年間行事予定の書きだし方(その5)

年間行事予定に配された様々な指導の一つひとつの背後には、生活、学習、進路の3観点での段階的到達目標が存在しているはずです。既存の年間行事予定や来年度の原稿を前に、各行事に込められた指導意図を取り出してみる(=言語化してみる)ことで、これまでの指導計画/行事予定に朱入れすべきところが明らかになるというのが前稿の主旨です。

この工程を踏むことで、段階的に設けるべき到達目標を正しく配列した適切な構造に改めることもできますし、一つひとつの到達目標に評価規準としての要件(=生徒を主語にしたセンテンスという形)を満たした表現を与えることで、今後活用の場が増えると思われるルーブリックの原型を手に入れることも出来そうです。

2016/03/11 公開の記事をアップデートしました。

❏ ルーブリックに組み直す前に、一定期間の観察を

本シリーズ "その1"でも少し触れましたが、到達目標を生徒を主語にしたセンテンスで書き出しておけば、それを過不足なく満たしている状態を「A評価」(=目標を達成した)とすることができます。

目指すべき到達状態が、すなわち評価規準ということです。

A評価に相当するものが決まったら、それをベースにそのまま、B(目標に近い)、C(遠い)、S(超える)の各評価となる規準の書き出しに進みたいところですが、ここで少し立ち止まってみた方が、その後の工程がスムーズになります。

A評価に相当する状態をセンテンスに書き出したら、暫くの間、それに照らした生徒観察に集中してみるのが好適です。

評価規準をイメージした状態で生徒観察を続けていくと、A評価に相当すると考えたセンテンスにもリライトが必要な部分が見つかるかもしれませんし、観察の中で、B、C、Sに相当する行動を何を基準に設定すれば良いか次第に明確になってきます。BCSの各規準作りは、それを待って再開するようにすれば二度手間、三度手間を回避できます。

イメージがつかないまま、作業を進めて形だけ整えても、後になってやり直しになっては苦労が増えるばかりです。

 ■ 評価規準は使いながらブラッシュアップ


❏ 進路の手引きに書き込み、到達目標の配列を見渡す

目指すべき到達状態をイメージして観察を行う時に、記録を残していくのに便利なのが、進路の手引きです。

少なくとも進路に関する事柄は生徒が経験していく順番に記載が揃っているはず。学習に関する事柄もたいていのことは触れられています。

進路の手引きを起草する段階で、体系的な書き方をしていますので、それぞれの記述をアンカーに気づいたことを書きこんでいけば、バラバラになりにくいメモ(備忘録)が残せるはずです。

もし、行事そのものの記載がなければ、別紙を挟み込んで、次の更新に備える原稿代わりにしましょう。

観測の中で、「この到達目標はもう少し前倒しにしても良い」「この行事を挟んだ後でないと無理」といった判断も加えて行きます。

生活、学習の領域での気づきも、時期が一致するページにメモを残していくことで3観点の到達目標や評価規準を見渡しやすくなりますので、後になって全体をまとめ直すときに作業が格段に楽になります。


❏ 更新されずに古い記載が残っていないか

少し話がずれますが、進路の手引きにも気になることがあります。

様々な学校の進路の手引きを拝見すると、入試日程などの年次データの貼り換えが行われているだけで、きちんと更新されてないケースも少なくないような気がします。

古い記述が残っており、現状と一致しない部分はないでしょうか。

学年ごとに独自の工夫が織り込まれる中で、照らし合わせがなされず、進路の手引きでの記載と実際に行われている指導とがしだいにかけ離れてきたのでしょう。目標と手段の不整合もあり得るはずです。

手順ばかり細かく書かれ、目的とすることにあまり言及されていないこともあります。目的は支障なく行事を完了することではなく、行事を経て以前とは違う状態に生徒を導くことこそが目的ですよね。

朱入れ用の冊子を分掌・学年に1冊ずつ用意しておき、指導機会ごとに変更したことや気づいたことをその場で書き込んでいきましょう。新年度を迎える準備に取り掛かるタイミングで、朱入れされたことを取りまとめて整理すれば、更新漏れを大きく減らすことができます。


❏ 明文化は、妥当性の判断と目線合わせに必須

年間行事予定や進路の手引きなど、書面を整える仕事はたしかに面倒なものです。「到達目標や指導の方針は、教員間ですでに共有されているのだから、そんな手間をかける必要はない。そんな時間があったら生徒の指導に当たりたい」というご意見もありますが、本当に意図するところはきちんと共有されているでしょうか。

文章に起こしてみることで、曖昧にされていたこと/不整合を起こしていたことに気づきやすくなりますし、互いにきちんと理解していたか、共感できる内容なのかの点検もできます。

指導に臨むときの目線合わせには、暗黙の了解としていたものを明文化しておく必要があるはずです。

文字や図に起こせば、それを土台に考えを発展させやすく、互いが考えたことをきちんと理解した議論を可能にします。固定されたものなしでは論理の破たんにも気づきにくく、議論も空回りしがちです。

どんなものであれ、生徒に示す書面は、先生方の共通認識のもとで作られていなければならないことは改めて申し上げるまでもありません。


❏ 建学の精神に照らして、リソースの最適配分へ

少々わき道にそれました。年間行事予定の書き出し方に話を戻します。

段階的到達目標を、観点別/サブカテゴリーに構造化し、段階性を踏まえて配列し終えたときに眼前に展開しているものが、これまでの教育活動で目指していたものの全体像です。

ここで完成と言いたいところですが、決定稿として公開に進む前に、改めて「建学の精神や教育目標との整合が取れているかどうかの点検」を行いましょう。一つひとつの到達目標の総体が、学校が実現しようとしている教育を余さず、矛盾なくカバーしているか、重みのかけ方にアンバランスはないかの確認です。

教育目標の中で配列されたいくつかの主要な概念のうち、ひとつだけは各所にその達成手段がちりばめられ全方位から固める形になっているのに、他はおざなり、というのではバランスを欠きますよね。

扱いが軽くなりすぎている部分をどう強化するか、どこから資源を割り当て直すかも考えなければなりません。加えるべきものがあれば、別の何かを間引くのが当然です。

行事予定を決めるときに常に念頭に置くべきは、「目指すべき教育の実現に、限りある教育リソースを如何に効率よく配分するか」と「個々の指導を如何に有機的に繋ぐか/関連づけるか」の2点です。


このシリーズのインデックスに戻る


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 年間行事予定の書きだし方【更新完了】 3/11 #05追記

    Excerpt: 以前に公開したシリーズ【年間行事予定の書きだし方】の記事の全面更新に着手しました。記事の修正のほか、新たに書き下ろしも加えていきます。お時間の許すときに是非ともご高覧ください。なお、全編の更新終了には.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-11 08:18
  • 年間行事予定の書きだし方#INDEX

    Excerpt: 2016-03-14 更新/span> 向こう3か月、半年、1年、…と先を見渡し、どの時期に何が待っているかを予想しながら過ごす日々と、次々に訪れるイベントを準備を整えるわけでもなくただ経験し.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-03-13 07:53
  • カリキュラム・年間指導計画

    Excerpt: 1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 シラバスの起草・更新に際して(その1) 1.2 シラバスの起草・更新に際して(その2) 1.3 シラバスの起草.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-11 06:15