現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 授業開き/オリエンテーション#INDEX

<<   作成日時 : 2019/03/25 06:11   >>

トラックバック 11 / コメント 0

春休みが終わればいよいよ新しい年度の始まりです。オリエンテーションもあれば、それぞれの学年、科目での授業開きもあります。最初のコンタクトで何を伝えるかが、1年間の指導の成否を大きく左右します。新入生に限らず、新2年生、新3年生との新しい1年も始まります。

こちらからどんなメッセージを伝えるかも大事ですが、生徒の行動様式や意識の在り方をできるだけ早く把握し、事前に起こしていた指導計画のアジャストにも注力すべきだと思います。

初顔合わせはもうお済みかもしれませんが、4月に入って最初の授業に向けて、本シリーズが何かのご参考になれば幸いです。

2016/03/28 公開のまとめページをアップデートしました。


#01 シミュレーションを通じた学習法ガイダンス
予習のシミュレーションで「学習方法ガイダンス」
授業スタイルによって予・復習の方法は異なる
できることが増えたら、予習に課すタスクも違ったものに
板書を書き写すだけがノートではない
生徒の工夫が盛り込まれたノートをモデルに
より良いノートとは〜生徒自身にも考えさせる

#02 やらせてみて観察しながら、自ら修正させる
生徒の側ですでに身につけている方法も尊重
押し付ける前に、まずはしっかり観察
互いの方法から学ばせる
学習サイクルを一つ経験させたら修正に挑ませる
それでも方法がイメージできない生徒には
学習が進めば、予習方法も変わる
夏休みまでにどれだけ進歩できたかで、指導を評価

#03 目指すべき到達状態に照らした生徒観察
指導手順を考える前に、目指すものを評価規準の形で明確化
規準を満たした生徒の割合で、指導の成果を測る
指導に臨む前には、観点の共有(目線合わせ)を
目指すところを書き出して輪読するのも好適
規準に照らした継続的な観察で、指導の効果測定を
生徒の自己認識を探り、行動記録と照らし合わせる
生徒の参加レポートは、使途の広い貴重な資料

#04 スタートに立った生徒に伝えたいこと
目の前の課題にチャレンジする中で
忙しい時だからこそ身につくタイムマネジメント
夢を実現しようとする互いの努力を尊重する
偶然との出会いに備えるために
人の脳は、知っていることしか認識しない
今やっていることの必要性は、後になって気づくもの


2019-03-25 関連記事を追加

生徒に伝える期待(=先生方の指導目標)を明確に
教育目標や指導方針をちゃんと伝える
先生ごとに言うことが違っては、生徒は戸惑うばかり
目線合わせの結果は、先生方の指導目標として共有

生徒は何ができるか〜指導計画立案の前に確認
新しい学ばせ方を通して獲得させたものを土台に
入学してくる生徒の能力や資質にも従来との違いが
経験してきていること自体にも大きな変化があるはず

生徒に見えている景色を想像しながら教えているか
初学者が見えている景色を想像してみる
曖昧な理解を専門用語でごまかしていないか
身近な問題から認知の網を広げる材料を揃える


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ノート指導、タスク管理
1 ノートにメモを取らせる指導1.0 ノートにメモを取らせる指導(序) 1.1 ノートにメモを取らせる指導(その1) 1.2 ノートにメモを取らせる指導(その2) 2 生徒のノートは授業改善への優れた教材2.0 生徒のノートは授業改善への優れた教材(序) 2.1 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その1) 2.2 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その2) 2.3 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その3) 2.4 生徒のノートは授業改善への優れた教材(その4) ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/31 06:49
次のステージに向かう準備は整っているか
年度末に差し掛かり、模試成績の検討会や成績会議が続く季節になりました。「前学年での躓きが原因となって成績伸長を妨げた」 という反省がなされるケースもたびたび目にしますが、反省は有効な対策を講じることに利されてこそ意味を持ちます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/08 05:37
指導の成果を確かなものに(その2)〜新入生を迎える
指導計画が設計通りの性能を発揮するには、計画の実行者である教員が十分な知識とスキルを備えているかを確かめて不足を補っておく必要がありますが、対象者である生徒の実態が計画立案時の想定と相違ないかの確認も欠かせないはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/12/15 07:33
生徒は学び方をどこまで身につけているか
練り上げた指導計画に沿って、生徒に課題を与えてやらせていくとき、その課題をこなすだけのレディネスが生徒に備わっているか、しっかり確認しておくことが大切です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/22 07:22
新年度を迎える準備(記事まとめ)
先日は当地でもなごり雪(というには少々風情にかける荒っぽさ…)が降りましたが、いよいよ3月も下旬です。当オフィスのブログでも新学期準備に関する記事を起こして参りましたが、未整理のままにした記事をジャンル別記事インデックスにまとめ直してみました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/23 05:46
教え方と学び方のマッチング
生徒はそれぞれの学習履歴の中で学び方を身につけてきています。その一方で、先生方もそれぞれの教え方をお持ちです。進学や年度の切り替わり等で生徒と先生の組み合わせが変わったことを機に、ときとしてこの「学び方」と「学ばせ方」のミスマッチが生じることがあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/09/27 06:51
入学時に思い描いた自分に照らして
受験学年を迎える現2年生に対しては、第一志望を宣言させたり、春休みには志望校別の対策講習が始まったりと進級への準備が着々と進んでいる中、現1年生に対しては、2年への進級を意識した策を特には講じていないというケースが思いの外多いようです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/02/12 06:57
生徒に伝える期待(=先生方の指導目標)を明確に
新学期も目の前となり、オリエンテーションや授業開きに向けた準備も進んでいることと思います。その場では、生徒に守るべきルールや履行を心掛けて欲しい行動を明確且つ具体的に伝えることも大切ですが、その前に、どんな成長を遂げて欲しいかという期待、目指すべき生徒像をしっかりと打ち出しておくことが大切だと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/19 07:32
シラバスを熟読・活用させることの効果
大学での授業評価アンケートの集計結果を分析したところ、「シラバスを熟読している学生ほど、科目の到達目標を達成できる見込みが高まると同時に、学習したことへの興味が膨らみ、発展的な内容を学ぶことへの意欲が向上する」という傾向が見て取れました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/03/26 07:43
カリキュラム・年間指導計画
1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 1.5 シラバスを熟読・活用することには効果あり Updated! 1.6 評価規準は使いながらブラッシュアップ 1.7 マトリクス点検で指導主眼を適正配置 #INDEX ... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/09 06:54
目標の示し方、導入の工夫
1 学習目標の示し方1.0 学習目標の示し方(序) 1.1 学習目標の示し方(その1) 1.2 学習目標の示し方(その2) 1.3 学習目標の示し方(その3) 2 解くべき課題を通した目標理解2.1 教室の学びをサンドウィッチに喩えてみると 2.2 目標理解と活用機会を整える授業デザイン 2.3 活動性と学びの成果を繋ぐ鍵〜課題を通じた目標理解 2.4 目標提示と成果確認はセットにして 2.5 問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ) 2.6 学習目標は解くべき課題... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/12 05:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
授業開き/オリエンテーション#INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる