現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場

<<   作成日時 : 2016/08/09 07:57   >>

トラックバック 23 / コメント 0

生徒が主体的に意欲をもって学習に取り組むのは、「学ぶことへの自分の理由」 を持ったとき。将来の夢があってその実現を図りたいという気持ちも理由の一つでしょうが、そうした外にあるものとは別に、「興味という形で内から生まれる学びへの欲求」 こそが大切にすべきものではないでしょうか。

どこかで学んだことに刺激を受けて生まれた、「どうなっているのかもっと知りたい」「この先にはもっと面白いことがありそうだ」 という気持ちが、学びを続ける原動力になると考えます。


❏ 将来の夢が生まれるまで待っていられない

以前の記事「進路希望を作る指導[進路意識形成]」でも書きましたが、将来つきたいと思う職業などの目標を設定して、その実現を目指して今なすべきことを考えさせ頑張らせるという戦略には、いろんな落とし穴がありそうです。

その最たるものは、将来の夢が決まるまで頑張りを引き出せず、夢が生まれるのを待つ間に、叶えられそうな夢がどんどん減っていくというジレンマです。

様々なものにチャレンジしてこそ能力も視野も広がり、偶然との出会いが待っているわけで、夢を見つけたときに手が届くかどうかは、それまでの頑張り次第。でも、夢が見つからなければ…、というのでは堂々巡りです。


❏ 夢を叶えた先に、次がイメージできるか

将来の夢は、大きいほど叶えるのに時間がかかり、実現までの長きにわたってモチベーションを維持するのに、「夢」 という燃料だけでは事足りないこともあるでしょう。

また、夢が叶った時に、その先が見えているかどうかはまた別の話です。せっかく頑張って大学に進んだり、仕事に就いたりしても、そこで燃え尽きては何にもなりません。

ある職業に憧れ、頑張って実現しても理想と現実のはざまに苦しむこともあるでしょうし、その職業が人工頭脳やロボットに取って代わられたり、社会の変化の中で憧れにたる「輝き」 を保っているとは限りませんよね。

工夫と努力を重ねて達成した中に興味が生まれるということを、どこかで学習してきたかどうかが、手に入れた居場所の中で新たな目標を見出せるかどうかの分水嶺になりそうです。


❏ アメとムチも、外におかれた理由

頑張ったらご褒美で報いるというアメでつる作戦も、効果の持続性には疑いがあり、頼り過ぎては危険です。

短期的な効果はあげても、アメを手に入れるという欲求を土台にしていますから、アメが与えられなくなったり、褒美になれて「当たり前」 になったら、インセンティブとして働かなくなるのも当然でしょう。

逆に、頑張らないと罰(再テストや補習)が待っているよというムチも同様です。

ムチを避けたいという学びと直接関係のない理由ですから、卒業してしまいムチを振る人がいなくなった瞬間に学ぶ理由も失われます。


❏ 努力して達成した中に見出す興味

これに対して、「面白い」 という純粋な理由は、ちょっと違った働き方をします。

面白いと思って人の話を聞いたり、本を読んだりした場合には、その中に新しい別の興味との接点が見つかります。この繰り返しの中で、興味が更新され、学ぶ理由が次々に生まれることになります。

また、工夫や努力を経て何かを成し遂げたことは、充足感や達成感を伴う快体験であり、それを繰り返したいという欲求が生まれます。

チャレンジングなことに挑み頑張ることが快体験をもたらすということを、体験を通じて学習した生徒と、学習していない生徒とでは行動様式に大きな違いが生じるのは当然です。


❏ 教室の中での体験を通じて学ばせられること

外にある理由と違い、努力して達成した中に見出す興味は、日々更新され、常に新しく生まれ得るもの。

「学ぶことへの自分の理由」 として、生徒に抱かせるべきものとして相応しいのはこちらの方でしょう。

教室の中での学びを通じて新たな興味が自分の中に生まれる瞬間をどれだけ経験させられるかが、私たちに問われていることなのではないでしょうか。
  • 振り返りを通じた課題形成と次に向けた自分の目標を設定させること
  • 適切な課題を用意し、その達成を可能にする授業をデザインすること
  • 生徒自身に問いを立てさせ、それを解決する方法を考えさせること
先生方が普段の授業で行っていること自体が、達成感を与え、新たなモチベーションを抱かせる「体験学習」 なのかもしれません。


❏ 教える側の“論理”は、生徒にとって他人事

静かに話を聞かせたい、反応よく行動させたいというのは、教える側の気持ちではあるかもしれませんが、「主体的、意欲的に学ぶ姿勢を学習させる」 ことには必ずしもならないように思えます。

生徒の中には、先生の期待に応えたいという気持ちがどこかにあり、それが却ってマイナスに作用することもありそうです。

「学ぶことへの自分の理由」 とは別に、どうふるまうべきか空気を読んでくれたところで、そこに得るものはなさそうです。

私語や居眠り、内職、いたずら…。

目にすれば不愉快ですし、ガッカリもします。でも、そうした行動にも何らかの理由があるもの。

表層に現れた行動を改めさせるだけでなく、根っこの原因を考えるべきでしょう。「自らの中に興味が生まれる瞬間を体験させる」 ことにこそ力を入れるべきだと考えます。
画像

■ご参考記事:

 
教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自由研究/課題研究は狙い通りの成果を得たか?
お盆休みも終わり、2学期もまもなくです。小中学生のときの夏を振り返ってみると思い出されることの一つに自由研究があります。試しにネットで「自由研究」を検索してみたら、表示された件数は24,300,000 件。ものすごい数に様々な立場からの関心の高さを改めて実感します。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/17 07:41
次期学習指導要領改訂スケジュール
次期学習指導要領は、平成32年に小学校で、平成33年に中学校で全面導入され、高校では平成34年度から年次進行で実施予定とされています。平成32年度からはセンター試験に代わる新テストが実施されるなど、今後数年間は様々な変革への対応に迫られることになりそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/29 04:48
終了時の工夫で成果を高める(記事まとめ)
同じ教材を用い、同じ展開で授業を行っても、仕上げ方/まとめ方で学習効果は大きく異なります。これまでに公開した拙稿から、関連する記事をまとめてみました。明日から9月、実りの秋も近づいています。50分の学びの実りをもっと大きくするために、是非ともお試しください。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/08/31 05:59
教室の学びをサンドウィッチに喩えてみると
テーマ別記事インデックス「目標提示とアウトプット」 に未整理のまま放置してしまっていた記事4つを追加しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/09/07 06:25
思考力を鍛えるのは、教える前が勝負
思考力を鍛えるには、答えや解き方を示すまでが勝負です。先生が正解や最適なアプローチを示してしまうと、その瞬間に生徒の意識は「考えること」 から「覚えること」 に切り替わりがちです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/05 06:56
『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで
今年2月に出てすぐに買ったにもかかわらず、積読(つんどく)になっていた同書をようやく読み終えました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/11/01 06:20
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 次に進んだときの学習をイメージ 2 生徒に考えさせる学習行動・授業規律2.1 指示を的確にこなす生徒〜それだけで良いのか? 2.2 生徒に考えさせる授業規律 3 興味関心・学ぶことへの自分の理由3.1 学ぶことへの自分の理由 3.2 興味関心と自ら学ぶ姿勢とのギャップ 4 学習成果を実感させるために4.0... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/17 07:40
卒業後に燃え尽きさせないために
進路希望の実現に向けて頑張ってきた生徒には、進学先でも大いに頑張って充実した日々を過ごしてほしいところですが、様々な統計を見ると、学業不振や学校生活不適応で苦しんでいる学生も少なくないようです。原因を切り分けることで、どんな予防策があり得るのか考えてみたいと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/30 07:41
進路希望を作るまでの活動を確かめる#INDEX
生徒一人ひとりの進路希望を把握することは大切ですが、それ以上に着目すべきは、進路意識を形成し、進路希望を具体化するまでに生徒一人ひとりが踏むべきプロセスをきちんと踏んでいるかどうかを確かめることではないでしょうか。自らの選択の結果に向き合える状態に生徒を導く上で欠かせません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/13 06:14
進路意識形成を支える指導
1 興味を追いかけ、しなやかに選択を重ねる1.1 キャリアは選ぶものではなく重ねるもの 1.2 カッコつきの“キャリア教育の充実!”に思うところ 1.3 起業家教育について考えるところ 2 進路指導で育む“選択の力”2.1 進路指導で育む“選択の力”(その1) 2.2 進路指導で育む“選択の力” (その2) ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/19 07:10
"進路意識形成を支える指導"を更新しました
「進路希望を調べるときは、前段階の確認も併せて」「学部・学科調べに、学問探究という入り口も」「進路意識形成について意識を質し、内省を促す」 などの各記事を追加し、ジャンル別インデックスの「進路意識形成を支える指導」 を更新しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/04/20 07:27
"学ぶことへの自分の理由"と"自ら学べる土台"
「学ぶことへの自分の理由」 という表現を、当ブログのあちこちで使ってきました。"自分"の反対は"他人"です。他人の理由で学ばされる状態と、自分から進んで「知りたい」「わかりたい」「できるようになりたい」 と思える状態とを対比してみると、授業/学びの場をどう作るかヒントが持てそうです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/05/25 08:01
授業評価項目F 学力向上感が、挑む意欲を引き出す
日々の授業を通じて達成感を得たり自分の進歩を実感できたりすることは、次の学習に向けたモチベーションの原資にほかなりません。自分で工夫して達成した中には自信(自己肯定感)も生まれ、積極性も引き出します。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/06/27 07:36
その宿題、本当に必要ですか? (その3)
与えている宿題・課題の一つひとつについて、履行を通じて達成すべき目標状態(=やらせる目的)があるはずですが、その目的はどのくらい達成できているでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/03 06:11
その宿題、本当に必要ですか?#INDEX
宿題や課題は、生徒の力を伸ばそうという先生方の気持ちの現れであるため、ときとしてあれもこれもと与えてしまい膨張の一途をたどることもあります。こなしきれない量の宿題は、生徒に「仕上げきることの喜び」を学習する機会を奪う可能性もあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/04 06:00
探究型学習を使った進路指導#INDEX
探究型学習を通して、深めてみたいと思える興味や、自ら関わりを持ちたいと思える社会の課題を見つけ、それを起点にして具体的な進路希望を作っていく生徒がいます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/02/09 04:35
どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか
生徒一人ひとりについて、本人の資質や志向に見合った進路を見つけさせ、それを実現させることは高校の大切な役割ですが、進路先である大学や企業、専門学校にバトンタッチすれば役割を果たしたことになる、というわけではありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/04/10 05:36
生徒の興味・関心をどこまで育めたか
授業を通じて生徒の興味・関心を高めるのは、どの教室にも共通する目標だと思いますが、そのための指導方法について論じる機会の多さに比べて、「興味・関心とは何か」という根幹に立ち戻った議論はあまりなされていないような気がします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/29 08:42
対話が思考を育み、深い学びを実現する(まとめ)
2020年以降の新しい入試に初めて挑む学年がこの春に高校生となり、新課程で学ぶ生徒も来春には中学生となる中、新しい学力観にそった、教え方の転換を図るべく、各地の学校では様々な工夫がなされています。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/06 04:30
学びの重なりを上手に利用したコンパクトな学校経営
学校は様々な教育活動の集合体として成り立っていますが、相補関係を考慮しないで個々の教育活動を設計すると、部分最適化は図られても、リソースの最適配分という視点が欠落することもあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/07/10 07:48
自ら学び続けられる生徒を育てる
学校を卒業した後、自ら学び続けていける生徒を育てることは、すべての学校のミッションであり、教科固有の知識・技能をきちんと身につけさせることと同等以上に大切なことではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/08/09 05:38
苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる
授業を受ける中で「学力や技能の向上」「自分の成長や進歩」を実感できている生徒は、高い確率でその科目に新たな興味や関心を見出していくというデータがあります。逆に、伸びている実感が得られなければ、その科目を学び続ける意欲を維持するのは容易ではありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/02 08:01
科目を学ぶことへの目的意識/学ぶ理由
主体的、対話的な深い学びを構成する要素のうち、「主体性」にはその科目を学ぶことへの自分の理由を持っているかどうかが含まれると思います。学習方策が獲得できなければ学びは依存的に、学ぶ理由がなければ受動的になり、いずれも主体的な学びとは言えない気がします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2019/04/08 07:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる