生徒に期待する行動をはっきり示す

学年や学期が進むごとに、生活、学習、進路の各領域で生徒にどんな行動を期待しているのか明確に示すことは、段階的に目指すべき到達状態について生徒と認識を共有することを意味します。目標とするところが示されてこそ、その実現に向けた努力も促されますし、生徒は今の自分に足りていないことに気づき、自らの行動を改めて行けます。

担任の先生が「期待する行動」をしっかり示せているクラスと、不十分なクラスとでは、個々の生徒の行動にも、クラスの集団としての在り方にも大きな違いが生まれるのは、下図のデータに読み取れる通りです。

期待する行動の打ち出しがもたらす効果.png

2015/06/08 公開の記事を再アップデートしました。
(前回更新 2019/05/09)

生徒意識アンケート② 期待する行動の打ち出し
担任の先生が生徒にどんな行動を期待しているか、はっきり理解できる

学年団で目線を揃えた上で、機会あるごとにメッセージを発信し続けることで、クラスの生徒すべてがこの質問にYESと答えられる状況を作り出していきましょう。教育目標や指導方針をちゃんと伝えることの重要性は、学校評価アンケートの解析結果にも表れています。


❏ 期待する行動=現段階での目指すべき到達状態

"生徒に期待する行動"とは、今の段階で/少し先に進んだときに、生徒一人ひとりに到達を目指してもらいたい目標状態のことです。

授業における学習目標と同様に、生徒としっかり共有しておくことが、個々の指導に込めた意図をより良く理解させ、指導の効果も高めます。

目標を明確に示すからこそ、生徒の努力に方向を与えることができますし、達成検証や振り返りも可能になります。

期待する行動として先生が示したものと、自分の現状とを照らし合わせることで、どんな行動を取るべきかをイメージできるということです。

期待する行動をその場その場で考えているようでは、領域×時期ごとの目標が恣意的になり、それぞれの間に不整合も生まれやすくなります。

指導計画を立てるのに際し、3ヵ年/6ヵ年を通した、生活・学習・進路の各領域における段階的な成長を描き出しておくことが重要です。


❏ メッセージは時間の経過とともに揮発するもの

新年度の始まりにオリエンテーションなどを通じて、「君たちにはこうあってほしい」 と伝えたとしても、そのメッセージは1ヵ月後、3ヵ月後にも揮発せず、生徒の内に残っているでしょうか。

伝えたメッセージは、その後の様々な経験の記憶に上書きされていき、時間の経過とともに意識の中から消え去ってしまいがちです。

ことあるごとに発信を繰り返し、再記銘を図りましょう。様々な指導機会に表現を変えながら同じメッセージを伝えることで「期待する行動」へのより深い理解を作ることが大切です。

領域×時期ごとに目指すべき到達状態を生徒を主語とするセンテンスに書き出しておけば、定期的に取り出させて振り返り/自己点検をさせることもできます。

如上の到達状態/評価規準をベースに、アンケート様式に仕立て直して生徒に回答させれば、先生が口を酸っぱくして伝えるだけよりも生徒の意識に上らせやすくなります。

アンケートの回答分布は継続的に把握・記録することで、一定期間を挟んだ差分から当該時期の指導成果を調べる材料も整えたいところです。


❏ 意図の共有~理由を考えながら行動を選択する土台

期待する行動を先生方が示すだけでなく、そうした行動を取れるようになることが生徒の側にどんなメリットをもたらすか、なぜ必要なのかを生徒自身に考えさせて、気づかせていくことも重要です。

ルールだから従えと言われて、素直に「はい、そうですね」と答えるような生徒を育てることは目指すところではありません。

目の前に次々と現れる出来事に対して、「どのような行動が自分と周囲の利益を最大化するのか」を判断できるようになることと、「期待される行動」に盲従する姿勢を学習させることは全くの別物です。

生活指導の場面における「ルールでの保護と危険回避の思考力養成」と同様の発想は、あらゆる指導場面で必要なものだと思います。

先生の期待に応えることを旨とするのではなく、期待の背景を理解し、自分で行動を選択できるようになることが目指すべきゴールであることを、最上段にある「期待」としてしっかり伝えて行きましょう。


❏ ひとつの期待が満たされたら次のハードルを示す

メッセージは繰り返し伝える必要がある一方、期待した行動を生徒がしっかりと取れるようになってきたら、同じところに立ち止まらず、期待をもう一つ高いところに置き、新たなハードルに挑ませましょう。

すでに逆上がりができるようになっている生徒に、逆上がりの練習を繰り返させても、新たにできるようになることは増えていきません。

卒業までに出来るようになって欲しい行動を「ゴール」としてしっかりイメージし、そのゴールと現状でできるようになっていることを結んだ直線上に次に期待する行動を描き出すことが大切です。

これを実現するには、の双方を、常に念頭におく必要があることは言うまでもありません。

現況の把握を先行しないことには、達成可能な目標を設定することはできませんし、卒業までにどんなゴールを目指すのかを忘れては、一貫した方針の下での継続的・段階的な指導はできなくなります。


❏ 学年団(+教科担当者/部活顧問)で目線合わせ

当然ながら、先生ごとに言うことがバラバラでは生徒も戸惑います。

期待する行動を「生徒一人ひとりを主語としたセンテンス」に書き出すことで、学年団での目線合わせをしっかり行うようにしましょう。

目線を合わせて同じ目標(期待する行動の実現)に対して、先生方がそれぞれ最善と思う方法でその達成を図り、結果/指導の効果を比較してみれば、最も大きな効果を上げた(多くの生徒が期待に沿った行動を取れた)指導の所在を明らかにできます。

そこでの指導手法を共有し、先生方の協働で更なるブラッシュアップを図れば、学年/学校全体での指導力も大きく向上・改善するはずです。

また、学年で取り組んでいることは、授業を担当してくれている各教科の先生方にも、しっかり伝えておくようにしましょう。部活顧問の先生に対しても同様です。

生徒と長い時間を過ごす、各教科の授業担当者や各部活の顧問やコーチに、学年の方針を十分に理解しておいてもらった上で、それに照らした生徒観察を徹底してもらえば、問題の発見や対応が遅れるリスクも大きく抑えられるのではないでしょうか。



このシリーズのインデックスへ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 授業のこと以外にも尋ねておくべき“生徒の意識”

    Excerpt: 授業評価アンケートについて、座学・講義系 と 実習・実技系 とに分けてそれぞれの評価項目と質問文を考えてきました。繰り返しになりますが、質問文は学習指導を実践するうえで実現を目指すべき状態をイメージし.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-06-08 06:36
  • アンケートで尋ねるべき生徒の意識(更新開始)

    Excerpt: 2016-07-19 更新開始 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-19 06:23
  • 生徒意識アンケート⑥ 刺激し合い共に成長するクラス

    Excerpt: 相互啓発が働き、互恵意識で結ばれたクラス ― 学級を預かったからには目指したいものですが、それだけではありません。主体性・多様性・協働性を育むにも、教室が学びの場として備えるべき要件のひとつです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-27 07:25
  • 生徒意識アンケート⑦ 困ったときの相談相手

    Excerpt: 困ったことや悩み事があるときの相談相手として友達を挙げる割合が減ってきて、これに代わるように両親(特に母親)を挙げる生徒が増えてきているのが近年の傾向だそうです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-28 06:55
  • 学級経営、生徒意識の把握

    Excerpt: 1 授業評価アンケートと同時に行う調査1.1 学級経営を定量的にとらえて知見の共有を 1.2 授業のこと以外にも尋ねておくべき“生徒の意識” 2 アンケートで探る“学ぶ側の認識” 2.0 アンケー.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-20 07:09