参照型教材を徹底して使い倒す#INDEX

知識の拡充に先走らず、教科書ベースで理解の軸をじっくり作りつつ、参照型教材を導入期から常に手元に置かせ頻繁に参照させることで必要な知識もがっちり固めて行きましょう。

ある知識の重要度は、その使用頻度とイコールに近い関係にあります。勉強を進めながら、出てくるたびに調べて、確かめ、覚えるようにさせれば、重要度に応じた順序で知識の獲得が進んでいくはずです。

受験に必要な生徒に、全編をある程度までカバーした段階で、通しで覚えるようにさせれば良いはずですし、過去問演習などを通じてより広範な知識を参照する機会も持てるはずです。

繰り返しになりますが、主教材を軸に学びを進め、わからないこと/知らないことに出会うたびに参照型教材のページを開かせ、生徒が自力で必要な知識と理解を得るようにさせましょう。

学期が進むにつれて、参照型教材に書き込みが増え、使い込まれてボロボロになってきたら、生徒はその科目の知識と理解、学び方を身につけてきているのではないでしょうか。

2018-03-12 全面リニューアル

  1. 参照型教材を徹底して使い倒す(その1)
    課題解決に活用する場面を持たないと
    覚えることが自己目的化するとつらいばかり
    "反復"はほかに手段がないときの手段
    教室で行使できる強制力は切り札~できるだけ使わない
    実際の文脈においてこそ、知識の使い分けも理解できる
    ひとつの機会で複合的に学ぶことが効率化に

  2. 参照型教材を徹底して使い倒す(その2)
    最初に道具を揃えさせるやり方が抱える「限界」
    学ばされているとの意識から離れるメリット
    参照型教材は、本来の目的通りに使うべき
    実践の場を重ねながら、知識を蓄えていく
    わからないことに出会ったときに頼れるもの
    参照の頻度は再記銘の回数

  3. 参照型教材を徹底して使い倒す(その3)
    これを使えば自力で勉強できるという認識を持たせる
    やらせながら、自力でできることを増やしていく
    個々の知識の重要度≒その知識を実際の使う頻度
    そもそも、全体をあらかじめ網羅する必要があるのか?
    虫食い状態を作っておき受験期に埋めるほうが効率的
    拡充期には、類似項目の比較を通じた整理を

  4. 参照型教材を徹底して使い倒す(その4)
    導入期ならではの学習者の特性を踏まえる
    活用機会と切り離した勉強が問題に拍車をかける
    次のステージの前に「負のモチベーション」を作らない
    小テストの繰り返しより、じっくり課題に取り組む時間
    段階を踏んでいけば、直前期の仕上げもスムーズに

  5. 参照型教材を徹底して使い倒す(その5)
    やり残しが増えるとやる気がなくなる
    導入期指導が演習期のレディネスを作れないのでは…
    知識量の増加を後半で加速させる
    先取り学習でも同じ問題が起こりえる
    学び直しを通して、参照型教材をより深く使う

  6. 副教材、こなしきれていますか?
    仕上げずに放置する悪習慣を「学習」させない
    知識や学習方策の獲得が遅れる中で
    やり切れる量を見極めて、課題を取捨選択
    課題の付与は、必須とプラスαの二段構えで
    副教材は、主教材で作った流れの中で使う
    課題は与えた以上、達成させるのが教える側の責任

関連記事:



全面リライトに際しての追記: 2018-03-02

文法書や用語集、あるいは辞書などの参照型教材を徹底的に使い倒すことで得られるものは小さくありません。授業中にも四六時中ページを開かせて調べさせれば、自力で調べる方法と姿勢を身につけさせられますし、なんといっても「わからないことがあってもこれを調べれば良い」と思えるようになるのが大事です。

一方で参照型なのに、あたかも通し教材のように使って、こなしきれない状況を作るばかりになっているケースもあります。1年間使い続ければ、一度は目を通したところがかなりの割合を占めるようになりますので、最初から通した総ざらいの学び直しをしていけば、無理なく全編を学べます。

参照型教材を徹底して使い倒す(全5編+追記)は、ずいぶん前に起こした拙稿ですが、改めてその重要性を考えるべく、全編をリライトしたいと思います。しばらくお付き合いをいただければ幸いです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 教育課程・カリキュラム

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-10-13 04:52
  • 副教材、こなしきれていますか?

