現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 授業評価項目I 「得意」と答える生徒を増やす

<<   作成日時 : 2015/05/21 06:00   >>

トラックバック 3 / コメント 0

同じ教材で同じ指導をしていても、得意・苦手の分布はクラスによって異なります。学習履歴の中で積まれた成功体験や獲得している学習方策によって感じ取り方が違うためです。

得意寄りに分布が偏るクラスでは、より高度な課題を与えて達成感をより強固なものにする一方、苦手意識が優位なクラスでは、課題のスモールステップ化や集団知の活用で成功体験を積み上げさせていきましょう。

「この科目は、あなたにとって、(とても得意〜かなり苦手)」

学習指導を重ねるうちに、この質問で「得意」と答える生徒が増えてきたら、それはまさに指導の成果ではないでしょうか。

得意の中には興味も生まれ、その先には進路意識の芽生えも期待できます。アンケートのたびに回答分布の変化に着目したいものです。


❏ 目指すべき到達状態は維持し、登らせ方を変える

苦手意識が優位なクラスでは、課題の難易度を抑えたり、授業の進め方をゆっくりにしたりするのが一般的ですが、必ずしも期待通りの改善効果は得られません。

簡単なことを繰り返しても達成感は希薄になりますし、易しいこと、限定された条件下でしか通用しない学び方になりがちで、いつまでたっても負荷を高めるチャンスを逸します。

苦手意識の正体は、「何をやろうとしているかわからない」ことである場合が少なくありません。明確な目標提示が苦手意識を抑制することを示すデータもあります。

まずは、学びを経て解を導くべき具体的な課題を示すことで、これから学ぼうとしていることが何かをしっかりと示しましょう。


❏ 発問によって課題解決の工程を分割する

解を導くまでの過程をイメージできないと、どこから手を付けて良いかわかりません。これも苦手とする生徒の特長です。

いちどに飛び越えるハードルが高すぎるのなら、ワンステップずづ問いかけて課題を分割し、小さなハードルに組み替えるのが好適です。

スモールステップを一段ずつしっかり登らせていくことで躓きを小さくしつつ、最終的に到達できる地点を低くしないようにしましょう。

ところどころで立ち止まり、そこまでの理解を言葉にさせることで、踊り場を作ってあげることも大切です。


❏ 導入時の復習は、問い掛けて教科書・ノートを開かせる

苦手意識を持つ生徒は、「しっかり土台が固まっていない上に、また何かを乗っけられること」 に不安を覚えます。

周囲はちゃんとわかっているのに自分だけわかっていないと感じては、出遅れ感や無力感が学びに対する姿勢を消極的にします。

本時の学びの前提になる事柄は、導入部できちんと押さえ直すことが大事ですが、教え直しは効果が薄く、時間の無駄にも繋がります。

問い掛けながら、それらを学んだときの教科書のページやノートを開かせ、「ここを見れば大丈夫」という認識を作らせましょう。


❏ 協働による知識や学習方策の補完〜互恵関係の形成

"活動性を高めて苦手意識を抑える"で書いた通り、教え合い・学び合いには、負荷の上昇に伴う苦手意識を抑制する効果があります。

教える側に回った生徒にしても、教えることを通じて、あいまいだった理解をより確実な理解に組み替えられるメリットがあります。

また、協働での課題解決体験を通して、「みんなで知恵と知識を持ち寄れば、一人で解決できない課題にも対応できる」 ということを学ぶのは、協働の大切さを知らしめる絶好の機会です。

相互啓発を働かせるとともに、互恵意識で結ぶ学びのコミュニティを形成するには、こうした場を持つことが重要です。


❏ わからなくなったときの拠り所〜参照型教材を徹底して使う

難しい課題に挑んではじき返されたとしても、「こうやればなんとかなりそうだ」と思えれば、苦手とは感じません。

授業中でも、わからないことが出てきたときにその場で調べる方法を持てば、理解をあきらめずに済みます。

主教材を学ぶときに、使い倒すぐらいの勢いで徹底的に参照型教材を開かせるようにする中で、生徒は「わからないことはこうやって調べれば良いのか」 と学んで行きます。

学ぶべき事柄に最大限の網をかぶせようと、副教材を増やすばかりで、仕上げ切らないことを常態化させても得るものはありません。


❏ 苦手とする生徒の対応にばかり偏らない

苦手意識を持つ生徒がいると、どうしてもその生徒のケアに意識とエネルギーを取られます。

宿題をやってこない生徒への対応 に関わっている間、伸びる可能性をもった生徒を放置してはいけません。

教室にはその科目が得意な生徒、意欲的に頑張る生徒、進路に直結し得る興味・関心を抱いている生徒もいます。

クラス内に学力差が大きめに出始めたら、上位生向けの任意課題を用意したり、一つの課題からも複線的なハードルを設けるなど、意欲的な生徒に応える態勢も同時に取らなければなりません。

 ■ クラス内で生じた学力・学欲差への対処法


❏ 苦手意識が増える時期を見越した指導計画作り

授業評価アンケートを定期的に且つ全学年で行っていれば、どの学年・学期で、苦手意識を持つ生徒の割合が増え始めるか傾向をつかむことができます。

教科ごとの集計で、毎年同じ時期に同じような変化が繰り返し見られることも少なくありません。

その時期に指導計画の中に「学び直し」 の機会を組み込んだり、時間を遡って関連単元を学ぶときの指導を改善したり ── 傾向を把握しておけば、あらかじめ打つべき手も見えてくるのではないでしょうか。


❏ 苦手意識は、成績の下降に先行して発生する

成績が同じであっても、学習方策を身につけて伸びてきている生徒もいれば、過去の蓄積だけでで成績を維持している生徒もいます。

テストの点数で把握できる「現在位置」だけでは、今後の変化(成績動向)を的確に予想することはできません。

難しいと感じ始めると暫くして苦手意識が生まれ、学習から遠ざかり、それまでの貯金を吐き出してやがては成績が下降線をたどり始めます。

こうしたタイムラグをもって生じる変化の予兆を捕まえるためにも、生徒自身による得意・不得意の意識を尋ねることや、教科・科目ごとの学習時間を把握することには意味があります。

 ■ 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響
 ■ 不要な苦手意識を抱かせない同(その2)




講義座学系の授業評価項目/質問文一覧に戻る



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一



授業評価&生徒意識アンケート

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
授業評価アンケート〜質問設計再考
目標までの差分を明らかにすることで、はじめて次に何をすべきかが特定できます。改善に向けてどんな一歩を出せば良いかの判断の土台です。また以前の状態と比べて見ることで、これまでの改善行動がどのような成果を収めたのかを把握することも可能になります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/05/21 06:02
実習・実技系の授業評価アンケート
体育、芸術、家庭などの実技系教科でも、授業評価アンケートの質問文が目指すべき授業像を表現していることに変わりはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/05/25 06:57
学力向上感、得意・苦手に成績が及ぼす影響は?
生徒が自分の学習を振り返り、学力の向上や自分の進歩があったかどうか、あるいはその科目が得意か苦手かを判断するときに、定期考査や模擬試験の点数がどの程度まで影響を与えるか、というご質問をいただきました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/02 05:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
授業評価項目I 「得意」と答える生徒を増やす 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる