探究活動や課題研究と成果発表会(まとめと追記)

課題研究や探究活動の成果発表会は、生徒一人ひとりが取り組んできたことを互いに知り、相互に新たな刺激を得る「相互啓発」の機会としてとても大切だと思います。先輩の発表を見た後輩たちも大いに刺激を受け、自分たちも頑張ろうとの思いを持ってくれるはず。こうして受け渡されていく成果と刺激は、やがて学校に「文化」を創り出します。

さて、その成果発表会ですが、押さえるべきところをきちんと押さえないと、形だけのものになってしまったり、受け継がれていく「文化」を歪めてしまったりするリスクがあります。

とりわけ「発表者の選出」や「講評の在り方」は、活動全体を振り返ってみる中で改めて得られる学びや、後輩に伝わる刺激を全く違うものにしてしまう可能性のある、極めて大事なところではないでしょうか。

2016/10/11 公開の「まとめページ」をアップデートしました。

成果発表会の“成果”(その1)
 ├ 成果発表会で目指した教育成果は何か?
 ├ 探究の方法を互いに学び合う場として
 ├ 先人が明らかにした先を見たい気持ちが学びの動機に
 └ 学問探究への欲求を生むきっかけとして

成果発表の“成果”(その2)
 ├ 探究の方策を体系的に学ぶ機会も
 ├ 成果を発表する生徒をどう選ぶか
 ├ 生徒が自分の研究を相対化できるように
 └ メモをとる姿勢と評価者スキル

良いものを選んで重点的に~探究活動の成果発表
 ├ すべての成果品を同等に扱うことにメリットはない
 ├ 事前の審査結果を表示方法に反映させる
 ├ 成果発表会は学校の教育力を評価される機会
 └ どんな成果品を選出するかは評価規準に沿って

選定理由の言語化を~探究活動の成果発表会
 ├ 合理的な理由なしに代表作品を選ぶことで生じる問題
 ├ 選定理由そのものを教員間で突き合わせる
 ├ 選定理由を言語化することで改善課題が見えてくる
 ├ 探究活動を評価するルーブリックは整っているか
 └ 適切な評価・選定で、探究活動の成果を確かなものに 

プレゼンテーション/成果発表を機につくる成長の場
 ├ プレゼンの準備や体験で成長への刺激を得ても…
 ├ 相対化、振り返り、課題形成を経た再チャレンジ
 ├ 発表者がより多くのフィードバックを得られるように
 └ リフレクション・ログに成長への決意が読み取れるか

既卒生が残した「成果」を教材に~探究活動の導入指導
 ├ 先輩たちの作品を比較しながら評価させてみる
 ├ 生徒間での気づきの交換で、観察をより広く・深く
 └ 観察の視点は、探究の方策とテーマの選択

先輩たちの研究成果に対して立てる「問い」
 ├ 準備もなしにはテーマも決まらず、問いも立たない
 └ 先輩たちが作った答えは、反証を試みる好適な対象

■関連記事:
  1. 生徒は評価者としてどこまで成長しているか
  2. 特色ある教育プログラムへの生徒の取り組み状況は?
  3. 進路関連行事に向けた企画・準備・事前指導


成果発表会には、大学に進み/仕事について研究や実践に頑張っている卒業生にも足を運んでもらいたいところです。研究やビジネスの最前線で日々奮闘する卒業生たちは、先生方とはまた違った視点で、後輩たちの頑張りに助言やエールを送ってくれます。こうした「斜めの関係」がふくらめば、課題研究・探究活動から生まれる「新たな学校の文化」もより強固で豊かなものになっていくのではないでしょうか。



内外の理解・協力を得るためにもきちんと効果測定を!
探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか

探究活動を通じて、生徒は様々な「目に見えない学力」 を獲得しています。興味の先に見出す「学ぶことへの自分の理由」や、それが具体化した「進路意識」 などもそうですし、解が特定されていない課題を解決するときのスキームやそれらに取り組むときの姿勢なども含まれます。

指導に当たられる先生方のご苦労は並大抵のものではありませんが、探究活動には投資をはるかに超えた大きな成果が期待できます。成果検証を確実に行い、校内外に理解者と協力者を増やしていくことが、探究型学習/課題研究を学校に根付かせていく上で欠かせません。

探究に必要なスキルと姿勢を書き出して行動評価の規準として用いることで、活動を通じた生徒の成長の度合を定量的に捉えましょう。

成果発表の直後や卒業して暫くたったタイミングで、探究を経験した生徒にアンケートを行い、学習者・研究者としての自分の成長をどう感じているかを調べてみたいところ。直ぐには実感するものがなくても、記憶に残った「原体験」が後で形になることも少なくないはずです。

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

  • PPDACサイクルを用いた課題研究(その1)

    Excerpt: 課題発見や課題解決を行う枠組み(型)の一つに、「PPDACサイクル」 というのがあります。 現時点で認知度は高くないようですが、総務省統計局が開設している 「なるほど統計学園高等部」 というWEBサイ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-11-07 08:05
  • 高校生にとっての探究活動(記事まとめ)

    Excerpt: 高校生にとって課題研究などの探究活動は、新たな知を生成する方法を学ぶ場でもあり、また大学に進んで学んでみたいことを見つけ、さらにはその先に社会との接点を見出す進路意識形成にも繋がります。 Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-11-10 16:16
  • 探究活動、課題研究

    Excerpt: 1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 PPDACサイクルを用いた課題研究(その1) 1.3 PPDACサイクルを用いた課題研究(その2) 1.4.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2016-12-29 05:01
  • 探求活動の目的から考えるテーマ選び

    Excerpt: 次期学習指導要領で、高校の「総合的な学習の時間」 から 「総合的な探究の時間」 に名称を改めるとの方針が発表されてから約1年がたちました高校が新しい教育課程に移行するのは5年後の平成34年ですが、それ.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2017-05-02 08:49
  • 新テスト対応にも探究活動は土台となる

    Excerpt: 大学入学共通テストの導入に向けた試行調査では、その試行結果の報告において、「探究の過程等の設定を通じて、知識の理解の質を問う問題や思考力、判断力、表現力を発揮して解く問題を、各科目における全ての分野で.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2018-04-12 06:15
  • 選定理由の言語化を~探究活動の成果発表会

    Excerpt: 探究活動や課題研究には代表者による成果発表がつきものですが、代表者や発表作品を選定した理由はきちんと言語化してレジュメや作品に添えて表示したいものです。発表や作品に触れた生徒に「なぜ選定されたのか」を.. Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します! racked: 2019-02-18 07:11