現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 答えを仕上げる中で学びは深まる

<<   作成日時 : 2018/08/30 05:20   >>

トラックバック 20 / コメント 0

授業を通して学力の向上や自分の進歩を実感できることで、生徒はその科目を学びつつづける意欲を維持・向上することができますが、その実感をもたらすのは「習ったことを使って課題を解決できた体験」です。

課題を与え、知識や理解を活用する場面を整えることが重要なのは言うまでもありませんが、とりあえず答えが出せたところで立ち止まらせては深い学びは生まれません。

納得いく答えが仕上がるまで、じっくりと課題に取り組ませましょう。

2015/08/05 公開の記事を全面リライトしました。


❏ 仮の答えを仕上げ直す中にこそ、学びの深まりがある

導入→展開と進んだ後で、その日の授業で学んだことを用いて解くべき問題を生徒に与え、理解の確認や学びの仕上げ(まとめ)の場とするのは、昔から広くみられる手順です。

しかしながら、多くの場合、生徒が答えを作るのは一度限りです。先生が提示した模範解答に照らして○×をつけたり、朱入れをするぐらいで 終わってしまうことが多いのではないでしょうか。

この流れでは、「生徒が自分の答えを仕上げる」という感覚には程遠いような気がします。結局は、先生が用意しておいた答えを示され、それを覚えるだけになってしまいますよね。

最初に作った答えのどこに不足があり、より良い答えに作り変えるには何が必要かを生徒自身が気づけないことには、いつまで経っても「正解が与えられるのを待つ」だけではないでしょうか。

学ばせているのは「答え」ではないはずです。答えを導く過程こそ、学ばせるべきものだと思います。


❏ 答えの仕上げに向かわせるには自己答案の評価から

自分が作った答えを、採点基準に照らしてみたり、他の生徒の答えと見比べてみたりする中で、客観的に評価してみることは「答えの仕上げ」に向かわせる入り口になります。

空所補充や正誤判定のような、正誤が一義に決まる問題だけでは、間違い直しで終わってしまい、答案の評価という工程は経験できません。

思考力・判断力・表現力を鍛えるにも試すにも、「読んで理解したことをもとに考えたことを表現する」ことを求める問いを用意しましょう。

生徒は、振り返りのためのアウトプットを通じてはじめて、インプットに不備があったことに気づけます。

このタイプの問題は自ずと正解にある程度の幅(許容範囲)がありますが、新テストのモニタ実施の結果では、自己答案の客観的評価ができていないケースが少なくないことが示されています。

その日の学習目標を端的に表現し、且つ、思考・判断・表現の要素を含んでいる「ターゲット設問」を用意すると同時に、答案を評価するための採点基準を示し、生徒自身にその適用を求めることが必要です。


❏ 最初の答えと仕上げ直した答えの差分が学びの成果

導入フェイズの目的と方法で書いたように、授業の冒頭で「ターゲット設問」を提示して、手持ちの知識を頼りに「仮の答え」を作らせておけば、授業を終えて「作り直した答え」との違いから、その日の学びの成果を確認できます。

しかしながら、この段階でも、すべての生徒が正解要件を十分に満たす答えを作り上げられているとは限りません。

教室を離れて、もう一度じっくりと課題に取り組み、自分の答えを仕上げさせる必要があります。

仕上げは次回までの宿題にして提出を求めても良いし、生徒自身に仕上げを任せられるようなら、正解は敢えて示さず「定期考査に出題するから、それまでに仕上げておきなさい」と突き放しても良さそうです。

すべての生徒がすんなりと模範解答を作れるようでは、ハードルが低すぎたのかもしれません。「苦労したけど、どうにか正解を導けた」というぐらいの負荷が、一番大きく生徒を成長させます。


❏ 仕上げに向かえるだけのレディネスを整える

答えの仕上げ直しを宿題にしても、そのまま持ち帰らせたのでは、すべての生徒が答えを仕上げ切れる保証はありません。

仕上げに向かえるだけのレディネスを備えさせて教室を送り出さないと、端からできないと思い込み、諦めてしまう生徒だって出てきます。

課題を与えた以上、仕上げ切れるように導くのは与えた側の責任です。

ICTを利用したり、生徒自身に板書させたりすることで、幾人かの答案をシェアし、「答案の相互評価」を行わせるのも好適です。

どちらの答案が好ましいか直観的に判断させるところから始めて、なぜそちらをより良いと考えたのか理由を言語化させれば、そこで作られたメタ認知は自己答案の評価にも活かされます。

様々な答案に触れることだけでも、解決に向けたアプローチにより広い発想が持てますし、欠けていた知識や理解の所在にも気づけます。

こうした活動の中で、「こうすれば自分の答案はもっと良くなる」というヒントが得られれば、仕上げ直しに向けたモチベーションも高まりますので、宿題の履行率や取り組みの積極性の向上も期待できそうです。


❏ 仕上げ直した答案をシェアし、相互啓発を働かせる

次の授業までの宿題にした場合は、「答え合わせ」をすることになりますが、ここでも「自力で答案を仕上げさせること」に注力しましょう。

間違えたところを朱書きで訂正させるだけでは、結局、正解が与えられるのを待たせているだけです。

正解に至るプロセスを十分に把握できたところで、改めて最初からきちんと書き直させてみても良いのではないでしょうか。

ノートに書いてきた答えに朱がたくさん入った(修正が多かった)生徒には、新しいスペースに「最終解答」を書き直させましょう。

部分の修正と全体の再構成とでは、頭の働かせ方が違いますので、改めて解答を書き上げる中で、新しい気づきがあったり、頭の整理が進んだりします。

たくさんの課題に当たらせるのとは違い、ひとつの課題にじっくり取り組ませることで得られる学びもあるはずです。


 ■やりきらせる責任〜仕上げ切らないことを習慣化させない


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伸びている実感を持たせるために
興味関心は、その科目を学ぶ生徒自身の理由(=モチベーション)になります。努力して達成した中に生まれるもの――そう考えれば、授業設計において最優先すべきは、生徒が学力や技能の向上を実感できることであり、その科目を得意と言い切れるようにすることであると考えます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/08/19 05:24
やりきらせる責任(その2)
知識の獲得・拡充を図ることを目的とした場面でも、獲得した知識を活用して課題に解を導く場面でも、生徒が仕上げきれない状態にあるならば、適切な支援を行い完遂に導くことが教える側の責任です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/01/12 04:25
積極的に学ぶ姿勢(記事まとめ)
積極的に学ぶ姿勢を持たせたい ── 人に教える仕事に就いたからには誰しもが抱く思いです。これを実現するためには、学びに対する積極性を構成するものが何かを捉える必要がありますよね。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/02/24 07:04
知識の活用、学びの仕上げ
1 課題解決を通した知識活用の機会1.1課題解決を伴わない知識獲得は…(序) 1.1 課題解決を伴わない知識獲得は…(その1) 1.2 課題解決を伴わない知識獲得は… (その2) 1.3 伝達スキルと授業デザイン 2 課題に挑ませた以上、仕上げさせるのが責任2.1 仕上げきる過程を省かない 2.1 やりきらせる責任(序) 2.2 やりきらせる責任(その1) 2.3 やりきらせる責任(その2) 2.4 課題の仕上げは個人のタスクに(前編) 2.5 課題の仕上げは個人のタスク... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/27 08:23
協働学習を"集団としての調和"で終わらせない
グループ学習などで実現される「対話的な学び」 は、互いの知識や経験、発想を交換することで、学びをより深いものにするのに加え、一人では解決できない課題に取り組むときにも欠かさないものです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/04 07:32
最適解を示すことより選択の力を養うこと #面談指導
面接指導では、こちらが用意した「正解」を与えることより、対話を通じて生徒の「選択の力」を養うことに注力すべきかと思います。岐路に立って選択に迫られた生徒が正解を求めるのに安易に応えてしまうと、生徒は自分で判断しなくて済んでしまいます。徹底的に調べて考え選び出すからこそ、選択の力が身につきますし、自ら選択した結果にも向き合う覚悟が持てるはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/26 07:05
プレゼンテーション力より質問力
探究活動や課題研究に限らず、日々の授業の中でも生徒がプレゼンテーションに取り組む機会が増えています。小学校からの蓄積もあってか、中高生のプレゼン力は確かに高まっていますが、プレゼン後の質疑応答では、ほとんど質問が出ないか、たまに質問が出ても散発的で、そこから議論に展開するような場面はめったに見かけません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/04 09:10
思考力と表現力を養うには
1 学力の三要素、高大接続改革に向けて1.1 学力の三要素とは〜もう一度考えてみました 1.2 高大接続改革に向けて今できる準備 1.3 高大接続改革に向けて今できる準備(その2) 1.4 評価方法の再整備〜高大接続答申から 2 考察: 大学入学共通テスト&高大接続改革2.0 考察: 大学入学共通テスト&高大接続改革 2.1 モデル問題(共通テスト)を見て #1国語 2.2 モデル問題(共通テスト)を見て #2数学 2.3 新共通テストの採点基準〜正しく適用できる力 ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/05 07:48
終了時の工夫で成果を高める(記事まとめ)
同じ教材を用い、同じ展開で授業を行っても、仕上げ方/まとめ方で学習効果は大きく異なります。これまでに公開した拙稿から、関連する記事をまとめてみました。実りの秋も近づいています。日々の授業における学びの実りをもっと大きくするために、是非ともお試しください。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/15 04:31
結論を出さずに終える授業
授業の終わりは「今日の授業の内容をまとめて」 というのが定番スタイルかもしれませんが、ちょっと発想を変えて、問いに答えを出さずに次の授業につなぐというやり方はいかがでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/17 05:19
5分間アウトプットの費用対効果
学力の向上や自分の成長や進歩を実感するには、学習を通じて達成すべきこと(=学習目標)の把握教え合い・学び合い、対話を通じた学びの深まりという2つの要素に加えて、習ったことを課題解決に活用する機会が欠かせません。学習目標の把握には「解くべき課題」が必要であり、活動を自己目的化しないためには「目標の認識」が不可欠という因果関係から、これら3項目は互いに強固な相関で結ばれています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/18 04:43
予習・復習で何をさせるか(その2)
予習は「授業で学んだ方法を試して身につける場」と捉えて生徒に課すべきタスクを選択する必要がありますが、復習もまた、単に「習ったことを忘れないように反復する」というだけの場面ではないはずです。習ったことを振り返って理解に欠け落ちがないかを確認する順番に教わってきた事柄を整理し直して理解の統合を図る学んだことを様々な課題に適用してみて、その意味の拡張を図る授業中に疑問/興味を感じたところを自ら調べ、理解を広げるといったところにも復習という活動の目的があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/25 06:14
大学入学共通テストで求められる読解力
週末に大学入学共通テストの試行調査(プレテスト)が行われました。新聞などで報道が出ていますが、出題内容や記述問題の採点基準は、早めに目を通しておきたいところです。求められる学力観の変化を捉えて教室での学ばせ方の転換を図るのに早すぎるということはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/12 06:15
知識の獲得は個人の活動を通じて
授業デザインを考えるとき、生徒が個人の活動でも取り組めるものと、集団の中での協働でしか学ばせられないものとを区別しておかないと、扱うべき学習内容を限られた授業時間と指導回数の中に納めきれなくなってしまいそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/26 07:36
授業改善をより確実にするためのデータの見方
授業評価アンケートの集計結果は、個々の項目の評価値を別々に眺めるよりも、「目的変数」を設定した上で、それとの関連の中で個々の数値を解釈する方が、授業改善に向けた改善課題を捉えやすくなります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/22 07:23
学びにおけるインプット(input)とインテイク(intake)
新しい学力観に沿った学ばせ方の転換を図ろうとするとき、学びのプロセスを「インプット」と「インテイク」に分けてみると、様々な着想が得られたり、見落としていたものに気づきやすくなったりします。ともに知識や情報を外から内に入れることには変わりませんが、専ら外からの働きかけで行われる「入力」と、不明を見出したり、興味を持ったりしたときに、自ら求めて行う「取り込み」とは別のものですよね。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/22 04:41
対話と協働による気づきと学びの深まり
授業内における学習者の活動性が高まることで、授業を受けて学力や技能の向上をより強く実感できたり、苦手意識の発生や増大を抑制できたりといった効果があることは、既にデータで確かめられています。授業内活動を通した達成感・充足感活動性が苦手意識を抑制する機能とその限界これをもう一歩進めて、「深い学び」に繋がっているかどうかを確かめようというのが、以下の質問文(授業評価項目)に込めた意図です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/04 07:13
振り返りのためのアウトプット(その1)
授業で学んだことを用いて問いに答えを導く場や、調べてきたことに基づく討論や発表など、学びの成果のアウトプットには様々なものがありますが、一連の学習活動の「終端」と捉えていては、その機能を十分に活かせません。アウトプットはゴールではないということです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/15 07:58
振り返りのためのアウトプット #INDEX
インプットに不備や不足があっても、アウトプットの機会を持たなければそれに気づくことができません。しっかり教えて、きちんと覚えさせるというアプローチだけでは満たせないものがありそうです。読んだり、聞いたり、話し合ったりして理解したことを言語化する それをもとに考え出した解に他者の理解と共感を得るべく表現するといった体験を通して、本当に理解できたかどうかを確かめたり、知識の統合や意味の拡張を図ることが学びを深く確かなものにします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/17 06:08
新しい学力観にそった授業と家庭学習の再設計
高大接続改革や新課程への移行で学力観も新しいものに更新を図る必要があります。学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められることは拙稿でもお伝えしました。しかしながら、授業外学習時間の延伸という課題には、宿題・課題の増量といった昔ながらの解決策しか用意できず、十分な成果があがっていない学校が少なくないようにも感じています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/05/24 06:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
答えを仕上げる中で学びは深まる 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる