現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 振り返りを通じた成果のたな卸しと次への目標設定

<<   作成日時 : 2019/04/24 07:07   >>

トラックバック 6 / コメント 0

興味や意欲は、努力して達成した中に生まれるものですから、振り返りを通じて自分の進歩を確認する場を整えることが、積極的な学びの姿勢を作ります。また、できたこととできていないことの切り分けがはっきりしないことには、次に何をするべきかを特定することもできません。振り返りとその支援のための助言が大切であるのは、このためです。

2015/06/01 公開の記事をアップデートしました。

授業評価項目[実技系]D 振り返りを通じた課題形成
振り返りや先生からの助言を通じ、次に向けた課題が意識できる

下表の通り、振り返りの成否は学習効果(授業を受けての技能の向上や自分の進歩の実感)を大きく左右し、その寄与度は生徒自身が持つ得意/苦手の意識以上の大きさです。また、様々なデータからは苦手意識の発生を抑制したり、学びへの目的意識を高める効果も示されています。

画像
標準的な質問設計における分析。有意性が確認できた項目のみ表示。


❏ 前提となるのは、目指すべき到達状態の共有

自らの学びを振り返るには、自分の取り組みやパフォーマンスを照らし合わせるモノサシが必要であり、それが場面ごとに設定されている(はずである)「目指すべき到達状態」です。

具体的な物差しがない状態で、振り返りをさせても、一生懸命に頑張ったとか、うまくいかなかったとか、曖昧な感想レベルを超えることは容易ではないはずです。

生徒に振り返りをさせたいなら、まずは本時の学習活動において何を目指すのかを明確にさせることが肝要です。

また、実技実習系の科目では、生徒間でのパフォーマンスの差が大きいため、クラスに一律の目標を示したところで現実的ではありません。

得意な生徒には挑む価値のある"チャレンジング"な目標になり得ませんし、苦手な生徒には手を伸ばしても届かない"酸っぱい葡萄"です。

作業や練習の目的の明示、到達目標の設定で書いた通り、その日の授業での目標は前回の授業でのパフォーマンスに照らして、生徒一人ひとりに設定させるのが好適です。

また、目標は授業時間を通じてずっと認識していなければ、練習や作業にも目的意識を持ち込めませんから、導入フェイズでしっかりと認識させることも欠かせません。


❏ 観点毎に段階的な評価規準をもうけるルーブリック

観点をしっかりと定め、生徒と教員の双方が同じ目線で到達を検証できるようにチェックリスト(=評価規準)を整えておくことが、振り返りを容易で確実なものにします。

目標通りにできたのであればA評価、少し足りないならB評価、まだまだ遠ければC評価。もし、目標を超えるパフォーマンスが見られたらS評価です。

それぞれの段階に到達状況をセンテンスで書き出し、表組にまとめて行けばルーブリックになります。詳しくは以下の記事もご参照ください。

 ■ ルーブリック評価の作成と運用
 ■ 評価規準は使いながらブラッシュアップ

それぞれを生徒視点で書き出しておけば、自分の位置を確認すると同時に、1つ上の評価を得るために何が必要なのかもわかります。

新課程の下、知識・技能、思考力・判断力・表現力、多様性・主体性・協働性の3観点でのルーブリックの導入が本格化するはずです。

練習などの結果としてのパフォーマンスだけでなく、作業や練習への取り組み方や技能向上のための戦略作り、協働の場面でのふるまい方などについても、ルーブリックに照らした振り返りをきちんとさせることで、生徒自身による課題形成や達成検証にも上手に使いたいものです。


❏ 昨日の自分と比べ、差分=進歩に気づかせる

得意な生徒は、目的意識をもって練習や作業に臨むため、自分の進歩も感じ取りやすいものです。

これに対して、苦手な生徒は「周囲と比較した遅れ」 という状態に変化はなく、自らの進歩に気づけないまま、モチベーションを低くしていることが少なくありません。

誰にでも「勝てる可能性が必ずある相手」が一人だけいます。言うまでもなく、それは「昨日の自分」 であり、日々の進歩を求めていくことで、中長期的な成長が期待できます。

昨日の自分には出来なかったことの一部が今日の自分にはできたと認識させることが、自己肯定感を刺激することに繋がります。

画像

漫然と取り組んでいるだけ、あるいは恥をかかないことだけを意識して終業のチャイムを待っているだけでは、そうした小さな進歩すら期待できません。昨日の自分を超えるための方法を考えさせましょう。

自力で思いつかない場合には、グループでの話し合いや指導者からのアドバイスが、大きな助けになるはずです。


❏ 他者評価と自己評価の一致、見落としの補完

生徒自身が、あるいは相互に本時の学習の成果(自分の進歩)を確認でき、次への課題を見つけられたときに、「それで良し、その通りだ」という外部からの承認があると、自信はさらに深まります。

他者評価と自己評価が一致しているとき、人はもっとも安定した状態になりますよね。ここでいう他者評価は、同級生からの称賛の声もあるでしょうが、最も大きなものは当然ながら先生からの評価です。

また、生徒が自力で進歩や課題を見つけられないとき、先生からの評価や助言が唯一の拠り所となります。自分での振り返りの様子を伺い、タイムリーに声を掛けていくことが大切です。

的確な助言のためには、生徒一人ひとりの様子をしっかりと認識しておかなければなりませんが、40人の行動を同時に観察・記録するのはちょっと難儀です。

生徒自身が振り返りシートに書き込んだものに、初見を書き込んでおけば、それが記録として残りますし、生徒との意識共有も図れるのではないでしょうか。生徒に振り返りをさせるのは、先生ご自身が生徒をより良く理解するためでもあります。


◆ 改善のための必須タスク:

練習や作業に先立ち、前回までの自分に照らして自分なりの目標を立てさせておきましょう。振り返りでは、反省点ばかりではなく良かった部分にも目を向けさせることで、主体的な取り組みや練習への工夫が生まれます。生徒が自力で課題形成・達成検証できないようなら、気づきを促すべく積極的に言葉を掛けていきましょう。


◆ さらなる改善を目指して:

振り返りや先生からの助言は、生徒自身が目標に近づく方法を考え、自分の進歩を肯定的に捉えるために行うもの。この発想に照らして十分な効果を得ているかこれまでの方法を見直してみましょう。先生からの助言が先行し過ぎると、生徒側で指示に従うだけの意識が強くなります。生徒に考えさせる場面とのバランスが重要です。




このシリーズのインデックスへ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
実習・実技系の授業評価アンケート
体育、芸術、家庭などの実技系教科でも、授業評価アンケートの質問文が目指すべき授業像を表現することに変わりはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/06/01 04:32
授業評価項目[実技系]B 生徒の状況把握
生徒一人ひとりが現在どのような状況にあるのかを把握することの必要性は言うまでもありません。確認が不十分であれば、次の段階に進める状態になっていない生徒を置いてきぼりにし、先に進む準備ができている生徒を立ち止まらせ、成長を遅らせてしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/05/26 10:54
授業評価項目[実技系]E 進歩を実感できること
自己効力感を高めることができれば、そこに主体的な取り組みや積極的な姿勢が作り出されていきます。逆に下がってしまった状態では、できない自分に向き合うことへの抵抗から、対象に近づくことを避けようとする「負のモチベーション」 が発生してしまいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/05/31 05:55
振り返りを経てこそ次への課題形成
実技・実習を中心とする教科・科目では、「授業を振り返って、自分の進歩を確認し反省する機会が整えられている」 かどうかによって、生徒の側での得意/苦手に関する自己認識の分布が変わります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/15 08:01
実技実習の授業に「振り返り」がもたらす効果
実技自習系のどの教科にも当てはまりますが、授業を終えた段階で、本時の取り組みやパフォーマンスを振り返らせて、新たにできるようになったこと(=昨日の自分を起点とした進歩)を実感させるようにすることが大切です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/25 07:14
理解確認とアウトプット
1 理解度の確認〜場面と方法1.0 理解度の確認〜場面と方法(序) 1.1 理解度の確認〜場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認〜場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認〜場面と方法(その3) 1.4 理解度の確認〜場面と方法(その4) 2 振り返りのためのアウトプット2.0 振り返りのためのアウトプット(序) 2.1 振り返りのためのアウトプット(その1) 2.2 振り返りのためのアウトプット(その2) 3 活動させて「観察の窓」 を開く3.1 活動させるのは... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/16 05:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
振り返りを通じた成果のたな卸しと次への目標設定 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる