現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 生徒意識アンケートA 期待する行動の打ち出し

<<   作成日時 : 2015/06/08 06:33   >>

トラックバック 5 / コメント 0

生徒にどんな行動を期待しているのか、担任の先生がはっきりとしたメッセージを発信できているクラスと、それが不十分なクラスとでは、他の質問項目にも大きな違いが生じています。

「担任の先生が生徒にどんな行動を期待しているか、はっきり理解できる」

クラスの生徒すべてが、この質問にYESと答えられるようにしたいものです。


❏ 期待する行動=現段階での目指すべき到達状態

「期待する行動」とは、すなわち「今の段階で、到達を目指して欲しい状態」 であり、授業における学習目標と同じ意味を持ちます。

育成と評価は表裏一体です。目標が設定されていなければ、現状と目標の距離から次にどんな行動を取るべきか把握ができません。

目標への接近を生徒自身の振り返りや先生からの評価で気付かせることで、達成感や自己効力感も抱かせられます。

こうしたことの日々の積み重ねが、半年、1年と経つうちに大きな違いを生んでくるものと思われます。


❏ メッセージは時間の経過とともに揮発するもの

新年度の始まりに、「君たちにはこうあってほしい」 と熱く語ったとします。でも、そのメッセージは1ヵ月後、3ヵ月後にも生徒の内に残っているでしょうか。

伝えたメッセージは、他の記憶と同様に忘却曲線にそって消えていきます。ことあるごとに発信を繰り返し、再記銘を図ることが大切です。

様々な指導機会に表現を変えながら同じメッセージを伝えたり、個別の行動について、「期待する行動」との関連に言及することがポイントです。


❏ 理由を考えながら行動を選択できるよう〜背景意図の共有

また、期待する行動を取ることが、生徒の側にどんなメリットをもたらすか、そうした行動がなぜ必要かを理解させることも重要です。

ルールだから従えと言われて、「はい、そうですね」 と答えるような生徒を育てることは目指すところではありません。

目の前に次々と現れる出来事に対して、「どのような行動が自分と周囲の利益を最大化するのか」 を判断できるようになることと、「期待される行動」 に従うことを覚えるのは別のことです。

繰り返しになりますが、先生の期待に応えることを旨とするのではなく、期待の背景にあるものを理解し、自分で行動を選択できるようにすることが目指すべきものです。


❏ 期待が満たされたら次のハードルを示す

メッセージは繰り返し伝える必要がある一方、多くの生徒が期待を満たした行動をしっかりと取れるようになったら、同じところに立ち止まらず、期待をもう一段引き上げたものに書き改めて行く必要があります。

逆上がりができるようになった生徒に、逆上がりの練習を繰り返させても、新たにできるようになることは増えませんよね。

卒業までに出来るようになってほしい行動をしっかりとイメージし、現状と結んだ線上に、次に期待する行動を置くようにしましょう。

最初から、卒業時のゴールを示すだけでは、これまでに出来るようになっていることとのギャップが大きすぎて、到達することも、到達への道順を頭に描くことも難しくなります。

段階的に目標を設定する必要はここから生まれます。


❏ 学年団で目線を合わせて

クラスごとに目標を設定するのでは、バラバラになりがちです。先生毎に言うことが違っては生徒も戸惑うばかりです。

同じ目標(期待する行動の実現)に取り組むからこそ、効果を上げた指導法(内部の優良差分)を見つけ出すことも容易になります。

学年で取り組んでいることは、他学年に所属していながら授業を担当してくれている先生方にも、しっかりと伝えておきましょう。

生徒と接する時間がもっと長いのは授業担当者です。学年が発信しているメッセージに照らした生徒観察をしてもらうことで、生徒に対する指導も徹底できますし、学年にも有意な情報がフィードバックされるはずです。


                          >>> このシリーズのインデックスへ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一



授業評価&生徒意識アンケート



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
授業のこと以外にも尋ねておくべき“生徒の意識”
授業評価アンケートについて、座学・講義系 と 実習・実技系 とに分けてそれぞれの評価項目と質問文を考えてきました。繰り返しになりますが、質問文は学習指導を実践するうえで実現を目指すべき状態をイメージして文章にしたもの(=評価規準)です。その集計結果は、目標までの距離を以って授業改善の課題形成に、また前回までとの比較から改善行動の効果測定に活用することができます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/06/08 06:36
アンケートで尋ねるべき生徒の意識(更新開始)
2016-07-19 更新開始 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/19 06:23
生徒意識アンケートE 刺激し合い共に成長するクラス
相互啓発が働き、互恵意識で結ばれたクラス ― 学級を預かったからには目指したいものですが、それだけではありません。主体性・多様性・協働性を育むにも、教室が学びの場として備えるべき要件のひとつです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/27 07:25
生徒意識アンケートF 困ったときの相談相手
困ったことや悩み事があるときの相談相手として友達を挙げる割合が減ってきて、これに代わるように両親(特に母親)を挙げる生徒が増えてきているのが近年の傾向だそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/28 06:55
学級経営、生徒意識の把握
1 授業評価アンケートと同時に行う調査1.1 学級経営を定量的にとらえて知見の共有を 1.2 授業のこと以外にも尋ねておくべき“生徒の意識” 2 アンケートで探る“学ぶ側の認識” 2.0 アンケートで探る“学ぶ側の認識” (序) 2.1 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その1) 2.2 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その2) 2.3 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その3) 2.4 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その4) 3 学級経営に関する評価項目3.1 生徒意... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/20 07:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
生徒意識アンケートA 期待する行動の打ち出し 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる