現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 振り返りのためのアウトプット #INDEX

<<   作成日時 : 2019/04/17 06:17   >>

トラックバック 8 / コメント 0

インプットに不備や不足があっても、アウトプットの機会を持たなければそれに気づくことができません。しっかり教えて、きちんと覚えさせるというアプローチだけでは満たせないものがありそうです。
読んだり、聞いたり、話し合ったりして理解したことを言語化する
それをもとに考え出した解に他者の理解と共感を得るべく表現する
といった体験を通して、本当に理解できたかどうかを確かめたり、知識の統合や意味の拡張を図ることが学びを深く確かなものにします。

また、アウトプットと振り返りにより、自らの学習行動を客観的に捉えるメタ認知を養うことは、学習者としての自立と行動の改善を促す上でも欠かせません。勉強を好きにさせる学ばせ方にも繋がります。

2015/08/28 公開の記事をアップデートしました。


アウトプットしてみることで、足りないものに気づけば、それを埋めたいとの気持ちが生まれ、それが「学ぶことへの自分の理由」になりますし、アウトプットがうまく行き学びの成果を実感できれば、そこで得られた達成感を原資とする、興味の発現や深化、次の学びに向けたモチベーションも期待できます。

扱う内容が多くて授業時間が足りなくても、なんとかやりくりしてアウトプット(言語化と振り返り)の機会を作りたいものです。アウトプットをどのように位置づけるか、改めて考えてみる必要がありそうです。

アウトプットは、学習活動のゴールにあるのではなく、次の学習へのスタートを整える行動です。アウトプットの機会を授業内外に整えることだけでなく、それをうまく使って正しい振り返りができるように生徒を段階的に導いていくことも忘れないようにしたいものです。


#01 振り返りのためのアウトプット(その1)
理解しているかどうかは、習ったときと違う形で確かめる
教室を離れる前に5分間のアウトプット
定期考査の問題も、記憶再現タイプに偏らないように
わかっていないことに気づくことが学びの始まり

#02 振り返りのためのアウトプット(その2)
上手くいかなかった時こそ、知恵を獲得するチャンス
失敗の後処理、未習熟の解消だけを目的にしない
作戦ミスと実行ミス2つの観点で再度の振り返り
正しく振り返りができるようにすることも重要な指導目標
リフレクションシートもただ使っているだけでは


理解確認/学びの振り返り
知識の活用、学びの仕上げ
学ぶ理由/自立した学習者


■関連記事:
  1. 5分間アウトプットの費用対効果
  2. 書くことと振り返りが学力を伸ばす
  3. 学びにおけるインプット(input)とインテイク(intake)
  4. 答えを仕上げる中で学びは深まる
  5. 課題の仕上げは個人のタスクに(前編)(後編)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
課題の仕上げは個人のタスクに(前編)
様々なアクティビティを授業内に配列し、学んだことを活用する機会を整える中で、教える側が忘れてならないのは、「仕上げは個人に戻して行わせること」 です。仕上げの作業を通じてなされる「学びの振り返り」 と「成果の固定(=言語化)」 が、経験したことを「学力」 という成果に換えて生徒の内に固定するからです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/11/09 05:10
5分間アウトプットの費用対効果
以前の記事でも書きましたが、 学力の向上や自分の成長や進歩を実感するのは活用機会としての課題を解決した瞬間です。、「習ったことを使って課題を解く機会が整えられている(横軸:活用機会)」ことと「この授業を受けて、学力の向上や自分の進歩を実感できる(縦軸:学習効果)」ことの間には非常に強固な相関がみられます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/12/25 08:19
指導案の優劣を論じるときも
指導案を持ち寄ってその改善協議をするときや、教育実習生にアドバイスをするとき、それぞれの経験や考え方が競合を起こし、議論がかみ合わないことがあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/06/29 06:15
活動性と学びの成果を繋ぐ鍵〜課題を通じた目標理解
昨日の記事に書いた通り、授業時間内における学習者の活動性は昨今大きく高まっていますが、せっかくの活動性が学びの成果につながっていないように見受けられるケースも少なくありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/25 07:31
理解確認とアウトプット
1 理解度の確認〜場面と方法1.0 理解度の確認〜場面と方法(序) 1.1 理解度の確認〜場面と方法(その1) 1.2 理解度の確認〜場面と方法(その2) 1.3 理解度の確認〜場面と方法(その3) 1.4 理解度の確認〜場面と方法(その4) 2 振り返りのためのアウトプット2.0 振り返りのためのアウトプット(序) 2.1 振り返りのためのアウトプット(その1) 2.2 振り返りのためのアウトプット(その2) 3 活動させて「観察の窓」 を開く3.1 活動させるのは... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/16 05:27
勉強を好きにさせる学ばせ方
先週半ば、東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所との共同研究(親子パネル調査)の調査結果がプレスリリース【学習における「中2問題 プロブレム」 中2生は勉強嫌いが約6割(プレスリリース)】 されました。方々で取り上げられましたので、ご覧になった方も多いと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/24 08:04
答えを仕上げる中で学びは深まる
授業を通して学力の向上や自分の進歩を実感できることで、生徒はその科目を学びつつづける意欲を維持・向上することができますが、その実感をもたらすのは「習ったことを使って課題を解決できた体験」です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/08/30 07:24
学びにおけるインプット(input)とインテイク(intake)
新しい学力観に沿った学ばせ方の転換を図ろうとするとき、学びのプロセスを「インプット」と「インテイク」に分けてみると、様々な着想が得られたり、見落としていたものに気づきやすくなったりします。ともに知識や情報を外から内に入れることには変わりませんが、専ら外からの働きかけで行われる「入力」と、不明を見出したり、興味を持ったりしたときに、自ら求めて行う「取り込み」とは別のものですよね。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/22 04:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
振り返りのためのアウトプット #INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる