活動性を高めて苦手意識を抑える

討論や練習、作業などの活動を通じて生徒が充足感を得ているクラスほど難しい課題にチャレンジさせても苦手意識を作らせにくいようです。

課題や授業内容を難しくしていくと生徒の意識は「得意」から「苦手」にシフトしていくのが普通ですが、生徒自身が能動的に学びに関わる場面を作ることで、苦手意識の発生を遅らせることが出来そうです。

画像


❏ 活動性が高ければ、難易度を上げても苦手に振れない

上グラフは、同じ質問を採用している複数の学校における主要5教科(英数国理社)を抽出して作成しました。

それぞれの質問文は以下の通りです。グラフの横軸・縦軸には、各選択肢に与えた配点にそれぞれの選択率を乗じて足し上げたものを有効回答数で除した結果を置きました。

Ⅷ難易度: 授業内容や課題の難易度は、あなたにとって、
  選択肢は、難しすぎる(+10)~易しすぎる(-10)5段階
Ⅹ意識姿勢: この科目は、あなたにとって、
  選択肢は、とても得意(+10)~かなり苦手(-10)の5段階

散布図中のは、Ⅸ授業内活動「討論や練習、作業などの活動を通じて充足感を得ることは、…選択肢は、とてもある(+10)~まったくない(-10)の5段階」での得点(計算方法は上記と同じ)での上位25%と下位25%に含まれる授業を表しています。

グラフを見れば明らかなとおり、討論や練習、作業などの活動への参加機会がしっかり整えられているクラスでは、同じ負荷を与えても、得意寄りの意識が強く出ています。

また、負荷(難易度)が上がったときの苦手意識に向かう傾斜が緩やかであることも、一目でお分かりいただけるはずです。

活動性上位群では、なんと難易度+5のレベルまで上げても、近似線は得意寄りのエリアをキープしています。


❏ 苦手意識から生まれる低活動スパイラルを断ち切る

苦手意識が優位になれば、当然ながら挑む意欲も薄れ、結果として課題を達成できる可能性を下げてしまいます。

自分で努力して達成した経験が、自信に繋がるとすれば、如上の悪循環の中では自信を失っていくばかりです。

  • 苦手→やらない→できない→さらに苦手
  • 得意→やってみる→できた→さらに得意

どちら向きのスパイラルも、外から働きかけができる「入口」は唯一、「やるか、やらないか」 の部分だけです。

失敗を恐れる気持ちを、強さで上回る動機を与えることは、その有効な方策になるはずです。

以下、失敗を積極的に経験させる(その2) からの転載です。

失敗を恐れる気持ちを強さで上回る動機を与えると言っても、決して複雑なことではありません。活動に「誰か別の人のために行う活動」「チームに貢献するための行動」という要素を持たせるだけでも十分な効果が期待できます。

成功しようと失敗しようと、利益を得るのも損害を受けるのも自分だけという状態では、煽られるものはありません。ところが、自分のパートをちゃんとやらないとチーム全体に迷惑がかかる、パートナーが困ったことになるということになれば、話は別です。

例えば、こんな場面ならどうでしょう。

ひとまとまりの英文をグループの人数に切り分けてカードにして配ります。生徒はそれぞれ別のカードを持っており、互いに見せてはいけません。自分のカードを黙読して、その内容をグループの全員に伝えます。

中にはひたすら音読して相手になんとかわかってもらおうとする生徒もいれば、辞書を引いて的確に要約し伝えている生徒もいます。それぞれの力量の範囲で出来る限りのことをしようとしています。ここでは、多少の読み違えなど、意識の中で「避けるべき失敗」に入りません。

伝えるという目的のもと、読む、話す、聞くという活動に、失敗をおそれず取り組んでいる姿を想像していただけると思います。

調べ学習でも、担当パートをそれぞれ別に割り当てることで、「チームへの貢献」という要素を持ち込むことが可能です。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 伸びている実感を持たせるために

    Excerpt: 興味関心は、その科目を学ぶ生徒自身の理由(=モチベーション)になります。努力して達成した中に生まれるもの――そう考えれば、授業設計において最優先すべきは、生徒が学力や技能の向上を実感できることであり、.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-08-19 05:24
  • 積極的に活動させるツボ

    Excerpt: 授業内活動が、学習効果を高めたり、苦手意識を抑制したりする効果をもつことは、以前の記事でご紹介したようにデータでも確認されています。学力が高い学校の実践には「言語化」と「振り返り」が顕著にみられたとい.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-10-20 04:43
  • 難易度をどう考え、どのように調整するか(その2)

    Excerpt: 教材や課題を選ぶときに、難易度をどの程度に設定するかを考えるには、成績などの客観的な数字以上に、生徒が自分の学習やパフォーマンスをどう感じて取っているかを基準にする必要があるというのが前稿でのお話でし.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-09 04:28
  • 難易度をどう考え、どのように調整するか #INDEX

    Excerpt: 教材や課題の難易度をどのように設定するかは、生徒の学力分布だけを見て決めるものではありません。同じ負荷をかけていても、生徒が感じている得意/苦手の意識や、授業を通じた学力伸長の手応えを把握しながら調整.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-10 05:23
  • 学力差、苦手意識、負荷調整

    Excerpt: 1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法1.0 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(序) 1.1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その1) 1.2 クラス内で生じた学力・学欲差への対.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-26 04:47
  • 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響

    Excerpt: 教材や課題の難易度が上がると、その科目への苦手意識が高まることは容易に想像できますし、実際のデータでも確認できます。しかしながら、苦手意識の発生には様々な要因が絡み合っており、目標水準を引き上げたから.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-27 08:52
  • 授業評価項目⑩ 「得意」と答える生徒を増やす

    Excerpt: 同じ教材で同じ指導をしていても、得意・苦手の分布はクラスによって違って当たり前 ── それまでの学習履歴の中で積まれた成功体験や獲得している学習方策によって生徒一人ひとりの感じ方が異なります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-06-30 06:14
  • 不要な苦手意識を抱かせない

    Excerpt: 授業を通して学力の向上や自分の進歩を十分に感じ取っているのに、その科目が得意か苦手かと訊かれると「苦手」 だと答える生徒が思いのほか多くいます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-08-21 07:42
  • 活動性が苦手意識を抑制する機能の限界

    Excerpt: 以前の記事でも書いた通り、ある程度までなら授業や課題の難易度を高めても、活動性を高めて苦手意識を抑えることができます。教え合い・学び合いが知識や理解の不足を補い、課題解決の可能性を高めることは想像に難.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-07-27 07:51