やりきらせる責任~仕上げ切らないことを習慣化させない

課題に取り組み、努力や工夫で達成できたら、生徒の中には自信が生まれ、達成への過程では新たな能力や資質を獲得し、課題への向き合い方も学んでくれますが、レディネスや時間の不足で課題を完遂することができなかったら…。生徒にとっても面白かろうはずがありません。

やるべきことを完遂しない/できないでいることを不用意に繰り返させていては、学ぶ意欲や完遂を目指す姿勢は失われていくばかり。その先で得られた可能性のある成長や進歩も期待できなくなってきます。

やりきらせる責任は、「課題を与えた後」の指導を徹底するだけでは果たせません。「課題を与える前」にも指導者としてしっかり考えておくべきことがたくさんあります。

課題をこなせるだけのレディネスが生徒の側にきちんと整っているのかを確かめることや、各教科の学習に加えて、学年や進路の指導で生じるものを含めた生徒が抱えるタスクの総量が、生徒一人ひとりにこなせる分量を超えていないかを常に注視することなどは不可欠です。

2016/01/27 公開の記事をアップデートしました。

#01 やりきらせる責任(その1)
与えるものを増やすだけでは…(きちんと線引き)
小テストなどでの履行促進策には大きな副作用
投資量でタスクを加減しつつ、覚え方を学ばせていく
覚えることに意欲を示してくれない生徒には
暗記だけより、活用する機会を通した再記銘

#02 やりきらせる責任(その2)
レディネスを確かめ、「酸っぱい葡萄」を作らない
宿題・課題・指示をこなせる状態か、きちんと確認
こなせる量を超えないように与える量を調整
生徒が抱える課題の量をリアルタイムに把握
効果測定を怠らず、与える課題を取捨選択

やるべきことができない自分を突き付けられるうちに、学ぶべき対象/達成すべき目標を「酸っぱい葡萄」とうそぶくようにさせては一大事。周到な計画と精緻な観察をもって指導に臨み、指導者として「生徒に課題の一つひとつをしっかりとやりきらせる責任」を果たしましょう。

■関連記事:
  1. その宿題、本当に必要ですか?(全4偏)
  2. 知識をどこまで拡張するかは個々のニーズに合わせて
  3. 荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない
  4. 間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか
  5. 宿題をやってこない生徒への対応
  6. 課題解決の場を整えたら、挑ませる前に理解の確認
  7. 確認した結果に基づいてきちんと学びを仕上げさせる


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 積極的に学ぶ姿勢(記事まとめ)

    Excerpt: 積極的に学ぶ姿勢を持たせたい ── 人に教える仕事に就いたからには誰しもが抱く思いです。これを実現するためには、学びに対する積極性を構成するものが何かを捉える必要がありますよね。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-02-24 07:03
  • クラス内で生じた学力・学欲差への対処法

    Excerpt: どんなクラスでも学力差は存在するもの。習熟度別にクラスを編成しても、分けたクラスの中で差は存在し続けるだけでなく新たに生じてきます。学力差を小さくしようという考え方だけでは、何か別のメカニズムによって.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-13 08:18
  • 参照型教材を徹底して使い倒す(その5)

    Excerpt: 演習(拡張)期、受験(仕上げ)期を待たずに、導入期のうちに基本事項を網羅的に学ばせることには、前稿までの考察の通り、あまり大きなメリットはなさそうです。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-08 08:02
  • 副教材、こなしきれていますか?

    Excerpt: 生徒の進路希望を叶えることに熱心なほど、副教材が「これでもか!」 というぐらいに膨らんでいく傾向があります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-03-09 07:25
  • 答えを仕上げる中で学びは深まる

    Excerpt: 授業を通して学力の向上や自分の進歩を実感できることで、生徒はその科目を学びつつづける意欲を維持・向上することができますが、その実感をもたらすのは「習ったことを使って課題を解決できた体験」です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-08-30 07:24
  • 予復習のデザインに加えて、履行率を高める工夫を

    Excerpt: 前々稿、前稿で予習と復習でどんなタスクに取り組ませるかを考えましたが、もう一つ重要なことは「いかに履行率を高めるか」です。どんなに明確な目的をもって予復習のタスクをデザインしても、履行してくれないこと.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-10-26 06:19