    Excerpt: 生徒の進路希望を叶えようと熱心な学校ほど、副教材が「これでもか!」 というぐらいに膨らんでいく傾向があります。目標大学に合格させるには、これもやらなきゃ、あれも削れないと思えてきますが、その熱意のまま.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2015-11-16 06:01
  • 課題解決を伴わない知識獲得は… #INDEX

    Excerpt: 教科固有の知識・技能について、学ぶことは減らさず、思考力や表現力をこれまで以上に高めることを目指すという次期学習指導要領の改訂方針にどのように対応していくか。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-14 04:20
  • 目標理解と活用機会を整える授業デザイン

    Excerpt: 生徒が学習目標を正しく認識し、且つ習ったことを課題解決に用いる機会があれば、学習成果がほぼ確実なものとなるというのは、以前の記事でお伝えした通りです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-08-04 10:16
  • 学力差、苦手意識、負荷調整

    Excerpt: 1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法1.0 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(序) 1.1 クラス内で生じた学力・学欲差への対処法(その1) 1.2 クラス内で生じた学力・学欲差への対.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-26 04:46
  • 教科書をきちんと読ませる

    Excerpt: 昨年のニュースで、検定教科書の内容を中高生の半数近くが読み取れていない、内容を正確に理解できないという研究結果が発表されて大きな話題になったのは記憶に新しいところです。教育現場では、言語能力の向上に様.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-24 07:07
  • 荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない

    Excerpt: 昨日、日本テレビの情報番組「スッキリ!!」 で東京近郊の公立中学校が通学でも持ち運ぶ通学カバンとバッグの重さの平均が8.6キロにも及び、その原因は脱ゆとり教育で副教材が増えたことが原因とのレポートがあ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-05-30 06:21
  • その宿題、本当に必要ですか?#INDEX

    Excerpt: 宿題や課題は、生徒の力を伸ばそうという先生方の気持ちの現れであるため、ときとしてあれもこれもと与えてしまい膨張の一途をたどることもあります。こなしきれない量の宿題は、生徒に「仕上げきることの喜び」を学.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-10-04 05:59
  • 小テストをもっと効果的に #INDEX

    Excerpt: 授業で学んだことをしっかり定着させることを意図して行う小テスト。授業で習って、復習で覚えて、テスト用紙に再現してと、最低3回は対象知識への接触機会を持てますので、再記銘により記憶が保持されやすくなりま.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-12-05 06:12
  • 参照型教材を徹底して使い倒す(その1)

    Excerpt: 例えば古典の授業では、まとまりのある文章を題材にした読解指導に入る前に、文法をひと通り勉強させるという手順を採ることがあります。ある程度の体系的な理解を作ってからでないと読解に入ってからも躓きが多くて.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-02 07:12
  • 参照型教材を徹底して使い倒す(その2)

    Excerpt: 実際の作品を読み進めるなかで、そこに含まれる言語材料をひとつひとつ拾い上げ、じっくりと吟味していくというやり方に対し、とりあえず基本文法はひと通り先に学ばせようというアプローチがあります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-05 07:02
  • 参照型教材を徹底して使い倒す(その3)

    Excerpt: 前の記事では、参照型教材(いわゆる参考書だけでなく用語集や例文集も含まれます))を常に手元に置かせ、頻繁に使わせることで得られるメリットを考えました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-06 07:44
  • 参照型教材を徹底して使い倒す(その4)

    Excerpt: 学習はその場で完結するものではありません。次のステップに進むための準備(レディネス)を整えることもまた重要な指導目標です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-07 06:15
  • 参照型教材を徹底して使い倒す(その5)

    Excerpt: 演習(拡張)期、受験(仕上げ)期を待たずに、導入期のうちに基本事項を網羅的に学ばせることには、前稿までの考察の通り、あまり大きなメリットはなさそうです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-08 08:02
  • 単元で学んだことの体系化に挑ませる

    Excerpt: どの科目でも、ひとつの単元で沢山のことを学びますが、それをひとつずつ順番に覚えて行くだけでは単元の全体像をつかみきれなかったり、体系化された知識にならなかったりします。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-26 07:23
  • 知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その4)

    Excerpt: 前稿では、問い掛けを重ねつつ黒板上に情報を構造づけていくことで情報整理のプロセスを学ばせることをご提案いたしました。これにより、知識の断片化や丸暗記に偏るリスクはかなりのところまで解消できるはずです。.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-30 06:57
  • 教え込むより、調べさせて気づかせる

    Excerpt: 教科固有の知識や理解を効率良く形成しようとすると、調べさせたり考えさせて気づかせたりするよりも、教えるという方法を選択してしまいがちですが、それでは生徒が自力で物事を理解したり、何かを解き明かしたりす.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-06-18 07:08
  • 発問で引き出した生徒の発言をどう扱うか

    Excerpt: 主体的・対話的で深い学びを実現するのに、生徒同士の対話ばかりを増やしても十分とは言えません。問答を通した先生との対話、教科書・資料・副教材のテクストとの対話の場面をしっかり作る必要があります。生徒を指.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-06-25 06:47
  • 大学入学共通テストにおける問題作成の方向性から

    Excerpt: 先月の中旬に、大学入試センターから「大学入学共通テスト」における問題作成の方向性等と本年11月に実施する試行調査(プレテスト)の趣旨についてとの発表がありました。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-07-03 06:10
  • 活動性が苦手意識を抑制する機能の限界

    Excerpt: 以前の記事でも書いた通り、ある程度までなら授業や課題の難易度を高めても、活動性を高めて苦手意識を抑えることができます。教え合い・学び合いが知識や理解の不足を補い、課題解決の可能性を高めることは想像に難.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-07-27 07:51
  • 対話により思考の拡張を図り、観察の窓を開く

    Excerpt: 授業内に生徒が活動する場を作るのは、解くべき課題を与えることで発動させた思考を「対話を通じた知識や発想の交換」で拡張させることに加え、生徒の頭の中で何が起きているかを把握するための「観察の窓」を開くた.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-08-10 04:38
  • 苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる

    Excerpt: 授業を受ける中で「学力や技能の向上」「自分の成長や進歩」を実感できている生徒は、高い確率でその科目に新たな興味や関心を見出していくというデータがあります。逆に、伸びている実感が得られなければ、その科目.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-02 08:38
  • 知識の獲得は個人の活動を通じて

    Excerpt: 授業デザインを考えるとき、生徒が個人の活動でも取り組めるものと、集団の中での協働でしか学ばせられないものとを区別しておかないと、扱うべき学習内容を限られた授業時間と指導回数の中に納めきれなくなってしま.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-26 07:36
  • 科目の学び方や取り組み方の獲得

    Excerpt: 主体的に学んでいると言えるには、生徒本人が「学ぶことへの自分の理由」を持っていることに加え、自ら学び進められるだけの学習方策を獲得している必要があります。誰かに教えてもらわなければ勉強が進められない状.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-04-05 06:47
  • 授業内での活動を通した達成感・充足感

    Excerpt: 思考力・判断力・表現力を養うために主体的、対話的で深い学びの実現が求められていますが、思考とは、解くべき課題があってはじめて発動し、対話を通じて着想や知識を交換することで拡張・深化が図られるもの。表現.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-07-01 05:14