キャリアは選ぶものではなく重ねるもの

進学先や就職先を決めるのは、ここから先、自分がどの道を進んでいくのか(=進路)を選択することです。同時に2つ以上の道を歩くことはできませんから、他の選択肢に後ろ髪を引かれる思いがあっても一つを選ぶしかないのが通常です。この意味では「進路選択」というよく使われる言葉の成り立ちは十分に合理的なものだと思います。

これとは対照的に、「キャリア」は選ぶものではなく、積み重ねるものです。ある時点で選択した道を歩む中で、出会い、経験する様々なことに触発されつつ、次々と現れる分岐で重ねていった選択の結果、形成されるのがその人のキャリアではないでしょうか。

終身雇用が「昔話」になる日もそう遠くないかもしれませんし、平成の中盤には、様々な経験を計画的に積み上げて自らのキャリアを形成しようとする人も現れました。そろそろ「進路」と「キャリア」の区別を明確にしておいた方が良さそうです。

2015/08/04 公開の記事をアップデートしました。


❏ 進路の選択がキャリアを決定するわけではない

進路選択が差し迫った課題になる時期を迎えると、やりたいこと、興味のあることが見つからないことに焦りや悩みを抱える生徒が現れます。

小中学校で経験してきた横断的・体験的な総合的な学習と、そこで生徒が学んだことをベースに展開されるべき高校からの進路指導と結び付けた探究的な学習が十分な成果をあげていないせいかもしれません。

しかしながら、如上の「進路とキャリアの違い」を生徒も指導者も十分に理解できていないことが、生徒を不要に追い詰めているもう一つの原因になっている可能性も否定できないのではないでしょうか。

ゴールを決めて最短距離を歩くのとは違うアプローチもあるんだよ、ということを教えてあげるだけでも、やりたいことが見つからずに焦っている生徒に一歩を踏み出させることができるように思います。


❏ 面白いものを追及する中で出会う新たな興味

どんなことでも、面白がって突き詰めていけば、最初は見えなかったところに更なる深みや広がりがあり、そこには予想もしなかった面白いこととの出会いもあります。

日々の学習や様々な体験の中で出会った興味を放置せずに、より広く調べてみたり、探究を通して掘り下げて行けば、また新たな興味と出会うことになりますし、その興味を起点に選んだ進路を歩む中にもそうした出会いが待っています。

先に進んで学びを深めないと見えてこない景色もあります。今見えている世界の中に「一生をかけるに値すると思える営み」がないなら、先に進んでみるしかありません。

画像
やみくもに進んでは、袋小路が待っているかもしれず、ある程度の展望を持つことは必要ですが、すべてを計算し尽くすことはできません。自分の中に生まれた興味に忠実であることも大切ではないでしょうか。


❏ 予期せぬ偶然との出会いでキャリアは形成される

ある局面での選択は、その後の選択肢の配列を変えてしまいますので、安易な態度で臨むわけには行きませんが、「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」(ジョン・D・クランボルツ)という考え方もあります。

現時点で興味があって、より深く学んでみたいことがあれば、そこに足を踏み入れてみてこそ、予期せぬ偶然との出会いが期待できます。

変化が加速し、不確実性が高まる社会では、一つのゴールを設定して逆算的にルートを選ぶこと自体が、現実的ではなくなっているようにも思えます。今ある職業が、生徒がキャリアの中盤を迎える20年後、30年後に存続している保証はどこにもないはずです。

幸運にも存続していたとしても、環境や情勢の変化で、今の時代に放っている輝きがすでに失せていることだって十分にあり得ること。

将来のビジョンを描き、どんな人生を歩み、最終的にはどのような状況に身を置くかを考えたところで、思い描いた通りに実際のストーリーが進展するとは考えにくいような気もします。

こうした時代だからこそ、以下の三要件を常に意識し、充足しようと努力することがより良い人生を引き寄せるのではないでしょうか。



■関連記事:
  1. イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い
  2. カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ
  3. 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場
  4. 目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心
  5. 学習指導、進路指導、探究活動で作るスパイラル
  6. 探究型学習を使った進路指導(全6編)
  7. 探究から進路へのきっかけを作るプラスαの一問
  8. 探求活動の目的から考えるテーマ選び



