書くことと振り返りが学力を伸ばす

親の学歴や年収が同じくらいの子どもが通う学校の中で、全国学力調査の成績が良かった学校は、自分で調べたことを文章にさせる指導や、授業の最後に学習を振り返る活動などを取り入れていた――。ご覧になられた方も多いかと存じますが、7月8日の朝日新聞朝刊に掲載されていた記事です。

画像


記事のもとになった平成25年度 全国学力・学習状況調査(きめ細かい調査)の結果を活用した学力に影響を与える要因分析に関する調査研究を読んでみると、135~136ページに以下のように書かれています。
画像
高い成果を上げている小学校では、基本的な指導方法(授業の最後の振り返りや、分かりやすい文章の書き方の指導)、および発展的な指導方法(思考を深めるような発問や、話し合いの時間や、探求の過程を意識した指導など)、双方を多面的に行っていることが見てとれる。また個に応じた少人数指導(習熟別やティームティーチングなど)を取り入れていることも分かる。
高い成果を上げている中学校とそうでない学校との指導方法の差は、「前年度、国語の授業におけるティームティーチング」の 1 項目でしか見られない。中学校においては、小学校ほど指導方法や学習規律の特徴が学力に対して必ずしも効果を発揮するわけではないのかもしれない。

分析では、「中学校においては、小学校ほど指導方法や学習規律の特徴が学力に対して必ずしも効果を発揮するわけではないのかもしれない」とあるが、本当にそうなのでしょうか。

多くの科目を同じ教員が教える小学校に対し、中学校では科目ごとに先生が変わります。

学校単位での集計と、先生あるいはクラスごとに教え方と当該教科の成績とを照らし合わせた分析を行った場合とでは、違う結果が出てくるように思われます。

そんな中でも、「授業の最後に学習したことを振り返る活動」では、中学校でもP値は0.074。有意差が認められる水準をわずかに超えてしまっているだけです。

授業終了の5分間をアウトプットに充て、振り返りの機会とする指導には、試してみるだけの十分な価値があると考えます。

また、学んだことの言語化は、「自分で調べたことや考えたことを分かりやすく文章に書かせる指導」 という質問文からイメージできるものと違う形も取れます。

先生の説明を聞いて理解したことをペアで説明し合う(説明学習)や、「〇〇について〇字程度で説明しなさい」といった課題に日々、習慣的に取り組ませているクラスと、そうでないクラスとでは大きな違いが生じます。

■ご参考記事:
  1. 答えを仕上げる中で学びは深まる
  2. 質問を引き出す~学びを深め、広げるために、同(後編
  3. 学ばせたことは、きちんと教科書に落とし込む
  4. 最初の答えと作り直した答えの差分=学びの成果
  5. 振り返りのためのアウトプット
  6. 学習者としての成長を促す"活動評価"と"振り返り"
  7. 言語化を通じて育む「振り返りのための相対化スキル」

知識の活用、学びの仕上げ」,「理解確認/学びの振り返り


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • アクティビティと学習効果

    Excerpt: 授業内の活動(アクティビティ)を通じて参加意識や充足感を得られることと、学習を通じて学力向上や自分の進歩を実感できることとは、単純にイコールではないようです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-07-17 05:57
  • 小テストをもっと効果的に #INDEX

    Excerpt: 授業で学んだことをしっかり定着させるために行う小テスト。授業で習って、復習で覚えて、テスト用紙に再現してと、最低3回は対象知識への接触機会を作れます。記憶の保持と想起に一定の効果が期待できます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-25 04:58
  • キーワード=“アウトプット”の記事一覧

    Excerpt: キーワード別 記事インデックス アウトプット Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-31 05:27
  • 積極的に活動させるツボ

    Excerpt: 授業内活動が、学習効果を高めたり、苦手意識を抑制したりする効果をもつことは、以前の記事でご紹介したようにデータでも確認されています。学力が高い学校の実践には「言語化」と「振り返り」が顕著にみられたとい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-10-20 04:43
  • 5分間アウトプットの費用対効果

    Excerpt: 以前の記事でも書きましたが、 学力の向上や自分の成長や進歩を実感するのは活用機会としての課題を解決した瞬間です。、「習ったことを使って課題を解く機会が整えられている(横軸:活用機会)」ことと「この授業.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-12-25 08:19
  • 授業評価項目⑥ 習ったことを用いた課題解決体験

    Excerpt: 教えたことをそのままの形で尋ねてみても、覚えたかどうかを確かめるだけであり、本当にわかったかどうかは別の問題として残ったままです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-05-02 06:23
  • 課題解決を伴わない知識獲得は…

    Excerpt: 過日、文部科学大臣から発信された「教育の強靭化」 と題したメッセージでは、学ぶことがら(知識や技能)は減らさず、思考力・判断力・表現力をこれまで以上に鍛えるという方針が示されました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-12 06:25
  • 理解確認とアウトプット

    Excerpt: 1 理解度の確認~場面と方法1.0 理解度の確認~場面と方法(序) 1.1 理解度の確認~場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認~場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認~場面と方法(そ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-16 05:27
  • 勉強を好きにさせる学ばせ方

    Excerpt: 先週半ば、東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所との共同研究(親子パネル調査)の調査結果がプレスリリース【学習における「中2問題 プロブレム」 中2生は勉強嫌いが約6割(プレスリリース)】 さ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-04-24 08:04
  • 課題の仕上げは個人のタスクに(後編)

    Excerpt: 様々な授業内活動を通じて課題解決の糸口を得るとともに必要な材料を揃えたら、仕上げの段階は生徒一人ひとりの個人タスクに戻すべきというのが前編の趣旨です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-11-29 06:11
  • 新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)

    Excerpt: 高大接続改革や次期学習指導要領に向けて、教科学習や探究活動における指導法の改善は各地での試行と工夫で進んできたようです。先月から集中的に授業公開や成果発表を回ってみましたが、様々な新しい取り組みに心躍.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-14 04:54
  • 間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか

    Excerpt: 年度末を迎えて、そろそろ来年度の授業の進め方を具体的にイメージし始める時期でしょうか。使用教材などは既に決まっていると思いますので、ここから先の検討は「それらをどう使うか」に絞られますが、その中でもち.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-12 07:22
  • 振り返りのためのアウトプット #INDEX

    Excerpt: インプットに不備や不足があっても、アウトプットの機会を持たなければそれに気づくことができません。しっかり教えて、きちんと覚えさせるというアプローチだけでは満たせないものがありそうです。読んだり、聞いた.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-17 06:08