選択機会に臨ませるときに(関連記事更新が完了しました)

昨日の記事で予告した、大きな分岐(選択の機会)を前に整えるべき指導機会 の関連記事の更新状況です。

長らくかかってしまいましたが、10/4に全件の更新を完了しました。

進路を決定するまでのプロセスの中で、生徒は大小様々な選択を経ていきます。最も大きなものは文系か理系の選択、あるいは3年生でどの科目を履修するかの選択。暦は9月中旬。文化祭などの学校行事が一段落したら、こうした選択は目の前です。意識をスパッと切り替えないと、準備を整えられないまま選択に臨ませてしまうことになりそうです。


記事タイトル更新状況
先に控える選択の機会をいつ認識させるか2016.09.13 更新
キャリアは選ぶものではなく重ねるもの2016.09.14 更新
進路指導で育む“選択の力” (その1)2016.09.15 更新
進路指導で育む“選択の力” (その2)2016.09.16 更新
面談指導を成功させる#INDEX2016.09.27 更新
面談指導を成功させる(その1)2016.09.20 更新
面談指導を成功させる(その2)2016.09.21 更新
面談指導を成功させる(その3)2016.09.23 更新
面談指導を成功させる(その4)2016.09.26 更新
学習機会としての模試受験#INDEX2016.10.04 更新
学習機会としての模試受験(その1)~仕上げさせる2016.09.28 更新
学習機会としての模試受験(その2)~計画させる2016.09.29 更新
学習機会としての模試受験(その3)~好適時期は?2016.09.30 更新
模試受験後の指導~進路希望を維持させる~ 2016.10.03 更新




進路希望を作る指導[進路意識形成]#INDEX


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック