現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 記憶に格納する知識、外部参照する知識 #INDEX

<<   作成日時 : 2018/11/27 05:01   >>

トラックバック 13 / コメント 0

次期学習指導要領は、学習べき内容は削減せず、その理解の質を高めること(教育の強じん化)を意図しています。従来と変わらない時間枠の中に、思考・判断・表現の各要素を織り込み、主体性・多様性・協働性を身につける場を設けつつ、学習内容は減らさないということです。

こうした変革の中、課題解決に必要な知識をすべて教えきる時間を確保してから習ったことを活用する場面を別に設けるという"二段構え"の指導手順では、どこかに無理が生じるのは明らかです。

2016/05/17 に公開した記事をアップデートしました。


❏ 教室ですべてを教えきるという発想を離れる

新テストの試行問題でも、学習型問題や正解が一つではない問題を題材に、「導いた結論が何か」ではなく、「どうやってその結論を導くか」に焦点を当てた問いが散見され、生徒が自ら解法を考える場面を整えることは授業デザインでのこれまで以上に大切な要件となりそうです。

ターゲット設問の形で「解くべき課題」を与えておき、その解決に取り組ませる中で理解の核(コア)を作りつつ、課題解決の方法を学ばせ、多様性や協働性を土台に思考力・判断力・表現力を身につけさせていくという発想を土台にする必要があります。

それでは受験に対応できないとの懸念もあろうかと思いますが、入試自体が変わる上、進路希望などの個人のニーズに合わせた知識の拡充は授業外学習の中で図らせることもできるのではないでしょうか。

理解の核さえしっかり出来ていれば、副教材や資料などのテクストに当たり、自力で理解して知識を集めることは十分に可能なはずです。


❏ 外に置いた知識や情報を活用する方法を学ばせる

また、社会の変化や科学技術の進歩によって、知識は更新されながら増大の一途を辿りますので、必要な知識をすべて覚えておくという戦略自体に無理があるのは明らかです。

問いの求めに応じて必要な知識・情報は何かを判断する力は、新テストの試行問題でも試されています。どの資料、データに当たれば問題を特定したり、判断ができたりするかを尋ねる設問がこれに相当します。

眼前の解くべき課題がどのような判断材料を要し、それをどうやって入手するか/様々なデータや資料の要否を見極める力を試そうとする出題が、あちらこちらに出現しています。

その情報にどうアクセスするか、アクセスした情報をどれだけ素早く読んで理解するかが、これまで以上に問われるということだと思います。


❏ 記憶に格納する知識と外部参照する知識の切り分けを

このように考えてくると、単元内容をわかりやすく説明して、きちんと理解させ、余すところなく覚えさせるという従来型の教え方には自ずと限界があるばかりでなく、新しい時代が求める学びの姿から遠ざかってしまうリスクを抱えることになりそうです。

もちろん、外部知識を参照するにも、取っ掛かりとなる「記憶の中の知識」が必要なことは言うまでもありません。覚えさえるべきことをきちんと覚えさせることの必要性はこれからも同じです。

記憶に格納すべき知識と、必要に応じて外部参照する知識とをきちんと線引きして、前者の確実な獲得と、後者を素早く且つ効率的に利用する力の養成とを並行して図るという発想を持てるかどうかが問われる局面とお考えください。


#01 2018/11/28 更新
効率化と“残業”以外の解決策を
知識を2つのタイプに分けて考える
外部参照を使うには「記憶に格納した知識」 が必要
外部参照のきっかけを作るのは解決すべき課題の存在
参照頻度の高いものは、覚えてしまった方が効率的

#02 2018/11/29 更新 
外部の知識を参照する力、情報を素早く集約する力
知識と情報を組み合わせて作り出す新たな"知識"
知識は記憶に格納するものという固定観念から離れる
ICTの活用力を含めた総合的なコンピテンシー
カリキュラム・マネジメントの実現に向けて




高大接続改革が目指しているのは、高校教育、大学教育、高大接続の3つをひとまとまりにした改革です。

これまで、高校教育と大学教育のそれぞれを改革しようと様々な働きかけを行ってきましたが、狙った通りの成果は得られなかったとの反省に立ち、攻め手の発想を変えたということではないでしょうか。

高校教育を変えようとしても、大学入試という「高校での出口」 で求められるものが変わらなければ、「受験で必要」という圧力が改革を押し止めます。そこで、大学入試を変えてしまおうというわけですから、今度の改革に向けた本気度が伝わってきます。

新テストの試行問題にはできるだけ早めにしっかり目を通しておくべきだと思います。また、高大接続改革では検討のスタートに、国際バカロレアをイメージしていますので、帰国生入試の問題も、2020年度以降に予想される"次世代型の出題"を学ぶ好適な教材になるはずです。


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記憶に格納する知識、外部参照する知識(その1)
平成28年5月10日付けで、教育の強靭(じん)化に向けて と題するメッセージが文部科学大臣から発信されました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/05/17 05:05
記憶に格納する知識、外部参照する知識(その2)
脱ゆとり路線を維持しつつ、主体的な学びの場を増やすことで思考力・判断力・表現力を高め、且つ主体性・多様性・協働性を身につけさせる。これ以上は授業時間を増やす余地がないという状況下で、より大きな要求に応えていかなければなりません。 効率を高める(指導力の向上)そとに持ち出す(家庭学習の延伸)やるべきことに軽重・濃淡をつける(カリキュラムマネジメント)といった対策をうまく組み合わせて行うほか、知識のタイプを区別した対処も求められます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/05/17 05:06
高大接続改革に向けて今できる準備
大学入試改革では、これまでと違った新しいタイプの問題が登場すると考えられています。昨年末に文科省のホームページでイメージ例が公表されましたが、検討の途中とあってまだサンプルは十分ではありません。現段階では、出題の変容を正確に予想するのは困難です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/06/07 07:34
課題解決を伴わない知識獲得は… #INDEX
教科固有の知識・技能について、学ぶことは減らさず、思考力や表現力をこれまで以上に高めることを目指すという次期学習指導要領の改訂方針にどのように対応していくか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/07/14 04:20
次期学習指導要領改訂スケジュール
次期学習指導要領は、平成32年に小学校で、平成33年に中学校で全面導入され、高校では平成34年度から年次進行で実施予定とされています。平成32年度からはセンター試験に代わる新テストが実施されるなど、今後数年間は様々な変革への対応に迫られることになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/29 04:48
教科固有の知識・技能を学ぶ中で
工業化社会では、正しい手順を正確に且つ効率的に再現できることが生産性を高めることに直結しました。個々の教科の内容を学ぶ中で身につけた「与えられた情報を素早く理解し、記憶する力」 はそれ自体で武器になったように思えます。テストで「覚える力」 を証明することが、次のステージへのパスポートになったように感じます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/12 06:01
認知の網の広げ方〜5教科7科目をきちんと学ぶ
以前の記事で、5教科7科目に挑ませること には「認知の網」 を張るという意義があると書きました。国公立大学への合格実績は、学校の都合ですが、多くの科目を広く学ぶことは、生徒にとって理解できる範囲を広げ、分散知識を上手に使えるようになることと意味します。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/11/22 07:38
英語4技能と大学入試対策
高大接続改革で否が応でも注目を集める2020年以降の大学入試では、思考力・判断力・表現力がさらに高い次元で求められます。学ぶべきものは減らさず、その中で主体的、対話的な深い学びを実現するという方針は2016年に打ち出された"教育の強靭化に向けて"で示された通りです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/11/17 05:46
参照型教材を徹底して使い倒す#INDEX
知識の拡充に先走らず、教科書ベースで理解の軸をじっくり作りつつ、参照型教材を導入期から常に手元に置かせ頻繁に参照させることで必要な知識もがっちり固めて行きましょう。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/12 07:19
イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い
新しく見聞きしたことを理解するというのは、もともと持っている知識と、新しく入ってきた情報の接点が作られることを意味します。新たな情報が放り込まれたところの周辺に、既に蓄えられていた知識が待ち受けていないと、情報は接点を得ることなく素通りしていきます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/31 06:10
知識の獲得は個人の活動を通じて
授業デザインを考えるとき、生徒が個人の活動でも取り組めるものと、集団の中での協働でしか学ばせられないものとを区別しておかないと、扱うべき学習内容を限られた授業時間と指導回数の中に納めきれなくなってしまいそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/11/26 07:36
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.0 自ら学び続けられる生徒を育てる 1.1 イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い New! 1.2 認知の網の広げ方〜5教科7科目をきちんと学ぶ 1.3 記憶に格納する知識、外部参照する知識 New! 1.3 学び方そのものを学ばせる 1.4 学習方策は課題解決を通して身につく New! 1.5 勉強好きにさせる学ばせ方 ★ 1.6 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 2 どんな人材を育てようとしているのか... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/12 08:12
カリキュラム・年間指導計画
1 シラバスの起草・更新に際して1.0 シラバスの起草・更新に際して(序) 1.1 その1 まずは全体を見渡したグランドデザインを 1.2 その2 指導計画立案の前に検証可能な目標の設定 1.3 その3 副教材の取り扱いや学ばせ方のすり合わせ 1.4 その4 使いながら記録を残してブラッシュアップ 1.5 シラバスを熟読・活用することには効果あり 1.6 評価規準は使いながらブラッシュアップ 1.7 マトリクス点検で指導主眼を適正配置 #INDEX 2 教科学習指導... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/27 05:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
記憶に格納する知識、外部参照する知識 #INDEX 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる