現場で頑張る先生方を応援します!

アクセスカウンタ

zoom RSS 教科固有の知識・技能を学ぶ中で

<<   作成日時 : 2016/10/12 05:59   >>

トラックバック 23 / コメント 0

工業化社会では、正しい手順を正確に且つ効率的に再現できることが生産性を高めることに直結しました。個々の教科の内容を学ぶ中で身につけた「与えられた情報を素早く理解し、記憶する力」 はそれ自体で武器になったように思えます。テストで「覚える力」 を証明することが、次のステージへのパスポートになったように感じます。

でも、人工知能(AI)の進化など情報化・グローバル化が急激に進展する不透明な時代をたくましく、しなやかに生きていくには、各教科に固有の知識・技能を獲得することだけを目的にすることはできなくなりそうです。


❏ 各科目の学習目標達成を「手段」 と捉える発想

社会の変化が加速し、新たな知見が生み出されるスピードが格段に上がる中、勉強して覚えた知識がわずかな期間で通用しなくなることも増えてくるかもしれませんが、勉強する中で身につけた「学び方」 や「考え方」 は場面を変えても役立つもの。

そう考えてくると、教科固有の知識や技能を学ぶことは、それ自体が「目的」 ではなく、学び方・考え方を身につけるための「手段」 と捉えた方が、これからの時代には馴染むような気がします。


❏ それでも、知識を軽んじることはできない

もちろん、教室で学ぶ各教科の知識は、物事を考えるときの土台であるとともに、出会った情報を認識・解釈するための「認知の網」 として欠かせません。

人の脳は、情報を解釈したり評価したりするのに、それまでの経験・知識を用いるので、持ち合わせる知識が少ない領域では外からの情報との接触があっても、意味や重要性を認知しないまま、素通りさせてしまいます。

これを網に喩えて、「認知の網」と言います。

平たく言えば、脳は知っていることしか認識できない、知らないことは認識しないってことです。

それが自分の将来を左右しかねない重要なことでも、大イノベーションに繋がるようなヒントになることでも、届いた端からはるか彼方に消えていきます。

 ■5教科7科目に挑ませることの意味
 ■記憶に格納する知識、外部参照する知識


❏ 教科固有の知識・技能を学びながら身につけられること

教科学習指導の場では、その教科の内容を伝えるだけではなく、(意識してか無意識のうちにかの違いはありますが)様々な知的活動を生徒の目の前で展開し、経験させています。

例えば、情報を整理・統合し、表現する方法として、
  • 題意を図に描き起こす、数的に処理できる形に変換する
  • 表組やフローチャートなどを用いて分類・整理する
  • 段落記号や入れ子構造を用いて、項目間の関係性を捉える
  • 軸(時間×項目など)を設けて現象を全体像の中に捉える
  • KJ法、マインドマップなどのファシリテーショングラフィック
などは、日常的に板書の中でやって見せていますよね。

せっかくやって見せたなら、生徒にもどんどんやらせていきましょう。やがては生徒自身の工夫も加わり、生徒独自のやり方が確立してくはずです。


❏ 探究の姿勢や汎用型スキルも

また、課題を解決するのに必要な情報や条件を抽出し、不足する情報が何かを特定し、補完・入手する方法を考えさせたり、ポイントとなる箇所を見つけ自ら問いを立てさせたり もしているはずです。

これらは課題を解決したり、物事を突き詰めたりするときの手順そのものです。

メモを取らせ、それを元に発想を拡充 したり、整理して発表させることだって珍しくないでしょうし、部活と勉強の両立を図る中で学ぶタイムマネジメント/タスク管理 だって、学習者が身につけるべきもの。

進級した後でも、卒業したあとでも、生きていく上で必要なスキルです。

協働的・対話的な学習の中では、理解を相手に伝えて他者と共有する言語能力(ディスカッションの方法、プレゼンテーションの方法、論述・記述)や、集団の一員としてのコミュニティ内での振る舞い方、役割を引き受ける方法・覚悟、互恵意識・貢献姿勢も学んでいるはずです。

協働性、多様性、主体性を学ばせるのは、お説教でも特別な教育機会でもなく、生徒が一番長い時間を過ごす授業の中なんではないでしょうか。

教科固有の知識に加えた部分でどれだけ多くを身につけさせられるかで、生徒の成長はずいぶん違ったものになるはずです。

 ■ご参考記事: 学力の三要素とは〜もう一度考えてみました


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学びの重なりを上手に利用する
昨日の記事で申し上げた通り、教科固有の知識や技能を学ぶことはそれ自体が「目的」ではなく、学び方・考え方を身につけるための「手段」 であるという捉え方が必要と考えます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/10/13 07:50
高校生にとっての探究活動(記事まとめ)
高校生にとって課題研究などの探究活動は、新たな知を生成する方法を学ぶ場でもあり、また大学に進んで学んでみたいことを見つけ、さらにはその先に社会との接点を見出す進路意識形成にも繋がります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/11/10 16:24
認知の網の広げ方〜5教科7科目をきちんと学ぶ
以前の記事で、5教科7科目に挑ませること には「認知の網」 を張るという意義があると書きました。国公立大学への合格実績は、学校の都合ですが、多くの科目を広く学ぶことは、生徒にとって理解できる範囲を広げ、分散知識を上手に使えるようになることと意味します。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/11/22 07:38
探究活動、課題研究
1 横断的・体験的な調べ学習の先にある探究活動1.1 高校生にとっての探究活動 1.2 PPDACサイクルを用いた課題研究(その1) 1.3 PPDACサイクルを用いた課題研究(その2) 1.4 『TOK(知の理論)を解読する』 を読んで 1.5 中学での経験を踏まえて考える「高校での探究活動」 2 探究型学習がつなぐ各教科の学び(合教科・科目型学力)2.1 探究を軸に教科の学びをつなぐ 2.2 教科固有の知識・技能を学ぶ中で 2.3 総合的な探究の時間 2.4 学習指導・... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2016/12/29 05:00
異校種間での指導を繋ぐ
1 校種間連携で行う授業改善1.0 校種間連携で行う授業改善(研究授業&出前講義) 1.1 校種間連携でできること(その1) 1.2 校種間連携でできること(その2) 1.3 校種間連携でできること(その3) 1.4 校種間連携でできること(その4) 1.5 校種間連携でできること(その5) 2 異校種連携で行う授業研究の必要性2.0 異校種連携で行う授業研究の必要性 2.1 小中高合同研究授業をお訪ねして(その1) 2.2 小中高合同研究授業をお訪ねして(その2) 2.... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/01/10 05:40
生徒が自分で気づけるように
教科学習指導で、その科目に固有の知識は獲得させようとする場合、一つひとつ丁寧に説明して理解させる、いわゆる「教える」 というアプローチもありますが、これとは対照的に、作業をさせたり、問いかけて考えさせたりする中で「気づかせる」 というアプローチがあります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/09 07:43
学びの広さと深さ
昨日の記事「進学前に改めて考えさせたい、大学で学ぶことの意味」 でも書きましたが、自分が興味があることだけを掘り下げて学ぶだけでなく、えり好みせずに広く学ぶことも重要だと思います。 様々な専門を持つ方と触れ合うことでの気づきもあれば、単位を揃えるためにやむなく履修した授業で偶然みつけた「自分の専門・興味と、他の領域の関係性」 などもあるはずです。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/15 07:53
卒業後に燃え尽きさせないために
進路希望の実現に向けて頑張ってきた生徒には、進学先でも大いに頑張って充実した日々を過ごしてほしいところですが、様々な統計を見ると、学業不振や学校生活不適応で苦しんでいる学生も少なくないようです。原因を切り分けることで、どんな予防策があり得るのか考えてみたいと思います。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/03/30 07:41
"学ぶ理由/自立した学習者"を更新しました
ジャンル別記事インデックス"学ぶ理由/自立した学習者" に、「勉強好きにさせる学ばせ方」、「 学ぶことへの自分の理由(再考)」、「学びの広さと深さ」、「目次を使って"全体像"を捉えさせる」 の記事4本を追加して、インデックスを更新しました。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/07/06 07:23
前年度の指導に起因する学習指導上の課題
あるクラスを担当していて、学習指導がうまく行かない場合、その原因が前年度までに生徒たちが受けていた授業に存在する場合があります。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2017/10/10 07:24
参照型教材を徹底して使い倒す(その4)
学習はその場で完結するものではありません。次のステップに進むための準備(レディネス)を整えることもまた重要な指導目標です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/07 06:15
知識の拡充 vs 情報整理手法の獲得(その3)
蛍光ペンでマークアップやサブノート式のプリントに頼る手法が抱える問題点とその悪影響を抑えるための工夫について考えた前稿、前々稿に引き続き、今回は「問い掛けで気づきを促しつつ、黒板上で情報を構造化していく」ことを軸にした、別のアプローチをご提案いたします。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/03/29 07:37
どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか
生徒一人ひとりについて、本人の資質や志向に見合った進路を見つけさせ、それを実現させることは高校の大切な役割ですが、進路先である大学や企業、専門学校にバトンタッチすれば役割を果たしたことになる、というわけではありません。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/04/10 05:36
機械翻訳がここまで進歩すると…
連休中にスマホを新調したついでに、Google翻訳アプリをインストールしてみました。久しぶりに使ってみると、音声認識の性能も各段に改善されていますし、翻訳の精度も初期のバージョンとは雲泥の差です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/05/08 07:17
どんな人材を育てようとしているのか
日々の教育活動の中で、常に意識を持ち続けるべきは、「どんな人材を育てようとしているのか」という問いだと思います。学校が教育目標として掲げ、入学してくる生徒たちに約束したことや、分掌、学年、教科という三つの立場での自分のミッションをどれだけ自覚できていることが、個々の場面でもブレのない指導を実現するのではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/12 05:39
学ぶ理由/自立した学習者
1 学び続けられる生徒を育てる1.1 教室は、興味が生まれる瞬間を体験して学ばせる場 1.2 5教科7科目に挑ませることの意味 1.3 学び続けられる生徒を育てる 1.4 学びの広さと深さ 1.5 勉強好きにさせる学ばせ方 1.6 学び方そのものを学ばせる 1.7 "丁寧に教える"ことを取り違えていないか 2 どんな人材を育てようとしているのか New!2.0 どんな人材を育てようとしているのか 2.1 どこに進学させたかよりも、どんな人に育ったか 2.2 "正解を言... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/12 05:52
教科学習指導と探究活動の重ね合わせ
探究活動にしっかり取り組ませるには様々な土台が必要です。探究の方策を学ばせる機会も作らなければなりませんし、「読んで理解したことを元に考える力」や「質問を立てる力」も育まなければなりません。これらを探究活動にあてた僅かな指導時間で完結させるのは困難です。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/14 07:49
教え込むより、調べさせて気づかせる
教科固有の知識や理解を効率良く形成しようとすると、調べさせたり考えさせて気づかせたりするよりも、教えるという方法を選択してしまいがちですが、それでは生徒が自力で物事を理解したり、何かを解き明かしたりする力を養う機会を奪ってしまうことにならないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/06/18 07:08
自ら学び続けられる生徒を育てる
学校を卒業した後、自ら学び続けていける生徒を育てることは、すべての学校のミッションであり、教科固有の知識・技能をきちんと身につけさせることと同等以上に大切なことではないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/08/09 05:38
学習方策は課題解決を通して身につく
ある単元を学ばせるときに「不明を残さずに理解させる」ことだけを目的とするなら、先生一つひとつ丁寧に教えれば十分かもしれませんし、ある問いに正解を導くだけであれば、手順をきちんと伝えさえすれば当座の目的を達することはできます。しかしながら、これだけでは、学び方を学ばせたことにはならないでのはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/11 08:12
学習方策は課題解決を通して身につく
ある単元を学ばせるときに「不明を残さずに理解させる」ことだけを目的とするなら、先生一つひとつ丁寧に教えれば十分かもしれませんし、ある問いに正解を導くだけであれば、手順をきちんと伝えさえすれば当座の目的を達することはできます。しかしながら、これだけでは、学び方を学ばせたことにはならないでのはないでしょうか。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/11 08:12
イノベーションをもたらす認知の網と偶然との出会い
新しく見聞きしたことを理解するというのは、もともと持っている知識と、新しく入ってきた情報の接点が作られることを意味します。新たな情報が放り込まれたところの周辺に、既に蓄えられていた知識が待ち受けていないと、情報は接点を得ることなく素通りしていきます。 ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/10/31 06:11
総合的な探究の時間
中教審のワーキンググループが、高校の「総合的な学習の時間」の名称を「総合的な探究の時間」に変更する案をまとめたとの報道があったのは2016年6月17日のことでした。その後、2018年7月公示の学習指導要領解説でその具体的な内容が明らかになりました。新旧課程比較対照表「総合的な探究の時間」新学習指導要領解説「総合的な探究の時間」今回の改訂では、科目の名称が変更されただけではなく、古典探究や地理探究、日本史探究、世界史探究、理数探究基礎及び理数探究といった科目も新設されており、まさに「探究」の... ...続きを見る
現場で頑張る先生方を応援します!
2018/12/11 07:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
教科固有の知識・技能を学ぶ中で 現場で頑張る先生方を応援します!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる