 思考力と表現力を養うには

    Excerpt: 1 学力の三要素、高大接続改革に向けて1.1 学力の三要素とは~もう一度考えてみました 1.1 高大接続改革に向けて今できる準備 1.2 高大接続改革に向けて今できる準備(その2) 1.3 評価.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-28 07:48
  • 新しい学力観にそった、教え方の転換

    Excerpt: 高大接続改革以降の入試では、「テクストを読み、そこで理解したことをもとに思考し、その結果を表現する力」 が重要視されます。教科書や資料に書かれていることを理解する場面で先生が不用意に肩代わりしてはいけ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-07-10 07:28
  • 発問で引き出した生徒の発言をどう扱うか

    Excerpt: 主体的・対話的で深い学びを実現するのに、生徒同士の対話ばかりを増やしても十分とは言えません。問答を通した先生との対話、教科書・資料・副教材のテクストとの対話の場面をしっかり作る必要があります。生徒を指.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-06-25 06:47