現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 志望理由を言葉にしてみる〜ゼロ学期の始まりに

<<   作成日時 : 2019/01/17 05:54   >>

トラックバック 8 / コメント 0

ゼロ学期を迎え、いよいよ最上級生となる新高3生は、先輩たちの受験生としての日々を間近に見ながら、自らの進路希望の実現という大きな挑戦を強く意識し始める頃かと思います。ゴールまでの最長14か月に亘る長期戦のスタートをどう切るかは、結果とともにその過程での成長の度合いも大きく変えるのではないでしょうか。

2016/03/25 公開の記事をアップデートしました。
旧タイトル: 志望理由を書いて選択に向き合う


❏ 明確な目標を持つことは、頑張ることへの自分の理由

第一志望を実現できたかどうかという最終的な結果ももちろん大事ですが、"受験期は、またとない成長の好機"で書いた通り、頑張り続ける中で遂げた成長そのものが生徒の将来の大きな糧になるはずです。

目標とするところやそれを目指す自分の理由をどれだけ強く持っているかが、自分の頑張りを支える力の大きさを大方決めてしまいます。
  • 大学でどんなことを学びたいのか
  • 学んだことを使って社会にどんな関りを持ちたいのか
これらの問いにはっきりと答えられるようなら、勉強の成果があまり出ないときやつらいときにも、あきらめることなく頑張れるはずです。

学ぶことへの自分の理由を持っているかどうかを本人に確かめさせるためにも、如上の問いへの答えを志望理由書という形で言語化させておくことは重要かと思います。


❏ 志望理由がどう生まれたかが問題

現時点で明確な志望校があっても、選んだ理由がはっきりしていないことも少なくありません。

科目の得意/苦手や模擬試験での成績、良く調べもしないで漠然としたままの大学のイメージなどで選んだ"志望校"ありきで、理由は後付けで考えられたものだとしたら、…

土台のない理由は、別の理由(多くは「言い訳」)で容易に上書きされてしまうだけに、頑張りを支える力にはなりにくいように思います。

上の質問2つへの答えが、生徒自身が経験してきたことの中に根っこを持っているかどうかは確かめさせたいところです。

進路希望を調べるときは、前段階の確認も併せてでも書いた通り、選択の結果を訊くなら、選択に至るプロセスをきちんと踏んできたか、前段階の履行状態も、併せて確かめておくのが好適です。


❏ 書き出すことで「自分の理由」を確認させる

これらを確かめるためには、以下のような質問を提示し、生徒に答えを書かせてみてはいかがでしょうか。
  • 現段階で、どんなことに興味を持っているか

    大学で何を研究したいと思っているか

  • それに興味を持つようになったきっかけは何か

    読んだ本、聞いた話、ニュースや報道、体験、…

  • その興味に基づいて、これまでどんな行動を重ねてきたか

    調べてみたこと、話を聞きに行ったこと、体験したこと

  • その行動の中で、学問や研究とどんな接点が見つかったか

    それを学べる学部・学科、先端研究や社会の課題、…

  • 社会の中で、自分がどんな役割を引き受けるか

    活躍する自分のイメージ、自分が持つ可能性、…

人は、問われて初めて自分と向き合うことも少なくありません。

質問に答えようとする中、考えるところを言葉にしようとする中で、欠落や矛盾、気づいていなかった自分の思いがはっきりします。


❏ 補うべきものに気づくだけでも大きな進歩

きちんと書けるようになっているなら、「さあ、あとは頑張るだけ」 ですが、必ずしもそうとは限りません。

実際に書かせてみると、最初の質問で躓く生徒も少なくありません。

やりたい事が見つからないことに悩んだり、自分を責めたりする生徒も出てきます。

如上の質問の一つひとつにじっくり向き合い、現時点できちんと答えが書けるもの、曖昧になってしまうもの、書くことが見つからないものに生徒本人が分けることができただけでも、大きな進歩だと思います。

こうした機会を経て、生徒には、次にやるべきことがおぼろげながらにも見えてくるのではないでしょうか。


❏ もう一度、進路意識形成のプロセスを辿り直す

最終学年に進級する時点で、志望が決まっていないからと言って、何かを無理に選ばせるのは避けたいところです。

とりあえずの選択を助長することになり、選んだことの外に可能性を探さなくなるリスクが膨らみます。

本来なら、2年生のうちに通過しておくべき事柄だったかもしれませんが、日々の学校生活を送りながら、改めて自分の答えを探していけば良いと思います。

最も避けたいのは、志望理由が書けないことに気づけないまま、頑張るべき時期を過ごし、そのまま願書提出の日を迎えてしまうことです。

出願校を決めるのは、まだまだ先です。しっかりと勉強して「選べる範囲」をできるだけ広げつつ、きちんと答えられなかった問いに自分の答えを見つけさせるように促し、支えていきましょう。


❏ 興味を見出したときに、それを選べるように

選べないこと/選んだ理由が書けないことに悩んで、勉強が疎かになっては本末転倒です。

新たな興味に出会っても学力が壁になってその道を選べない、という事態は避けたいもの。

興味は、努力して達成した中に生まれるものですから、「やりたいことが見つからないなら、なおさら勉強」ではないでしょうか。

最終学年では、面談指導も頻繁に予定されているはず。志望理由を文字に起こすことは、次の面談までの宿題にして、ときに声をかけつつ様子を見守っていきましょう。

放置しても、逆にいたずらに選択を急がせても、「選択の力」を養う機会として機能しません。


❏ 自分の選択に向き合うことを目的に

AO入試など、志望理由書の提出が求められる場合を除けば、志望理由書を無理に書かせる必要はないのかもしれませんが、言語化することを通して自分が選択したことに向き合う機会は必要です。

このステップをしっかり踏んだかどうかは、受験に向けての頑張りはもとより、大学に進んでからの意欲も左右します。

もちろん、18歳での選択にその後の人生が縛られる必要はなく、新たな興味を見出したら自由にそれを追求すれば良いのですが、その一方で、歩を進め続けないことには新たな世界との出会いは遠のきます。

現時点での選択に向き合うからこそ、頑張れるし、その結果、新たな世界が拓かれていく可能性が広がるということだと思います。

クランボルツの「計画的偶発性理論」で言う“偶然との出会い” は、立ち止まっていても起こらないことを、生徒にはことあるごとに伝えてあげましょう。

■ご参考記事:


このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新年度準備の最終確認
いよいよ4月、新年度のスタートです。お正月とはまた違った、新しい気持ちになれる特別な一日です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/04/01 07:26
進路希望を作る指導[進路意識形成]#INDEX
高大接続改革では、知識・技能、思考力・判断力・表現力を試す学力テストに加えて、学修計画書や志望理由書も選抜の材料として重視されることになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/06/17 05:21
進路希望の具体化と実現へ
1 選択の機会ひとつひとつに備えさせる1.1 大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 1.2 先に控える選択の機会をいつ認識させるか 2 早すぎる選択は視野と可能性を狭める2.0 進路を意識させるタイミング(序) 2.1 進路を意識させるタイミング(その1) 2.2 進路を意識させるタイミング(その2) 3 面談指導を成功させる3.1 面談指導を成功させる(その1) 3.2 面談指導を成功させる(その2) 3.3 面談指導を成功させる(その3) 3.4 面談指導を... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/13 06:15
進路希望を調べるときは、前段階の確認も併せて
新年度を迎え、生徒一人ひとりの進路希望を調べる機会もあるかと存じます。調査票を配って、国公立か私立か、理系か文系かなど、現時点での希望を尋ねたり、大学名や学部・学科を挙げさせるのがよく見かけるやり方ですが、不用意な訊き方をすると、背後に潜む問題点を見落としたり、思わぬ弊害を招くこともありますので、要注意です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/10 09:28
進路希望を作るまでの活動を確かめる#INDEX
生徒一人ひとりの進路希望を把握することは大切ですが、それ以上に着目すべきは、進路意識を形成し、進路希望を具体化するまでに生徒一人ひとりが踏むべきプロセスをきちんと踏んでいるかどうかを確かめることではないでしょうか。自らの選択の結果に向き合える状態に生徒を導く上で欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/13 06:14
ゼロ学期を迎えるに当たり
師走も残すところ10日となりました。本日終業式という学校もあるのではないでしょうか。年明けは「ゼロ学期」 です。来年度の指導計画づくりも本格化していくものと拝察いたします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/22 12:22
受験学年のスタートに向けて(まとめ)
早いもので、今日から2月です。4月に最上級生となる現2年生が迎えた「ゼロ学期」も3分の1が経過したことになります。受験学年としての心構えを作らせ、受験に団体戦で挑めるクラスを作るには、年度末までのこの時期での準備がとても重要です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/01 05:26
学級経営、生徒意識の把握
1 互いの学びを支え合う集団を作る1.1 教科学習指導の土台はホームルーム経営 ★1.2 互恵意識で結ぶ学びのコミュニティ 1.3 授業規律VS学ぶことへの自分の理由 2 環境整備、係の仕事、トッカツへの期待2.1 海外も注目している日本の”トッカツ” 2.2 係の仕事(学級経営) 2.3 教室の環境整備と生徒の人間関係との相関 3 受験学年のスタートに向けて New!3.0 受験学年のスタートに向けて 3.1 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り 3.2 志望理由を言葉に... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/08 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
志望理由を言葉にしてみる〜ゼロ学期の始まりに 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる