自分の取り組みの成果を発表できる機会

自分の取り組みの成果を発表することは、発表という目標に向けてより意識的な取り組みを促す効果だけではありません。取り組みの成果を存分に伝えられれば達成感による次へのモチベ―ションが、多少の失敗を含んだ時は次に向けた課題の形成など、いずれの場合も次に向かうきっかけを得ることになります。

また、他の生徒の成果発表に触れることで、自分の取り組みや成果を相対化・客体化することもできます。良いものに触れることが学びや成長のきっかけになるのは大人も子どもも変わりません。

2015/06/03 公開の記事をアップデートしました。

授業評価項目[実技系]⑦ 成果を発表する機会
作品展示や試合など、自分の取り組みの成果を発表できる機会が{とてもある~まったくない}

相互啓発や学習のメタ認知作りにも、「成果を発表する機会」の整備は欠かせず、その整備は授業内での大切な仕事と言えます。


❏ 感覚的な捉え方を超えて「相対化」

他の生徒の発表(パフォーマンスや作品など)に触れて、その素晴らしさを言葉で説明できるようになれば、自らもそこに近づける可能性がぐっと高まります。

また、練習や作業を経て得られた優れた成果を見て、「あそこまでは到達できるのか」と可能性を押し広げて感じることもできます。

他者の達成を目の当たりにすることで周囲が続々とそれまでの限界を超えていく風景は、何もスポーツの世界に限りません。

彼我の違いからそれまでの自分の限界を超えるための方策に思い至ることもあるでしょう。

先生が個々の生徒が作り上げたものを評価してあげることはもちろん大切ですが、生徒が自分自身の取り組みとその成果を相対化することの効果はそれ以上だと思います。


❏ 良さを見出し言語化する、評価の訓練

単に発表の機会を整えるだけでなく、発表されたものの素晴らしさ、倣うべき点を「生徒自身の言葉」にさせる働きかけが伴うことが、こうした機会整備の効果を高めます。

まずは、素晴らしさをピックアップして、次にどうしてそれが素晴らしいことなのかを理解していく入り口をスムーズに整えるのは、教員からの評価とフィードバックに他ならないはずです。

将来、その世界で飯を食っていけるような才能にあふれた生徒は、教員からの支援などなくても自力で可能かもしれませんが、他の生徒もそうとは限りません。

ここでも「守破離」 に留意したいところ。

まずは評価の模範を見せ、真似をさせていくことで、やがて教える側が想定しないような(=最近は「斜め上」 と呼んだりしますね)見方を生徒が示し始めます。

 ■ 自己評価、相互評価を行わせるときの工夫


❏ 苦手意識が前に出る生徒への配慮も

発表は、得意な生徒には「晴れの舞台」ですが、他方、苦手な生徒にとっては「できれば登りたくない檀上」かもしれません。

普段の授業から、失敗を肯定的に捉え、人の努力を尊重する雰囲気をクラスのなかで作っておくことが何よりも大切です。

 ■ 失敗を積極的に経験させる同(その2)

そのような雰囲気が作られていることを前提に、クラス全員の前ではなく、小グループ内での小さな発表機会を作ってあげることも重要です。

発表は必ずしも衆人環視であることを条件としないはずです。

個人練習やグループでの活動の中で、先生がしっかりと取り組みと成果を見てあげて、良いところを拾い上げてクラスに伝えてあげるという「間接発表」 もまた、苦手な生徒には救われるものがあるはずです。

なお、小グループでも人間関係が固定することで相互の学びが阻害されることがあります。フォーメーションは頻繁に変更するのが好適です。

他の生徒との比較の中で劣っていても、部分的にできている部分があれば、そこを挙げることを総合評価におけるタスクとして与えている先生もいらっしゃいました。


❏ 発表者を指名する前には状況の把握を

発表に臨ませる前に、生徒の状況をよく掴んでおくことも大切です。

自分の進歩が感じられ、人にも認めてもらいたいと感じているときに発表の機会を与えることは、自己効力感をより大きくし、モチベーションを高めることに繋がります。

これとは逆に、抱えた課題がクリアできずに進歩が見られないときに発表をさせては、本人にも周囲にもプラスの影響は期待できません。

 ■ 生徒を指名して発言させるとき

但し、何らかの課題を抱えていても、ちょっとした修正で全体がグンと良くなる可能性があるなら、発表させて、その上でより良いものに向かう工程をクラスで共有するという方法もあります。

少し手を入れるだけで大きな改善が期待できると知れば、「だめだ」という漠然とした認識を「こうすれば良いのか」というポジティブなものに換えることができますし、同じ課題を抱えるほかの生徒にも有益な指針となるはずです。


❏ 自己評価と他者評価をプラスで一致させる

発表には当然ながら評価がつきものです。ここでのポイントは、自己評価と他者評価を一致させること。

自己評価が他者評価より高いとフラストレーションを感じ、逆に自己評価が他者評価を下回っているとプレッシャーやストレスを感じます。

画像

意図するべきは、第一象限に向かわせること。まずは、生徒一人ひとりがどの位置(座標)にいるかを把握することが重要です。

生徒に発表をさせるときは、本人が自己をどのように評価しているか注意深く観察することに注力しましょう。必ずしも本人の口からそのまま表現されるわけではないので、言葉の裏を読み、鵜呑みにしないことも大切です。



追記: 高校までの学習は、生涯学習の土台です。より高いパフォーマンスを求めるべき場面もあれば、対象から遠ざけたり努力を放棄したりさせずに、取り組みを続け将来にわたって楽しめるようになってくれればそれで良しとする場面があっても良いのではないでしょうか。

学ぶ意欲を維持させること、プラスに転じさせることこそ、評価において留意すべきことかもしれません。


このシリーズのインデックスへ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 実習・実技系の授業評価アンケート

    Excerpt: 体育、芸術、家庭などの実技系教科でも、授業評価アンケートの質問文が目指すべき授業像を表現することに変わりはありません。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-06-03 04:39