講義・座学系の授業評価項目

生徒による授業評価アンケートの目的は「より良い授業の実現」にほかなりません。この目的を達成する上で欠かせない「課題形成」と「改善行動の効果測定」の2つがアンケートによって提供される機能です。まずは、「良い授業」とは何かを明確にしておくことが大前提。曖昧なままにしては、せっかくの評価/観察も、恣意的な判断が混ざり込んだり、目的から離れたりして空回りに終わりかねません。

2016/04/21 公開の記事を再アップデートしました。


❏ 学力を伸ばし、興味を引き出す授業

授業の“方法”には様々なものがありえますが、どんな授業でも“目的”とするのは変わらないはず。 ── 「学力を伸ばし、学んだことの先に興味・関心を見つけること」であることに異存はないものと考えます。

学力の向上や自身の進歩を学習者が感じ取ったところに新たな興味が生まれる様子は下のグラフが示す通りです。

画像


❏ 学力向上&興味発現の構成要素を評価観点に

「できるようになった」 との認識を持つためには、
わかりやすさを損ねる要素はないか
を確かめることが最初のポイント。理解確認が不十分なままでは伝達技術の不備が解消されないこともわかっています。

その上で、 学力向上感との高い相関(下表参照)が確かめられている、
目標理解 × 活用機会 × 授業内活動(活動性)
の3要素が、高い次元でバランスよく整えられているかどうかが欠かすことができない条件です。

画像


評価項目質問文
【話し方】先生の言葉は、いつもはっきりと聞き取ることができる。
【板書や資料】板書やプリントは見やすく整理され、後で見てもわかりやすい。
【指示と説明】先生の説明はよくわかり、指示にとまどうこともない。
【理解確認】先生は、生徒の理解を確かめながら授業を進めてくれる。
【目標理解】先生は、達成すべき目標やポイントをはっきりと示してくれる。
【活用機会】宿題や課題など、習ったことを使ってみる機会が整えられている。
【学習効果】授業を受けて、学力の向上や自分の進歩を実感できる。
【難易度】授業内容や課題の難易度はあなたにとって、{難しすぎる~易しすぎる}
【授業内活動】討論や練習、作業などの活動を通じて充足感を得ることは、{とてもある~まったくない}
【意識姿勢】この科目は、あなたにとって、{とても得意~かなり苦手}

これらの質問文は、授業評価アンケート以外にも、授業観察や相互参観の場面でも頻繁に言及し、「校是たる授業像」 を明確にし、常に校内での共有を図っておく必要があろうかと思います。

授業を観察・評価するときの観点を設定する際にも、「学力向上と興味発現に資するかどうか」で、観点の合理性・妥当性を判断しましょう。


なお、高大接続改革や新課程への移行で、新しい学力観にそった教え方の転換を図る中、学びの評価も新しいものに組み直す必要が出てきます。授業評価アンケートの質問設計の更新は今後の課題の一つです。

主体的、対話的な深い学びがどこまで授業で実現しているかを図ろうとするなら、如上の標準的な質問の内、すでに改善が進み、評価が高止まりしているものに代えて、以下の質問の組み込みもご検討ください。

主体的、対話的な深い学びへ~授業評価アンケート

【対話協働】話し合いなどの協働で、気づきや学びの深まりが得られる。(対話的な学び、深い学びの実現)
【学習方策】私は、この科目の学び方や取り組み方が身についたと思う。(方法の獲得は学習者への自立の第一歩)
【目的意識】私は、自分なりの課題や目的を持って日々の授業に臨んでいる。(学ぶことへの自分の理由は主体性の大前提)




■ご参考記事: 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一


授業評価&生徒意識アンケート

この記事へのトラックバック

  • 生徒による授業評価

    Excerpt: 1 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計1.0 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計 1.1 講義・座学系の授業評価項目・質問文 1.2 実習・実技系の授業評価項目・質問文 1.3 授業.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-19 07:24
  • 目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心

    Excerpt: 目標を持った状態で巣立たせるには、日々の学びの中に興味や関心を見つけてもらうことがスタートです。興味は自力で考え工夫して達成したこと(=できるようになったこと)の中に生まれ、関心は「自分事」として認識.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-05-31 07:09