活動を配列するときに考えるべきこと(その2)

授業中に配列する活動は、くれぐれも自己目的化させないようにしたいもの。漫然と活動したところで成果は大きくならず、目的を達成できたとの実感を得なければ次へのモチベーションも生まれません。

活動の一つひとつに目的意識を持ち込ませるというのは、「できるようになること/気を付けるべきこと(チェックポイント)」をあらかじめ生徒にしっかりと認識させることにほかなりません。

チェックポイントを認識させるタイミングには、これから練習や制作などの活動に取り組もうとする段階(導入フェイズ)、仕上げに向かおうとする段階、さらには学びを振り返る段階の3つがあると思います。

また、チェックポイントを先生が示して認識させているだけでは、生徒は自力でそれらを見つける/作り出す方法や姿勢を獲得する機会を持てません。学習者としての自立を促すにも、何を目指すか/何に気をつけるかを生徒自身が探し、見つけ出す練習の場を設けることが大切です。


2015/06/24 公開の記事をアップデートしました。

❏ 練習を始める前にモデルをしっかり観察

例えば、英語で本文の音読をさせる練習も「活動」の一つです。音読を重ねることで、内容の理解も進むでしょうし、個々の言語材料の知識も定着が進みますから、練習を経て正しく音読できるようになったことを以て、学習が一定の成果を得たと評することもできると思います。

しかしながら、教室で音読練習の場を拝見していると、ただ読んでいるだけ、特に一斉読みでは口が何となく動いているだけというのも少なくないように感じます。

これでは、貴重な時間を割いて音読の練習に取り組ませても、費用(=時間)対効果という点で、最適化された活動とは言えない気がします。

音読練習の導入にはCD音源などを使ってモデルを提示するのが一般的ですが、この場面でしっかりモデルを観察させているかどうかが、その後の練習の成果を分けているように思えてなりません。

CDや先生のお手本を聞かせながら、音韻上の特徴を観察させ、気づいたところを本文に書き込むというタスクを課すだけでも、「気を付けるべきところ」への生徒の認識はぐんと高まるはずです。

練習を始める前の段階で「モデル」をしっかり観察させ、どこにポイントがあるのか/何に気を付けて練習すべきなのか、生徒自身が気づいて認識するように、相応のタスクを導入フェイズに置くことは如上の英語の音読に限らず、実技要素を含むすべての学習の場面で効果的です。


❏ 実際の練習に移行する前/練習の途中で

導入フェイズでの観察を通して、留意点/ポイントを見つけ出したら、いよいよ練習に進むことになりますが、ここでもうひとつ手順を挟んでおくと練習の効果はより大きなものになりそうです。

観察を通した気づきには、生徒の間で大なり小なりの違いがあります。一般に、得意な生徒は観察を幅広く深くできる傾向にありますが、苦手な生徒は同じ観察をしても有効な気づきを中々得られないものです。

このまま練習に進ませては、得意な生徒はさらに伸びる一方、苦手な生徒はピントのずれた練習でちっとも成果が出ず、おいて行かれるばかりという状況だって予想されます。

モデルを観察して個々の生徒が気づいたところを、互いにシェアさせておくことが、こうした問題をある程度まで解消してくれるはずです。

タイミングとしては、導入フェイズでの観察の直後か、少し練習をさせてからのいずれかだと思いますが、実際に練習を進めてみる中で得られる気づきも加わりますので、後者の方が好適かもしれません。


❏ 気づきをシェアするためには、まず言語化

シェアするには、まずは言語化しておく必要がありますよね。感覚だけで捉えていては伝えられるものは限定的です。なので、気づいたところをメモでかまいませんから、チェックリストのような形で書き出させておくようにしましょう。

書き出したものは、生徒を指名して発言させてもよいし、生徒同士で集まって互いに見せ合う形にしても良いと思います。そこで得られた気づき(シェアしたもの)を、自分が起こしたリストに加筆させましょう。

生徒を指名して発言させることでシェアを図るなら、事前に机間指導で生徒の手元をのぞき込んでおき「ほかの生徒にも有益」なことを書いている生徒を探し出しておきたいところ。変なことを書いている生徒に発言させても、教室が笑いに包まれるくらいで、学びにはなりません。

後者を「見せ合う」としたのには、ちょっとした意図があります。口頭だけでシェアしようとすると、「書き出す=言語化」という段階を踏んでいないだけに、「腰はこう、後はバーっと振れば良いんだよ」と昔の某監督のようなことになりかねず、聞いている側は「??」です。


❏ 仕上げの前にチェックリストに照らした課題形成

導入フェイズでのモデルの観察から、気づきの言語化とシェアを経て、目的意識をもった練習に取り組ませたら、いよいよ仕上げの段階です。

ここでも、再びチェックリストに立ち戻り、仕上げに際して気を付けるべきところ、実現しなければならないことを改めて認識させておくようにしたいところです。

活動が「学び」という成果を結ぶには、きちんと仕上げに取り組ませることが重要であるのは言うまでもありませんが、目的意識をしっかりと持たせておかないと、仕上げもいい加減になり、学びは中途半端なものになってしまいます。

仕上げを終えたら、今度は「振り返り」で成果のたな卸しと次に向けた課題形成を行わせることになりますが、練習前/中にチェックリストを作ってきていますので、振り返りの観点も具体的になっているはず。

リフレクション・ログに、「頑張った」「うまくいかなかった」と感想のようなものしか残っていないようなら、書くだけ時間の無駄のような気がしてなりません。

学びの工程の終端に設定されている「振り返り」までしっかり見通して授業をデザインしましょう。活動の配列を考えるときには、どうやって目的意識を作り、課題を具体的に認識させるかを同時に考える必要があるということです。

 ■関連記事:チェックリストを用いた目標提示と達成検証



本稿で取り上げた、チェックリストを利用した活動への目的意識を高める指導には、様々な場面への応用も可能だと思います。

イシューを扱うディスカッションの場なら、優れた議論と拙い議論とを動画などで見せたうえで、なぜ一方の議論を「まとも」だと感じたか考えさせれば、「主張には根拠を添える」「反論を予想しておく」といったポイントにまで生徒自身で気づけるかもしれません。

先生に言われて気を付けるのと、自分たちで気づいて気を付けようと思ったのとでは、「主体性」にも大きな違いがあるように思います。

その3に続く

このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 活動を配列するときに考えるべきこと

    Excerpt: 知識付与型の授業への反省から、生徒主体の学習への転換が図られる中、様々な活動が授業の中に組み込まれるようになりました。途切れることなく配列された活動に、生徒がノンストップで取り組んでいる授業も増えまし.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-06-24 05:08
  • 活動を配列するときに考えるべきこと(その3)

    Excerpt: アクティビティ(活動)をどのように配列するかを考える前に、できるようにさせたいこと(到達目標)をはっきりさせておくことが大切です。目標に到達するために必要な活動を選択・配列するようにしましょう。この視.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-06 07:30
  • 活動を配列するときに考えるべきこと (その2)

    Excerpt: 授業中に生徒に参加させる活動も、それが自己目的化してはいけません。アクティブラーニングの目的は「思考を活性化」させることであり、口と手を活発に動かすことではないはずです。貴重な授業時間を投じて行う活動.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-06 07:32
  • 活動を配列するときに考えるべきこと(その4)

    Excerpt: できるようになったことがどれだけ増えたかが、コンピテンスモデルにおける学習成果の測定指標であり、日々の学習に「課題解決の工程を生徒自身が経験する場」を整える必要があるというのが前稿の主旨でした。協働学.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-07 05:36
  • 活動を配列するときに考えるべきこと(その5)

    Excerpt: 思考とは、題意の分解と解への再構成のために知識を活用すること。そうした場面を授業内外にきちんと配列することも重要ですが、活用すべき知識を所持するか、アクセスできる状態にしておかなければ話は始まりません.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-08 05:23
  • 活動を配列するときに考えるべきこと #INDEX

    Excerpt: 知識伝達型(教授スタイル)の教え方から、生徒主体の学びへの転換が図られる中で、授業内には様々なアクティビティが配列されるようになってきています。確かに教室は活気に包まれていて、居眠りをする生徒も見かけ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-09 05:37
  • 活動の成果を可視化する

    Excerpt: 学習成果のうち、獲得した知識の量や解けるようになった問題の範囲などは、テストで点数に変換される「目に見える学力」。否が応でも定期考査のたびに、成果を実感したり結果を突き付けられたりします。成績が伸びれ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-11-06 06:08
  • 知識の活用、学びの仕上げ

    Excerpt: 1 課題解決を通した知識活用の機会1.1課題解決を伴わない知識獲得は…(序) 1.1 課題解決を伴わない知識獲得は…(その1) 1.2 課題解決を伴わない知識獲得は… (その2) 1.3 伝達ス.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-27 08:24