追記: きっかけとなる興味さえ作れれば、それを突き詰めるうちに、新たな気づきや刺激を受けて、やがては「学びたいもの」 が見えてきて、その中にこそ、進路意識が形成されていきますが、いざその時を迎えて「手が届かないからあきらめるしかない」というのは悲劇です。

偶然との出会いに備え、しっかりと学力をつけておくことこそが、キャリア教育の真ん中にあるのかもしれません。

興味を見出すにも、対象とするものへの自己効力感が不可欠です。以下のデータは、学力や技能の向上、自分の進歩を実感できたところにしか興味が芽生えてこないことを示しています。

画像
このデータの詳しい解説はこちらからお読みいただけます。



教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 指導計画&進路指導

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-18 16:12
  • 伸びている実感を持たせるために

    Excerpt: 興味関心は、その科目を学ぶ生徒自身の理由(=モチベーション)になります。努力して達成した中に生まれるもの――そう考えれば、授業設計において最優先すべきは、生徒が学力や技能の向上を実感できることであり、.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-19 05:24
  • 学ぶことへの自分の理由

    Excerpt: 教員側での「教える理由」と、生徒の側での「学ぶ理由」は必ずしも一致しません。授業評価アンケートで以下の2つの質問への回答は、ある程度の関連があるものの、数値化して算出した相関係数は0.48にとどまりま.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-09-14 07:32
  • 推薦入試を利用させる条件

    Excerpt: 多くの学校では文化祭も終わり、3年生は本格的な受験体制に入ったことかと存じます。夏休みにしっかりと力をつけて第一志望の実現に走り出した生徒ばかりなら良いのですが、中には、成績の伸びが感じられずに、推薦.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-09-17 06:00
  • 目的意識/自分の理由をどう作らせるか

    Excerpt: 以前の記事「学ぶことへの自分の理由」 で、生徒自身が“自分なりの課題や目的意識” をもって授業に取り組んでいるかどうかで学習の目標達成が大きく左右されることをお伝えしました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-12-18 04:52
  • 進路決定までのプロセスを正しく踏ませる(その2)

    Excerpt: 自分がそれまでに取ってきた行動、辿ったプロセスについては、反省すべき点があれば次の機会に修正・改善ができるのに対し、決まった進路はおいそれと変更できないという事情もあります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-12-20 10:09
  • 進路決定までのプロセスを正しく踏ませる(その6)

    Excerpt: 「尋ねることで問題意識を喚起する」 と申し上げましたが、その必要があるのは、進路選択を控えた生徒だけではありません。生徒を支える立場にある、クラス担任の先生も同じです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-12-24 07:15
  • 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」

    Excerpt: 中高一貫校では、6年間という長い指導期間を活かして探求型学習プログラムの整備が比較的進んでいます。これに対して指導期間が3年(実質的には2年半)しかない高校では、本格的なプログラムを組み込むには時間的.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-23 06:16
  • 積極的に学ぶ姿勢(記事まとめ)

    Excerpt: 積極的に学ぶ姿勢を持たせたい ── 人に教える仕事に就いたからには誰しもが抱く思いです。これを実現するためには、学びに対する積極性を構成するものが何かを捉える必要がありますよね。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-24 07:04
  • カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ

    Excerpt: 「キャリア教育の充実」 という言葉があちらこちらで聞かれますが、職業調べ、職場体験などを起点に行うことが多く、そのやり方に少々疑問を感じています。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-06-10 06:25
  • 進路希望を作る指導[進路意識形成]

    Excerpt: 「進路希望を実現する」 ── いろんなところで見聞きするフレーズです。確かに、生徒が抱いている希望ならその実現に向けて本人の努力支え、導いてあげたいものですが、「進路希望は、実現する前に作るもの」 で.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-06-15 08:10
  • 生徒意識アンケート⑨ 将来を見据えた行動選択

    Excerpt: 目先の欲求を満たすことより、少し先を見越して今やっておかなければならないことを優先して考えられるようになった生徒の姿を見ると、「成長したなぁ」と感じるものです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-08-01 05:54
  • 興味が生まれる瞬間を体験させる

    Excerpt: 生徒が主体的に意欲をもって学習に取り組むのは、「学ぶことへの自分の理由」 を持ったとき。将来の夢があってその実現を図りたいという気持ちも理由の一つでしょうが、そうした外にあるものとは別に、「興味という.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-08-09 07:57
  • 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会

    Excerpt: 進路を決定するまでのプロセスの中で、生徒は大小様々な選択を経ていきます。最も大きなものは文系か理系の選択、あるいは3年生でどの科目を履修するかの選択。文化祭などの学校行事が一段落したら、こうした選択は.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-12 08:08
  • 選択機会に臨ませるときの指導(関連記事更新状況)9/13現在

    Excerpt: 昨日の記事で予告した、大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 の関連記事の更新状況です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-13 06:56
  • 模試受験後の指導~進路希望を維持させる~

    Excerpt: 模擬試験を受験させた後の指導は、進路希望の実現への意欲を維持し、難関に挑む姿勢を作らせる上で最も大切なもののひとつです。きちんと振り返って、そこまでの自分の進歩と次に向けた課題を明確にできるかどうかが.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-10-03 06:14
  • 進路意識形成を支える指導

    Excerpt: 1 興味を追いかけ、しなやかに選択を重ねる1.1 キャリアは選ぶものではなく重ねるもの 1.2 カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ 2 進路指導で育む“選択の力”2.1 進路指導で育.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-12 07:31
  • 志望理由を書いて選択に向き合う

    Excerpt: 3月も残すところ1週間。新学期もまもなくです。いよいよ最上級生となる新高3生は、進路希望の実現という大きな挑戦が始まります。スタートに際し、ゴールを目指す心構えを新たにすることが、最長で11か月にわた.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-02-14 08:03
  • 卒業後に燃え尽きさせないために

    Excerpt: 進路希望の実現に向けて頑張ってきた生徒には、進学先でも大いに頑張って充実した日々を過ごしてほしいところですが、様々な統計を見ると、学業不振や学校生活不適応で苦しんでいる学生も少なくないようです。原因を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-30 07:41
  • 勉強を好きにさせる学ばせ方

    Excerpt: 先週半ば、東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所との共同研究(親子パネル調査)の調査結果がプレスリリース【学習における「中2問題 プロブレム」 中2生は勉強嫌いが約6割(プレスリリース)】 さ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-04-24 08:04
  • 探究型学習を使った進路指導#INDEX

    Excerpt: 探究型学習を通して、深めてみたいと思える興味や、自ら関わりを持ちたいと思える社会の課題を見つけ、それを起点にして具体的な進路希望を作っていく生徒がいます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-02-09 04:34
  • ゴールを決めて最短距離?(その1)

    Excerpt: 将来なりたい仕事を見つけ、そのためにはどんな学部・学科で学ぶのが最善かを逆算して考えるという、広く行われてきた進路決定の方法は今後ますます難しくなるように思います。ゴールとして目指していた仕事が10年.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-05 06:44
  • ゴールを決めて最短距離?#INDEX

    Excerpt: 社会の変化が加速する時代にあって、様々な研究者が予測していたことが現実に近づいていることを実感します。曰く、2011年に米国の小学校に入学した子供の65%は大学卒業時に今はない職業に就くだろう。(ニュ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-07 07:25
  • 調べたことの先に~新たな知と当事者としての関わり

    Excerpt: 探究活動や課題研究のプログラムを作って導入して生徒に取り組ませるとき、「何を目的とする活動か」という根源の問いに先生方がどのような答えを共有しているかはとても大事なことだと思います。探究活動には様々な.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-03-11 11:53
  • 目標を持った状態で巣立たせる

    Excerpt: 各地の学校が特色ある学校づくりに取り組んでいる以上、実現を目指している教育の価値とその成果を示す指標にはもっと様々なものがあって良いと思います。例えば、卒業に臨んで「私はどうしてこの進路を選んだ、この.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-30 05:43