生徒を指名して発言させるとき#INDEX

生徒を指名して発言させるのは、積極的で能動的な学習参加を促すとの意図による部分もあるでしょうが、やり方を間違えると、指名されていない他の生徒が思考と表現を止めてしまったり、発言は引き出せても、対話的で深い学びに繋がらなかったりすることもままあります。

各地の学校をお訪ねして授業を拝見していると、指名には実に色んなパターンがあります。昭和の時代からよくあるこんな方法も、令和となった今でもまだよく見かけます。

  • 「今日は27日か。じゃあ、出席番号27の榎本さん」
  • 「前回、吉田くんまで当たったね。じゃあ、次の和田さん」
  • (ケースから番号札を引いて)「ジャーン、17番、原君かな?」

これらに共通する問題点は、指名する前に問いをクラス全体に投げかけて、そこで考えている様子に目を配り、生徒の頭に浮かんでいる思考を覗き込む「観察の窓」を開けるという段取りを踏んでいないことです。

答えを用意できていない生徒を当てても対話が止まるだけですし、ネットかどこかで手に入れてきた解答を読み上げるだけの「発言」をさせたところで、学びを深める効果はありません。

指名されていない生徒が発言する(=考えたことを言語化する)機会を与えられないことにも問題があります。

素晴らしい着想や思考を得ていながら順番が回ってくるまで黙っているしかなければ、当人も張り合いを欠くでしょうし、他の生徒はその着想や思考に触れることもできません。

学年が進むと発言が減るのを当然のことと考える向きもありますが、同じクラス(=集団が同じ)でも、次の時間に別の先生が授業を行うと、発問への反応も発言の出方もまるで違うもの珍しくありません。

学年が上がったこと、発達段階が違うというだけではその違いに説明がつかず、誤った指導を通じて発言しない姿勢を「学習」させてしまった可能性も疑ってみる必要もありそうです。

2015/11/05 公開の記事インデックスをアップデートしました。


生徒を指名して発言させるとき(その1)
指名順を決めると、ほかの生徒は学びを止める
発言したくても、順番が回ってくるまで待つ?
問いはクラス全体に投げかけ、反応をみて指名する

生徒を指名して発言させるとき(その2)
生徒に発言させることで得られる効果
指名→発言のパターンだけでは効率も悪い
生徒相互の刺激を狙うなら、プリントや掲示も活用

生徒を指名して発言させるとき(その3)
全員を発言の主体にするのが対話的な学びの前提
声が上がらないのは、そう学習させてしまった結果
指名されて答えられなかった生徒へのフォロー


追記: 以下の記事も、明日以降、順次アップデートしていきます。

  1. わからないでいる生徒を指名しても…
     ├ 答えられない生徒を待つ間、他の生徒が活動を止める
     ├ 予習で作ってきた答えを言わせてみたところで…
     ├ 他の生徒の発言を起点に学びを拡充する
     └ 予習や復習の履行率を高めるのに、外圧に頼らない
  2. 発言がなかなか出ない/思考が膨らまないとき
     ├ 指示が曖昧/説明が長い(くどい?)
     ├ 考えるだけの材料が揃っていない
     ├ 先生が持っている正解を探り当てようとしている
     └ 活動の配列を変えてみるだけで劇的な変化が
  3. 積極的に活動させるツボ(全4編:未更新)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


この記事へのトラックバック

  • 活動させるのは観察のため

    Excerpt: 授業の中では、生徒に様々な活動に取り組ませます。話を聞くだけでなく、実地に体験し、考えて行動し、理解したことを言語化することで、生徒は学びを深めていきます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-04-12 06:53
  • わからないでいる生徒を指名しても…

    Excerpt: 今学期もあちらこちらの学校をお邪魔して授業を拝見させていただきました。様々な工夫が凝らされた実践を拝見して、刺激を受けながら貴重な時間を過ごせました。この場をお借りして御礼を申し上げます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-07 06:50
  • 問答・対話、発言、活動

    Excerpt: 1 問い掛けの多い授業が良い授業1.0 問い掛けの多い授業が良い授業(序) 1.1 問い掛けの多い授業が良い授業(その1) 1.2 問い掛けの多い授業が良い授業(その2) 1.3 問い掛けの多い.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-20 07:14
  • 結論を出さずに終える授業

    Excerpt: 授業の終わりは「今日の授業の内容をまとめて」 というのが定番スタイルかもしれませんが、ちょっと発想を変えて、問いに答えを出さずに次の授業につなぐというやり方はいかがでしょうか。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-17 05:19