現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 結論を出さずに終える授業

<<   作成日時 : 2018/10/17 05:17   >>

トラックバック 6 / コメント 0

授業の終わりは「今日の授業の内容をまとめて」 というのが定番スタイルかもしれませんが、ちょっと発想を変えて、問いに答えを出さずに次の授業につなぐというやり方はいかがでしょうか。

授業を「復習→導入→展開→演習→まとめ」 という固定的な構成で考える必要はありません。

結論を与えてしまうことで学びや思考を締めくくらず、問いをオープンにしたままま授業を終えることが、生徒に考え続けさせることにつながることだってあります。

2015/09/01 に公開した記事をアップデートしました。


❏ 答えを出したら、生徒はそこで思考を止めてしまいがち

問いに答えを出してしまうと、生徒の側では「答えはこれか。あとはテストまでに覚えるだけ」 という意識が生まれ、それ以上考えることをやめてしまいます。

自分で納得いく答えを仕上げていなくても、それ以上じっくり取り組むこともやめてしまいます。

正解を示して、本時の学びを確定しようという意図が、かえって生徒の思考をストップさせているということです。

大切なことは、学習(=生徒がどれだけ思考を重ねたか)の総量ですから、それを大きくするにはどうしたらよいかを授業設計の根本的な着想とすべきだと思います。

その日の授業で考えるために必要な材料をしっかりと与えたら、問いを示して「次の授業では、これについて考えてみよう」と締めくくるのも有効な手立てとなり得ます。


❏ せっかく充填した燃料、きちんと使いましょう

授業の終わりは、先生からの説明や生徒自身が調べて考え、話し合ったことを通じて、知識や問題意識といった“考えるための燃料”が生徒のうちに充填されているタイミングです。

教科書や資料に書かれたことを表面的には理解し、関連する情報や背景の事情もつかんだ。考えたり、討論したりしたことで、疑問も明らかになってきた――まさに、考え続ける十分な材料とモチベーションを生徒が持っているこの機を逃してはいけません。

そのモチベーションを、学習という行動に着実に結びつけるちょっとした工夫が加われば、学びの成果はさらに大きくなるはずです。

問いを板書して書き写させるのでも、答えを書き込んでくる用紙を配るのでも構いません。次の授業までにじっくり取り組んで仕上げるべきタスクを認識させましょう。


❏ 仮のアウトプットから家庭学習につなぐ

50分の授業を、教えと学びの45分+アウトプットの5分間に分割するやりかたは、別稿でご紹介しました。

5分間という限られた時間では答えを仕上げ切れない場合も多いと思いますが、持ち帰らせてじっくり仕上げに取り組ませれば良い話です。

新学習指導要領に向け、授業のあり方(教え方/学ばせ方)も変わっていく必要がありますが、それに伴い家庭学習の一層の充実も課題です。

 ■ 答えを仕上げる中で学びは深まる
 ■ 学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められる

次の時間では、提出/提示を求めて、仕上げの具合を確認することからスタートすれば、授業間のつながりも明確になります。

仕上げを通して前時の学びが確かなものになったことに加え、仕上げを通じて得た新たな気づきや達成感は次の学びへのエネルギーになっているはずです。


❏ どんな答えを導いてきたかを把握してから授業を開始

生徒がどんな仕上げをしてきたかは、授業の前、あるいは始業のルーチンを終えるまでに何とか確かめておきたいもの。

正解できた割合や誤答の出現パターンを把握しておかないと、生徒に必要な学びと先生が教えていることの間にミスマッチが起きます。

事前に提出させたものに目を通せれば一番ですが、十分な時間がとれないことの方が多いのではないでしょうか。

授業冒頭の小テストやCDを使った音読練習など、何かの作業に取り組ませている間に机間指導を行いチェックしてしまうのも一手です。

なお、宿題をやってこなかった生徒への対応については、別稿がご参考になれば幸いです。


❏ 70点の答案を教室でシェアして公開添削

出来具合を把握したら、60点とか70点ぐらいの答案を選んで、教室でシェアしましょう。

ランダムに答案をピックアップしては、"生徒を指名して発言させるとき" に書いたようなリスクを抱えるばかりです。

100点に近い模範的な解答は取り上げて褒めてあげたいですが、それをクラスで共有したところで全体の学びには展開しにくいものです。

他の生徒は、「あっ、それが模範解答ね。それを覚えれば良いのね」と考えてしまうかもしれませんし、他の生徒は正解できたのに自分はできなかった、というだけでは面白くもありません。

これとは逆に、添削が及ばない(箸にも棒にもかからない)答えを選んでしまっても、次への展開はできません。本人に恥ずかしい思いをさせるだけです。

如上の答えを黒板やICTを使ってクラスで共有したら、問いかけながら、それをより良い答えに近づけていく工程をクラス全員に経験させていけば、表現力を高める指導にも繋がっていきます。


まとめページ「終了時の工夫で成果を高める」に戻る。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
5分間アウトプットの費用対効果
以前の記事でも書きましたが、 学力の向上や自分の成長や進歩を実感するのは活用機会としての課題を解決した瞬間です。、「習ったことを使って課題を解く機会が整えられている(横軸:活用機会)」ことと「この授業を受けて、学力の向上や自分の進歩を実感できる(縦軸:学習効果)」ことの間には非常に強固な相関がみられます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2015/12/25 08:19
思考させる授業(記事まとめ)
思考力の重要性は改めて申し上げるまでもありません。大学入試改革への対応という目先の必要もありますが、獲得した知識を活用した課題解決の力はどんな場合でも欠かすことができないもの。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/04/20 05:51
指示を的確にこなす生徒〜それだけで良いのか?
どの生徒のノートを見てもきれいに板書を書き取っており、寸分の違いもない。あるいは、予習も完璧に行われており○をつけていくだけ、生徒を示しして期待した通りの答えがきっちり戻ってくる ── 表面的な現象だけを見れば「指導の成果」のように見えなくもありませんが、どこかに違和感を覚えませんか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/04 06:17
わからないでいる生徒を指名しても…
今学期もあちらこちらの学校をお邪魔して授業を拝見させていただきました。様々な工夫が凝らされた実践を拝見して、刺激を受けながら貴重な時間を過ごせました。この場をお借りして御礼を申し上げます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/07 06:49
"正解を言って欲しい"と言う生徒
生徒や学生にアンケートなどで授業の感想を聞くと、「正解をちゃんと言ってもらいたい」という声がちらほらと聞こえます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/04/11 04:19
隠されているものは覗きたくなる
先日、"所さんの目がテン"というテレビ番組で「のり弁の心理効果」を特集していました。このブログでのり弁について考察する気は毛頭ありませんが、「のり弁には好奇心をくすぐる宝探しのようなわくわく感がある」という点には興味を覚えました。「ご飯を隠すように海苔がのせられていることで、見えない中身を知りたいという意識が働く」というメカニズムは、学ばせ方のデザインにも応用ができそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/20 06:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
結論を出さずに終える授業 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる