現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 学習機会としての模試受験 #INDEX

<<   作成日時 : 2018/09/03 06:30   >>

トラックバック 17 / コメント 0

模擬試験には、当然ながら合否判定の結果をみて志望校/出願校を選ぶという使い方もありますが、学習機会としても積極的・戦略的に利用したいものです。少なくとも半日、ときに丸一日という多大な時間を模試に費やした挙句、合否判定の結果で進路の可能性を狭めていくだけならば、授業を進めた方がましかもしれません。

2014年11月に起こしたシリーズの記事を順次リライトしました。


模擬試験を受けさせる前の指導、成績が戻ってからの指導の2つの局面で、それぞれ考えておきたいことをまとめてみました。

模試に向けて、これまで勉強してきたことの学び直しをしたり、やりかけのままだった教材を仕上げたりする場面を作ることは、計画的な学習への姿勢と方策を身につけさせるチャンスです。

模試を受けた後、進路希望の実現に向けて足りないものは何か、それをどうやって埋めていくかを具体的に考えさせましょう。補習と講習で導いてあげられるのは、卒業させるまでです。その先を自力で歩いて行けるようにすることにこそ、重きを置くべきだと思います。

#01 学習機会としての模試受験(その1)〜仕上げさせる  9/4更新
 ├ 自分の課題を特定させ、持ち時間の中に配列させる
 ├ やりきらずに放置していたことの仕上げを優先
 ├ 学び直しに好適な材料(例)
 ├ 他にも“ベタ”ながら効果的な方法がたくさん
 └ 安易に新しいものに手を出させない

#02 学習機会としての模試受験(その2)〜計画させる  9/5更新
 ├ 手放す時期を見込んで徐々に進める「守破離」
 ├ やるべきことを見つけるには生徒自身による“振り返り”
 ├ 計画を立てたら、全体量を「週数」で分割
 └ 計画は1週間単位、最初は「投資量型」で

#03 学習機会としての模試受験(その3)〜好適時期は?  9/6更新
 ├ 好適時期に集中して行うべき指導
 ├ 大きな選択に臨むときが最適タイミング
 ├ 環境の変化が控えるときの「助走」として
 ├ どのタイミングで「学び直し計画」に着手させるか
 └ 短い期間から始めて徐々に長期計画に


#04 模試受験後の指導〜進路希望を維持させる〜  9/7更新
画像
 ├ やりたいことに挑み続けられるように
 ├ C判定までの点差が埋められるかどうか
 ├ 問題検知センサーと記憶を手繰り寄せる方策
 ├ 一度手をつけた教材はきっちり仕上げ切らせる
 ├ 合否は総合点で争うもの〜広い視野で戦略立案
 ├ プラスαの詰め方を誤らせないために
 └ 志望の切り下げで、学びの目的を見失わせない

■関連記事: どこまで伸びるか見立てる  9/10更新
 ├ 可能性を小さく見積もらせない/見積もらない
 ├ 成績推移だけでは伸びしろの見立てはつかない
 ├ 正解できなかった理由とその解消の様子を観察する
 ├ 頭の中でやっていることを観察する機会を作る
 ├ 模擬試験のやり直しを通じた振り返りと課題形成
 └ 伸びた生徒と伸びなかった生徒の行動特性にも照らして

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
模試や考査の事後学習〜間違え直しだけでは不十分
模試の結果や考査の答案を返却するとき、間違え直しやとき直しを指示することも少なくないと思います。出来なかったところを復習を通じて埋めていけば、知識や理解、題意把握の方法などの欠落は補えますが、そのテストで問われた範囲に限ってのこと。同じ問題にまた出会うケースはそうそう多くはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/06/27 05:50
秋にやるべきこと〜夏の検証と来期の設計
9月に入り、本格的に学校も再始動。先週末の文化祭では生徒の可能性とエネルギーを目の当たりにして、おじさんも負けていられないと感じた次第です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/06 06:00
大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会
進路を決定するまでのプロセスの中で、生徒は大小様々な選択を経ていきます。最も大きなものは文系か理系の選択、あるいは3年生でどの科目を履修するかの選択。文化祭などの学校行事が一段落したら、こうした選択は目の前です。意識をスパッと切り替えないと、準備を整えられないまま選択に臨むことになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/12 08:08
学習機会としての模試受験(その1)〜仕上げさせる
模擬試験を受験させるのには、もちろん合否判定のデータを揃えるという目的もありますが、この部分に過大な意味を持たせるのではなく、「学習の機会」 という位置づけで模試を捉えるのが好適です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/28 07:35
学習機会としての模試受験(その2)〜計画させる
模擬試験に向けた 「学び直し」 での肝は、大切にしたいのは 「生徒自身になすべきことを選びださせる」 ことです。教員側から課題を指定してしまうだけは、効果的で実行可能性を備えた計画を立てるトレーニングになりません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/29 07:05
学習機会としての模試受験(その3)〜好適時期は?
模擬試験をターゲットに学び直しの機会を与えるのは、未習熟の解消が進むことで模試での得点力が向上することに加え、主体的かつ計画的に学習を進める姿勢と方法を学ばせるという効果を狙ってのことです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/30 07:21
模試受験後の指導〜進路希望を維持させる〜
模擬試験を受験させた後の指導は、進路希望の実現への意欲を維持し、難関に挑む姿勢を作らせる上で最も大切なもののひとつです。きちんと振り返って、そこまでの自分の進歩と次に向けた課題を明確にできるかどうかが、受験生としてのその後を大きく隔てます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/03 06:14
進路希望を作る指導[進路意識形成]#INDEX
高大接続改革では、知識・技能、思考力・判断力・表現力を試す学力テストに加えて、学修計画書や志望理由書も選抜の材料として重視されることになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/11/25 07:24
ノート指導、タスク管理
1 ノートにメモを取らせる指導1.0 ノートにメモを取らせる指導(序) 1.1 ノートにメモを取らせる指導(その1) 1.2 ノートにメモを取らせる指導(その2) 2 生徒のノートは授業改善への優れた教材2.0 生徒のノートは授業改善への優れた教材(序) 2.1 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その1) 2.2 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その2) 2.3 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その3) 2.4 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その4) ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/29 06:08
新学期準備に関する記事を更新中!
先週末に公開した記事「ちょっと早いですが、新学期を迎える準備」 で、年度末を迎えようとしているこの時期に、やるべきことをリストアップし、それぞれの重要度を判断しておきたいと申し上げました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/02/09 05:52
補習・講習は、一つひとつの設置目的を明確に
五月の連休が終わると、夏休みに設置する補習・講習をまとめて生徒に伝える時期を迎えます。生徒一人ひとりが抱える学習上の課題を解決する場として、内容や対象を明確にして、講座群を整備し、必要な生徒が確実に履修できるようにしたいものです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/26 08:34
授業評価項目I 「得意」と答える生徒を増やす
同じ教材で同じ指導をしていても、得意・苦手の分布はクラスによって違って当たり前 ── それまでの学習履歴の中で積まれた成功体験や獲得している学習方策によって生徒一人ひとりの感じ方が異なります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/03 09:11
予習・復習で何をさせるか(その4)
考えるところをちょっとまとめておこうと思って書き始めたシリーズですが、思いのほか長くなってしまいました。それだけ複雑な問題を含んでいのだと、改めて感じます。昭和の時代、自分が生徒だったときに日常的に耳にしていたあのフレーズ「ちゃんと復習しておきなさい」が、、まさかこれほど広い意味をもっていたとは・・・。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/09 06:22
ゼロ学期を迎えるに当たり
師走も残すところ10日となりました。本日終業式という学校もあるのではないでしょうか。年明けは「ゼロ学期」 です。来年度の指導計画づくりも本格化していくものと拝察いたします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/22 12:22
どこまで伸びるか見立てる
最終的に出願した大学・学部は、生徒が入学時に描いていたものとは違うかもしれませんが、高校生活の中で「学びたいこと、学んだことを活かしてやってみたいこと」を見つけて積極的に選んだ進路であれば、もう何も言うことはありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/10 05:47
進路希望の具体化と実現へ
1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 1.3 進路の手引きは冊子よりもファイリング形式で 1.4 準備が整わないうちに選択を迫っていないか New! 2 進路希望の実現をあきらめさせない2.1 どこまで伸びるか見立てる 2.2 第一志望をあきらめさせない指導 2.3 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り 3 学習機会としての模試受験 New!3.0 学習機会としての... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/12 05:03
定期考査の失敗を繰り返させない〜リベンジ自習会
日々の学習の中で「伸びている実感」を抱いたり、自らの進路希望の実現に展望を持てたりすることは、学び続ける意欲を維持するために欠かせません。少なからぬ生徒が模試成績を通じてそれらを感知しますが、模試の点数に日頃の努力がダイレクトに表れるとは限らず、もっと確実に手応えを確かめられる場が必要です。その一つが、日々の学習の仕上げとしての定期考査ではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/13 04:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
学習機会としての模試受験 #INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる