練習や作業のポイントを把握させる

練習や作業のポイントがしっかりわかっていれば、勘所をつかんだ効果的な取り組みが期待できます。他方、ポイントをつかめないまま無為に時間を費やしては、当然ながら学びの成果は上がらず、次のステップに進むレディネスも調いません。いかに簡潔にポイントを捉えさせて、練習・作業に十分な時間を残すかが先生方の腕の見せどころ。

繰り返し言って聞かせるだけがその方法ではありません。生徒自身が気づき、それを言語化して意識の中に留められる仕掛けを講じましょう。

2015/05/26 公開の記事をアップデートしました。

授業評価項目[実技系]① ポイントの明示
先生の説明で、練習や作業のポイントがよくわかる

経験の中で既にコツを掴んでいる生徒は、教員からポイントが示されなくても自分なりに練習や作業を重ねられますが、その段階に達していない生徒は、うまくいかない理由もわからないまま取り残されます。

勘所を掴めないことには、同じ時間と労力を費やしても満足いく結果は得られませんよね。苦手意識が膨らむばかりでは、やがて教室内での差が大きくなり過ぎて、教える側で打てる手も少なくなってきます。


❏ 言葉にできることだけが意識できる

いわゆる「センスのある生徒」は、感覚的に勘所を掴むことができますが、そうでない生徒の多くにとっては、言語化を通じたポイントの把握が助けとなります。

言葉にできれば、それに照らして修正もでき、その中で少しずつでも進歩を実感することができます。この進歩の実感は、努力を続ける意識を支えるものではないでしょうか。

モデルを示した上で、失敗例との違いに着目させて、言葉にさせるというステップを踏んでいくと、ポイントの把握が容易になります。

非言語情報を言語化する力は様々な場面で要求されますが、それを育む場としても実技系教科に期待されるところは大きいと思います。

言葉にさせたものは、センテンスに書き出してチェックリストにまとめ直しておけば、授業終了時の振り返りにも利用できます。


❏ 問い掛けることで、生徒が自分で気づくきっかけを作る

チェックリストは先生が作ってしまうことが多いかもしれませんが、生徒自身が作る場を設けることが、メタ認知を高めるのにも有効です。

このプロセスを先生が肩代わりしてくれたら生徒は楽ですが、その状態が続いてはいつまでたっても生徒自身でできるようになりません。

学び方における守破離でも書いたことですが、「やってみせ、やらせてみせて」という段階から、徐々に手を放していくことが大切です。

言われたとおりにするだけで当座の用が足りているうちは、自分で工夫してコツを見つける必要を感じませんし、自力で考えた結果できるようになったという喜びも得られないのではないでしょうか。

また、どうしてそこがポイントになるかは、その理由とともに理解しておかないと他の条件が異なる場合に応用や調整が効きません。

先生から「どうして、こうやった方が良いのか」と問い掛け、生徒に考えさせ、ひとつひとつ言葉にさせていきたいものです。話を聞いているだけではポイントを拾い上げられない生徒への支援にもなります。

また、違う手順を採った場合にどのような結果になるかを考えさせてみるのも、ポイントの把握と深い理解に役立ちます。


❏ 説明を進めるのは、生徒の顔を上げさせている間に

いくら上手に先生がポイントを示しても、生徒が集中を欠いては伝わるものも伝わりません。

ポイントを伝えるときには、生徒の顔と目を先生の方に向けさせることに注力しましょう。それによって、耳も意識もこちらを向きます。

最も簡便なのは、板書やプロジェクタを使いながら説明することです。

何か書いていたり、映像が映し出されていたりすれば、当然ながら生徒は顔を上げて目はそちらに向くからです。

練習や作業の手順や注意点をプリントにして配る方法にも、小さからぬ落とし穴があります。

生徒の視線が机上に向いてしまい、先生の方に目と意識が向かなくなることです。先生が話している箇所と生徒が見ている箇所とが一致しないことだって珍しくありません。

顔を上げさせ、黒板に書き出しながら説明し、聞いて理解したことを生徒自身の手で文字に起こさせる方が効果的なのは、拙稿「ノートにメモを取らせる指導」「黒板を写すと活動が低下?」で書いた通りです。


❏ 動きを伴うものは、動画を積極的に利用

動きのあるものを言葉だけ、あるいは板書やプリントのイラスト(静止画)で示すのは、あまり効果的とは言えませんよね。

既に動きを理解している生徒は自分の頭の中にある理解をなぞることでイラストを確認できますが、これから理解していこうという生徒には、イラストをみたところで動きのイメージがわきません。

当然ながら、こうした場面では動画の利用が効果的です。タブレットが使えるならば、繰り返し再生したり、スピードを落として再生したりできるため、生徒自身がポイントを見つけ出すのも容易になります。

動画を見ながら、練習や作業のポイントは何かを生徒自身で言語化することを、予習や導入時の課題にすることだってできるはずです。

動画はいちど作っておけば、再利用も再編集も容易です。先生方が協働で、動画を作り、校内にストックしていけば、中長期的には仕事量の削減にもつながるかもしれません。


◆ 改善のための必須タスク:

練習や作業に取り組む前にポイントをしっかり整理する場面を設けましょう。戸惑いが先行するようでは目指すべき到達状態に近づけません。生徒にとって把握が容易なのはポイントを一覧にしたチェックリストです。取り組み後に行う振り返りにも利用でき、自らの学習活動のどこを改めれば良いかを特定しやすくなるはずです。


◆ さらなる改善を目指して:

期待するのと違った反応や行動、あるいは生徒が戸惑っている様子がどんな場面で見られるのか観察を通じて明らかにしましょう。何らかの傾向が見えれば指導改善への方針を立て易くなります。練習や作業のポイントは生徒自身に考えさせる機会も設けたいところ。チームで考えさせることで創意工夫や主体的取り組みを促せます。




このシリーズのインデックスへ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 実習・実技系の授業評価アンケート

    Excerpt: 体育、芸術、家庭などの実技系教科でも、授業評価アンケートの質問文が目指すべき授業像を表現することに変わりはありません。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-05-26 07:18
  • 実技・実習系教科の授業評価(更新状況)

    Excerpt: 生徒による授業評価&生徒意識アンケートの評価項目(質問文)のうち、実技・実習系に関する記事を更新しています。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-05-23 06:14
  • 授業評価項目[実技系]③ 生徒の状況把握

    Excerpt: 生徒一人ひとりが現在どのような状況にあるのかを把握することの必要性は言うまでもありません。確認が不十分であれば、次の段階に進める状態になっていない生徒を置いてきぼりにし、先に進む準備ができている生徒を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-05-26 10:54
  • 授業評価項目[実技系]⑥ 進歩を実感できること

    Excerpt: 自己効力感を高めることができれば、そこに主体的な取り組みや積極的な姿勢が作り出されていきます。逆に下がってしまった状態では、できない自分に向き合うことへの抵抗から、対象に近づくことを避けようとする「負.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-05-31 05:55
  • 話し方・伝え方、強調の方法

    Excerpt: 1 わかりやすい話し方1.0 わかりやすい話し方(序) 1.1 わかりやすい話し方(その1) 1.2 わかりやすい話し方(その2) 1.3 わかりやすい話し方(その3) 1.4 わかりやすい話.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-13 07:05