指導案の優劣を論じるときも

指導案を持ち寄ってその改善協議をするときや、教育実習生にアドバイスをするとき、それぞれの経験や考え方が競合を起こし、議論がかみ合わないことがあります。昨日の記事とも関連しますが、エビデンスがないまま論じても、主観のぶつかり合いばかりで、より良い指導法を協働で作り出していくことにはつながりにくいものです。

2016/06/29 公開の記事をアップデートしました。

まずは、「生徒ができるようになること/理解することは何か」の摺り合わせを行い、その成果を測る問題・課題を考えることを先行させましょう。いきなり指導方法を論じる場合より、結論がひとつに収束しやすく、議論の空回りも防ぎやすいはずです。

その上で、それぞれが最善と思う方法/指導手順を試したのちに、生徒の答案を比べてみれば、いずれの方法がどの部分で勝り、他の部分はどうかということを明らかにしていくことができます。

それぞれが最善と思う方法を試しているだけに、生徒を実験台にするとの批判には当たらないはずです。


❏ 教え方の優劣は、学習目標の達成度合いで決まる

当たり前のことですが、指導法がどれだけ優れているかを決めるのは、学習目標を生徒がどれだけ達成できたかによってです。

教室が如何に盛り上がろうと、生徒が真剣に話を聞いていようと、「本時の狙い」を達成した生徒が少なければ、授業として成果をあげたとは言えません。

優れた指導法とは、狙いを確実に実現できる方法、学習目標をより確実に達成できる方法です。

高大接続改革を機に、パフォーマンスモデルからコンピテンシーモデルへと学力観の転換が進む中、どれだけ多くを覚え、解き方を知っている問題を増やすかに意識を奪われていては、新しい学力観の下での「学習目標」は達成できませんよね。

どれだけ深く理解できたか、学んだことを使って扱える問題がどれだけ広がったかを測ることなしに、優劣を論じてもあまり意味があるようには思えませんし、学び方(学習方策)の獲得そのものもこれまで以上に重要な目標となるはずです。


❏ 本時の狙いを、生徒が解くべき問い/課題に起こす

どんな授業でも、「本時の狙い」 は存在します。それらを理解すれば解ける問題を用意しておき、生徒に答案を書かせれば、学習目標の達成度を測るのは容易です。

言語化によるアウトプットは、学習内容の定着も高めるだけに、生徒にとってもメリットのある取り組みです。

例えば、歴史の授業なら、「○○は、どのように考えて、こうした行動を選択したのか」という問いもアリですよね。

また、その問題を授業の冒頭で示しておけば、学習目標を生徒に理解させるのにも役立ちます。

学習目標は解くべき課題で示す

学習目標を正しく認識していることは、生徒の側での情報補完を容易にしたり、達成感をより強固なものにしたり、あるいは苦手意識を抑制したりと、多くの好ましい効果をもたらします。

穴埋め問題で正解できたとしても、本当に理解しているかどうかはわかりませんが、「○○の起こりについて、以下の用語のうち5つ以上を用いて説明せよ」という問題なら、ちゃんと理解していないと答えに辿り着けません。

問いに答えを導けなかったことではじめてインプットの不備にも気づけるということだと思います。

 ■振り返りのためのアウトプット

振り返りシートを用いる場合も、単なる感想を書かせても、指導の効果測定には使いにくいもの。「何を学び、どんな疑問が残ったか、これから何を掘り下げてみたいか」 といった点について書かせてみると、生徒がどんな受け止め方をしたのか把握ができ、さらなる指導改善に役立てることができます。


❏ 答案に現れる理解の濃淡から指導の改善点を明らかに

生徒に書き上げてもらいたい答案を想定しておけば、形成したい理解や獲得を確実にしたい知識も特定できるので、それぞれにきちんと視点を置いた検討・協議が行いやすくなります。

実際に指導を行ってみた結果を踏まえ、学びの深まりや拡張に足りない箇所を見つければ、それに応じた改善のポイントも明らかになってくるはずです。

  • 「この導入では、この部分に焦点を置けない生徒がでるのでは?」
  • 「このペアワークはもう少し誘導を緩くした方が良いかも?」
  • 「ここは難しいから、隣同士で話し合わせて頭の準備をさせよう」
  • 「ここは動きで見せないとだめだな。映像を用意しようか?」

授業を行う前に指導案を検討するときにも、ある程度のシミュレーションは出来るはずですよね。なんの予想もしないで教室に臨んで生徒を実験台にしてはいけません。



エビデンスなしに、感覚的・主観的にディスカッションしても、得るものは多くありません。下手をすれば「意見の対立」 という事実だけが残るかもしれません。これでは互いにハッピーとは言えませんよね。

学習目標は何か、生徒がどれだけ達成できるのか/できたのかと切り離す形で教え方や指導手順を論じるのは、あまり建設的とは言えません。きちんとエビデンスに基づいた議論をしたいもの。そのためには、評価方法の確立を急ぐ必要がありますよね。

新たなチャレンジに先生方の協働で取り組むとき(記事まとめ)へ


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • 新たな取り組みを始めるときの鉄則

    Excerpt: 学校に限ったことではありませんが、新しいことを導入しようとしたときに、きちんと踏みたい手順というものがあるように思えます。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-06-29 06:16
  • 授業改善に向けた教員協働

    Excerpt: 【テーマ別記事インデックス】 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-06-30 07:22
  • 教科学習指導の効果を高める土台

    Excerpt: 授業を通して各教科固有の知識・技能を学んでいく土台となるのが「学習方策」 であり、学びを後押しするエネルギーが「学ぶことへの自分の理由」 です。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-07-06 08:07
  • 授業評価の結果から(記事まとめ)

    Excerpt: 2016-09-02 更新 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-02 06:14
  • まとめページ「授業評価の結果から」 を更新しました

    Excerpt: 9月に入り、1学期末に実施した生徒による授業評価アンケートの集計結果を踏まえた校内研修会もようやくピークを超えようとしています。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-02 06:45
  • 面談指導を成功させる(その4)

    Excerpt: 進路指導は、進路指導部や学年進路といった「機関」が計画するものですが、面談指導を実施するのはクラスを担当されるひとりの先生。発言の引き出し方や反応の探り方などの面談スキルは当然問われ、経験を重ねて磨い.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-09-26 07:04
  • 効果測定は、理解者と賛同者を増やすため

    Excerpt: 以前の記事「 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)」 をお読みいただいた先生から、「効果測定や成果検証の必要性は十分にわかっているが、手間に取られる負担も大きい」 という趣旨のご相談を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-11-11 07:51
  • 効果測定、成果検証

    Excerpt: 1 効果測定を通じた教育資源の最適配分1.1 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分) 1.2 指導案の優劣を論じるときも 2 データを用いて理解者と賛同者を増やす2.1 効果測定は、理.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-01-06 06:10
  • シラバスの起草・更新に際して(その4)

    Excerpt: 十分な検討と協議を経て、「3年/6年間を見渡したグランドデザイン」 「科目・教科ごとの到達目標」「学び方を生徒に伝える手引き」 の3点が揃ったら、いよいよ年間授業計画を書面に起こして最終的な仕上げです.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-03-01 07:57
  • 組織的な授業改善の土台: データに基づく効果測定

    Excerpt: 効果測定を重ねながら、優良実践の抽出と共有を継続的に行っていけばそれぞれの先生方が持っておられた強みの集合体として、共通項を一定以上に含む「本校の授業のありかた」が具体的な姿が徐々に表れてくるのではな.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-09-21 04:45
  • 指導方法の効果測定(その1)

    Excerpt: 新しい学力観に沿った学ばせ方への転換を図ろうとするとき、最初に考えるべきことは、「どのような方法で」ではなく、「何を目指して」であり、「どうやって目標の達成を検証するか」もまた指導方法の議論に先行して.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-11-19 07:57